見出し画像

興奮する真のゲーム「AREA4643」がv1.1にバージョンアップ完了! ツキジステージ拡張&ニンジャスレイヤー参戦!

note上でのクラウドファンディングを経て、2018年末にSteam上で発売され高い評価を得ている興奮する真のゲーム「AREA4643」(Win/Mac両対応、開発:デスモフモフ 販売:DHT Games)が、2019年5月24日に初の大型アップデートを迎えた。

全体的に細かな調整や追加要素が散見されるが、特に大きな注目の追加要素は「タイムリリースキャラの1人としてフジキド(ニンジャスレイヤー)が使用可能」になったことと「Stage3のツキジ・ダンジョンが大幅拡張され、2体の中ボス『ブルーブラッド』と『フォーティーナイン』が追加されたこと」だろう。そして今後も隠しキャラのタイムリリースが行われるようだ。

隠しキャラの1人目はフジキド! その火力は明らかに最強クラス!

全ニンジャを殺す! 興奮する!
でも本当にフジキドなのだろうか?

気になるフジキドの開放条件は?

ニンジャスレイヤーは最初は自機として使用できない。開放条件はまだ正式には公開されていないが、ヒントとして、デフォルトで使用できるメインの3戦士(ヤクザ天狗、ドールハウス、イビルヤモト)でクリアが難しかった人への救済措置的な役割も担っているとのこと。実際ステージ道中だけでなくボス戦でもフジキドは圧倒的なカラテを発揮するので、v1.0をクリアできずにボス戦でコントローラーやマウスを投げ捨てていた人は、ぜひこの機会に再チャレンジして、内なるニンジャソウルの高まりを感じてみてほしい!

細かなオブジェクトも追加され、興奮する!

日本語にも完全対応な

また当初は謎めいた理由により「日本語非対応」の烙印を押されてしまったが、無事に「日本語」と「英語」の両方に対応した状態となり、オプションから字幕の言語を切り替えられる。実際発売時からそのような状態ではあったのだが、あくまでストア上の見た目が「非対応」だったため、「日本語非対応はちょっと……」と発売時に躊躇していた方も、現在は問題なくプレイできる環境が整ったというわけだ。もはやためらう必要はない。このユニヴァースを破滅の危機から救うため、ネオサイタマへと出撃せよ!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
33
「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。