見出し画像

ペイルホース・サーガ・ポータル

銀河全員クソ野郎。

遠い未来! かつて繁栄を極めた人類の文明は徐々に風化し、太陽は死にかけていた。延命された太陽を囲む星々を舞台に、悪名高き賞金稼ぎ「キャプテン・デス」と、隷属凶悪犯罪者集団の、おそるべき冒険が幕を開ける!

「ペイルホース・サーガ」は、凶賊<蒼ざめた馬>を率いる少年の冒険譚を描くギャラクシー・パルプ作品です。第1話「ペイルホース死す!」は無料で読めます。第2話「さいはてのペイルホース」は完成後に単品販売予定で、先行してDHT-MAG内で連載されます。

各話リンク

第1話 【ペイルホース死す!】

第2話 【さいはてのペイルホース】

登場人物紹介

このギャス様が「蒼ざめた馬」のクソどもを紹介していくぜ。


キャプテン・デス

悪名高き宇宙冒険者、戦場撹乱者、賞金稼ぎの集団「蒼ざめた馬」の頭領。黒い外套を着た14、5歳の少年で、二挺拳銃を用いる。

ギャス曰く:俺らのボスだ。所詮ガキだが俺らは逆らえねえ。俺らの脊髄に埋め込まれた制裁プログラムのせいだ。「蒼ざめた馬」ってのは、要はムショ送りになった俺ら死刑囚の集まりよ。死刑になるよりはボスの横暴を我慢したほうがまだマシだ! 死んだらおしまいだからな! クソが!


ミメエ

主な罪状:大規模破壊行為、大量殺戮、内乱予備 

ギャス曰く:イカレたクソ女だぜ。殺して壊すのが三度の飯より好きで、主義主張もねえのにテロリスト稼業をやっていた。ムカつくが手練れてやがる事は確かだ。二刀流、両腕を分離して好き勝手戦う。どんな仕掛けなのかしらねえが、卑怯だよな。いずれヤッてやるぜ。


ボゾ

主な罪状:数百件の猟奇殺人 

ギャス曰く:ロクに話の通じねえデクのぼうだ。いつもニヤニヤ笑ってやがる。機械に侵食して自分の身体に変えちまう。バケモノだな。ただでさえ手に負えねえサイコ野郎だってのに、妙な変換炉に落ちて、そういう力を身につけたってわけよ。胸糞悪いぜ。


ウンブダ

主な罪状:国家反逆 

ギャス曰く:昔はどっかの教団の教祖様だとよ。ケッ! こいつの得意とするのは生身でのフェイズ・ブリンク(テレポーテーション)だ。どこからでも湧いて出やがる。おおかた、その力を使ったクソ手品で信者を集めてやがったんだろ。狙撃の腕は異常だぜ。教祖をやる前は何やってやがったんだかなあ?


ザラカ

主な罪状:人類への敵対 

ギャス曰く:ザラカは竜族の最後の一匹だ。つまり、こいつで絶滅確定ってワケ。こいつ一匹捕まえるためにどんだけ激しい戦争があったか、想像もつかねえが。まあ、ざまあみろだ。人間のことを徹底的に見下してやがるけど、結局キャプテンの制裁には逆らえねえのさ。


ギャス

主な罪状:皇族殺し

そして俺様、ギャスだ。誰よりも責任感に溢れ、戦闘においては他の奴が到底足元にも及ばねえ知略を次々に駆使して困難な状況を打開する。「蒼ざめた馬」の要よ。断言するが、ただ俺一人がまともなんだ。他の奴を信じるなよ。キャプテンはシスコンのガキだし、奴隷どもはサイコ野郎の集まりだからな。俺だけが正義! 俺だけが真実だ!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣<キャバァーン!(電子音)
35
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。