見出し画像

ブーブス・バンド(10) 「ブーブス・トレジャー」

前編

◆ブーブス・バンド第69シーズン第14わ「ブーブス・トレジャー」◆ △0

ガーーーー。小型クルーザーのエンジン音がうるさく鳴っている。甲板では折りたたみチェアに寝そべったブロンディ、フォクシー、ジェーン9がトップレス日焼け行為の真っ最中だ(だが君たちは私と違って太陽の逆光で影しか見えない)。ここはカリブ海のあたり!「最ッ高!」「バカンスして宝もゲット」▲3

「ドール、いつまでダウジングやってんのさ?アンタも風浴びに来たら!?」「ン、もうちょっと……今少しダーク水晶が揺れた…」ドールハウスは直射日光に当たりすぎると死んでしまうので、休憩室でケーキを食べながらダウジング中だ。ドールが地図をダウジングしないと宝の場所がわからないんだね。△6

「全く仕方のない娘っ子どもじゃわい。のう、チャーミー」「ミャー」クルーザーオーナーのリカルドおじいちゃんは猫のチャーミーを撫でた。彼は齢90を越え、性的能力が減衰している。宝の分け前は1割だ。……宝?そろそろ気づいただろう。宝の地図を得たブーブスはこの週末トレジャーハントなのだ。 ▲5

ボロボロの羊皮紙。いかにもな宝の地図!その上で水晶をかざすドールハウス!しん剣な目だ!「まずい…何か来る!」突然、水晶が激しい力に引き寄せられる!「オイル塗っちゃうぞー」ブロンディが休憩室に乱入!だがドールハウスの集中は途切れない!水晶は島の周辺の海に描かれたサメの絵の上で回転! △6

「そういえばこの辺りはサメ注意の海域なのじゃ」「ミャー」気をつけて操舵するおじいちゃんの後ろ、船室では集中するドールハウスのシャツのボタンをブロンディが外していき、水着の紐をシュルシュルと外した。「やめて。集中してるんだから」「集中してればいいんだよ!」オイルを塗り始めた。凄い。 ▲2

「でもサメが……!アーッ!」ドールハウスが必死に抵抗する。「フォーフォーフォー、元気なこと」リカルドおじいちゃんは孫娘でも見るようにほほえむ。「島が見えたぞ!」「ファックイェー!」デッキではフォクシーとジェーン9が大歓喜。だがその時!「ウオーッ!」SPLAAAASH!突然サメが! △4

この続きをみるには

この続き: 10,458文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

みんなお待たせ!これまでのブーブス・バンド10作品を全てまとめたベストアルバム的な電子ペーパーバックマガジンだよ。1個ずつ個別に買うよりも…

または、記事単体で購入する

ブーブス・バンド(10) 「ブーブス・トレジャー」

ダイハードテイルズ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
22
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。

こちらでもピックアップされています

ブーブス・バンド:2012-2016 BEST
ブーブス・バンド:2012-2016 BEST
  • 10本
  • ¥696

みんなお待たせ!これまでのブーブス・バンド10作品を全てまとめたベストアルバム的な電子ペーパーバックマガジンだよ。1個ずつ個別に買うよりもちょっとお得なロックンロール値段設定になっています。ブーブスバンドの簡単な説明はこちらから🔜 https://diehardtales.com/n/n94ed56299ace セクシーでストライキングでロックンロールなガールズが、毎回ロックンロールで戦って奇跡を起こすよ。解説もついてるから、よみおわるころにはドイツ語やロックの歴史にくわしくなっちゃうかも?🐙💫

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。