見出し画像

【ザ・リデンプション】 後編

◇総合目次  ◇前編へ


 アイアンシャークの刺客を率いていたのは、キトーという丈高い男だった。ボルサリーノを被った頭はスキンヘッドで、眼窩は落ちくぼみ、小さな瞳は血に飢えてギラギラと輝き、活力に満ちていた。

 いつもキトーは、コンクリートを泳ぐ鮫のような貪欲さでカブキチョを巡回し、すぐに獲物を見つけ出す……そのような独特の嗅覚があった。お気に入りの合成トロ粉末を黒い革手袋の上にZ字に散らし、右、左の鼻腔で順に吸うと、天性の嗅覚とひらめきは何倍にもなった。

 今回もそうだ。キトーは防犯カメラの映像からヤマヒロに狙いを定めると、セント・ニチレンズ・ストリートの公衆電話前で彼を発見した。

 ヤマヒロは通話中だった。接続を維持するために、小銭が必要だった。だからヤマヒロの右手は、スラックスのポケットの中にあった。彼は懐のチャカから手を離していた。キトーはそこを狙った。

 ヤマヒロが気づいた時には、もう手遅れだった。黒いコートを着た三人のヤクザが、彼のところに迫ってきていた。アドレナリンが湧き出し、全てがスローモーションに見えた。黒い銃口が、三つ。

『今すぐにネオ・カブキチョへ向かえ……全てが手遅れになる前に……』落ちる受話器から漏れるヤクザ天狗の声が、頭の中に響いた。『ピンク色の光が……お前を……導く……』

この続きをみるには

この続き:15,179文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。またPLUSは2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります。 【TRPGプレイヤーの方へ】2019年12月からTRPGサプリのソウルワイヤード・マガジンが独立しました。PLUSでも基本ルールブックと最低限のプラグインにアクセスできます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
187
「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。