キアヌ・イクォール・サイバーパンク・・・・(逆噴射聡一郎)

よくきたな。おれは逆噴射聡一郎だ。おれは毎日すごい量のテキストを書いているが、誰にも読ませるつもりはない。だが昨日、おれの行きつけのロスのコンベンションセンターで開催されたE3で「サイバーパンク2077」とゆうゲームのプロモのために、突然キアヌリーブスのやつが現れた。そしてキアヌのやつが珍しく楽しそうにハシャいでいたのでおれは胸が熱くなり、思わずこの記事を書いていた。

逆噴射聡一郎先生プロフィール:社会派コラムニスト。昔からダイハードテイルズ・マガジンに時々寄稿してくださいます。

サイバーパンク2077とは何か?

おれはこのサイバーパンク2077についてはずっと前から注目してきた。なぜかというと作っているデベロッパーは真の男のためのオープンワ-ルドゲーム「ウィッチャー」をつくってきた真のデベロッパーのCD Projektだったし、原作も真の男のためのサイバーパンクRPGであるサイバーパンク2020だったからだ。だからおれはずっと待ち続けた。ティーザーとか、静止画に銃弾が飛んでゆくやつとかを見て、クールだと感じ、詳細な情報がいつくるのかと首を長くして待っていた。そうしているうちにゴーストインザシェルにたけしが出たり、RUINERが出たり、ブレードランナー2049が公開されたり、オルタードカーボンもたけしだったり、ニンジャスレイヤーネヴァーダイズが始まって終わりAoMが開始されたり、銃夢が映画になったり、色々なサイバーパンクがあった。

しかし本命の2077はここ数年間、まるで音沙汰がなかった。おれは2077年までにはリリースがあるだろうと考えていたが、それもあやうそうだった。「本当に2077は出るの? いつ出るの? あなたはうそつきなの? もう2020になっちゃうわよ?」と酒場のベイブに何度も聞かれたが、おれはポーランド人を信じ「そのうち出るさ・・・・・」といいつづけてきた。だがもう辛抱も限界だった。そう考えていた矢先の事だった。

今年のE3は任天堂もソニーもプレスカンファレンスしない。いまは配信で知らせる時代だからオオバコでイベントをやって発表するやり方はバッファローのような過去のDAIING-BREEDになろうとしてるのかもしれない。おれはシケた酒場でテキーラを一杯やり、過去、そして未来に思いをはせた・・・・そのときだ。カンファレンス動画にサイバーパンク2077の映像が映し出された。男の足元、そして声・・・・カメラが上に動いていくと、そこにはキアヌがいた。その後じっさいにステージ上に、キアヌがやってきた。おれは興奮がMAXになり拳を握りしめた。キアヌは真の男だ。そしてキアヌは言った・・・・・「サイバーパンク、イクォール・・・・・MEXICO・・・・・・・・」おれのヒアリングが確かならキアヌはたしかにそう言った。内なる野生の獣の魂がキアヌと共鳴し、おれは啼いた。おれはグラスを掲げて、モニタの中のキアヌに微笑み返し、テキーラをおかわりした。THANK YOU KIANU・・・・と言いながら。


この続きをみるには

この続き:2,617文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

「パルプ小説の書き方」などを「ダイハードテイルズ出版局活動月報マガジン」で連載している逆噴射聡一郎先生の、2019年分の記事を全てまと...

このマガジンでは、ダイハードテイルズ作家陣(杉ライカ、本兌有、逆噴射聡一郎など)のコラムや日報、小説、備忘録、準備稿、プレビューなどが読めます。ダイハードテイルズのオンライン創作活動に対する定期ドネート窓口でもあります。

本兌有、杉ライカ、逆噴射聡一郎など、ダイハードテイルズ所属作家のコラムや小説が読めるマガジンです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
259

ダイハードテイルズ

「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。

ダイハードテイルズ・マガジン

本兌有、杉ライカ、逆噴射聡一郎など、ダイハードテイルズ所属作家のコラムや小説が読めるマガジンです。
1つ のマガジンに含まれています