見出し画像

S3第1話【エンター・ザ・ランド・オブ・ニンジャ】全セクション版

総合目次 全セクション版
分割版:◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7


エイジ・オブ・マッポーカリプス シーズン3

【エンター・ザ・ランド・オブ・ニンジャ】


1

 せせらぎに魚が跳ね、木洩れ日に銀の鱗を輝かせた。穏やかな風に揺れる赤いモミジの下を歩いてくるのは、人間離れした美しさをもった女だ。ネオサイタマの人間が彼女を見れば、それが人間ではなく「オイランドロイド」であるとわかるだろう。しかも彼女は単なる機械ではない。自我を持つ、ウキヨと呼ばれる種族だ。 

 装いはアオザイ。明るいオレンジの髪を翡翠色の髪留めで留め、瞳の色もまた翡翠。瞳孔の奥には翼持つオイランドロイドの刻印があった。彼女の名はコトブキ。その手には歪んだバケツと手拭いがあった。彼女はせせらぎに身を屈め、手拭を洗い、バケツに水を汲んだ。

 風が吹き抜けると、モミジは音を立てて揺れる。「とても美しい土地ですね」彼女は微笑み、呟いた。視線を川向こうに向けると……藪の間に立つ巨大な影と、目が合った。「GRRRR……」唸り声をあげ、涎を垂らすのは……アブナイ! クマだ! しかも瞳は赤く光っている! コトブキは息を呑み、後ずさった。

 並のクマ、あるいはバイオパンダ程度の獣であれば、コトブキは持ち前のカンフーで退治する事ができるだろう。しかしそのクマはどこか異様なアトモスフィアを持っていた。理由はすぐにわかった。カラテの証……黒帯を締めているのだ! コワイ!

「ゴアアアオオオン!」次の瞬間、クマは回転ジャンプで川を飛び越え、コトブキに襲いかかった! 繰り出されるのは獣じみた踵落としである!「ハイヤーッ!」コトブキは間一髪のバック転で回避、カンフーを構えた。「これは一体……!」コトブキは訝しむ。確かに獣だ。だが……。

この続きをみるには

この続き:39,431文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などの読み物やゲームも豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内にある500を超える全ての記事がどれでも読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。またPLUSは、2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります。【TRPGプレイヤーの方へ】PLUSはサプリ&支援雑誌のような位置付けです。記事が一定数たまるとプラグインの買切版が出ます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
20
「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。