見出し画像

朔之女学院の呪い(冒頭800字)



 伊月ウイは三人の中で一番弱かったが、殺されたのは最後だった。

 最初に殺られたのは須藤ミマ。天井から落下攻撃を仕掛けた彼女を、騎士は振り向きざま斬って捨てた。二刀流のカタナ。事前情報通り、近接タイプの騎士だ。だが、速さが異常だった。

 ミマの呪いは朔女の第二学年で最強と言われていた。緑のバレイヤージュも似合っていた。その彼女が容易くバラバラになった。

「まず一匹だ!」

 甲冑の騎士が吠えた。騎士は人語を解する。なのに人間をただ殺す。身長も三メートルある。最悪だ。

 戦場となったのは白昼のバッドバーガーの店内で……既に一般人が沢山死んでいた。このご時世、人々がリモート無しで触れ合える場所はバッドバーガーと温泉ぐらい。安全神話が奪われた。

 BRRRRTTT! 赤い火線が閃き、騎士を焼いた。佐々木フミナが召喚したミニガンだ。発射速度毎分3000発の火力を浴びせながら、フミナはウイを促した。

「やれよ!」

「うん!」

 ウイは己を奮い立たせた。騎士はカタナで掃射を防御。ウイは背後に回り込み、023式電磁ナイフを虚空より召喚し、甲冑の背中に突き刺す。

 騎士の尻尾のヤバさを知ったのはその直後。つまり食らった後だ。だからウイはザコなのだ! ナイフより早く、筋肉の塊がウイの腹を殴った。ウイは吹き飛び、壁に衝突した。

 騎士は弾丸の嵐の中で加速し、踏み込んで、フミナを斬り殺した。最後に、ウイにトドメを刺した。


◆◆◆


「どこ」

 ウイは焦った。蘇生地点がいつもの校舎屋上と違う。菩提樹……?

「ここは中庭。植物園だよ」

 噴水の縁に腰掛けた三年生が、ウイに教えた。ウイは叫んだ。

「一丞、さん!」

「私を知ってるの?」

 愚問だ。一丞カノリを知らない朔女など一人も居ない。右脚のクロームの義肢、欠けた右耳。つまり、蘇生経験ゼロの女!

「ここは私の秘密の場所。他の人が来たのは初めてだよ」

 カノリは目を眇めた。

「きみは何故、ここに?」


【続く】 (800文字)



今すこしずつ書いているものの冒頭を、少し整形して800字にしてみました。ある程度まとまったら完成品を上げると思います(いつになるかは未定です……日の目を見るかも未定です)。逆噴射小説大賞への参加作品ではありません。

本兌有




フッター

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンでは、ダイハードテイルズ作家陣(杉ライカ、本兌有、逆噴射聡一郎など)のコラムや日報、小説、備忘録、準備稿、プレビューなどが読めます。ダイハードテイルズのオンライン創作活動に対する定期ドネート窓口でもあります。

本兌有、杉ライカ、逆噴射聡一郎など、ダイハードテイルズ所属作家のコラムや小説が読めるマガジンです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
94
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。

こちらでもピックアップされています

ダイハードテイルズ・マガジン
ダイハードテイルズ・マガジン
  • ¥490 / 月

本兌有、杉ライカ、逆噴射聡一郎など、ダイハードテイルズ所属作家のコラムや小説が読めるマガジンです。