見出し画像

ダイハードテイルズから書店関係者の方々へ:『オフィスハック』刊行にあたって


新刊「オフィスハック」に興味のある方、連絡ください!

親愛なるダイハードテイルズ作品読者の皆さんへ。もし皆さんの中に、2018年4月19日発売予定の「オフィスハック」(幻冬舎刊)に興味のある書店員の方がいれば、 diehardtales@gmail.com までお気軽にご一報ください! 幻冬舎の担当の方をご紹介し、事前に画像データなどを含めた詳細情報をお渡しできると思います(販促物もお渡しできるかもしれません)。


何故呼びかけを行うのですか?

ここから先は基本的に、ダイハードテイルズの活動をある程度知っている方むけの記事になります。ご存知の通り、ダイハードテイルズとしてこのような呼びかけを行うのは初めてです。きっかけは、オフィスハックの執筆にあたって、幻冬舎の編集部の方から「売り場を作ってくださる書店さんに、ダイハードテイルズさんの方で、何か直接のツテはありますか? プレスリリースをお送りしたいのですが」と聞かれ、「そういえば、たくさんの書店でこれまでフェア等を行っていただいているが、我々自身には書店さんとの繋がりが全然無いな……」と思い、この辺りのことについて真剣に考えるようになったからです。

どのIPであれ、我々の根本的なモチベーションは「この面白い作品を、もっと多くの人に知ってもらいたい」です。そしてそれと同じことを店頭で実践している書店さんのツイートや活動がせっかくTwitter上にあるのだから、それをもっと多くの人に知ってもらうことがダイハードテイルズ広報局の役目だと思っています。また現在、Twitter上だとニンジャスレイヤーのアカウントで約65000人、ダイハードテイルズ広報局で11000人ほどのフォロワーさんがいるので「もしかしたら、その中に何人かは書店員さんもいるのでは? だとしたら、我々からコンタクトを呼びかけることで、もっと効果的なコミュニケーションを行えるのでは?」と考え、今回の呼びかけを行ってみました。興味のある方は、ぜひお知らせください!

今回の呼びかけを契機に diehardtales@gmail.com までメールいただけた場合、我々のコンタクトリストに追加させていただき、どこの出版社から出るかに関わらず、今後の新刊案内情報やメディアミックス情報を最速でお伝えできればと思っています(もちろん出版社の了解を得ています)。

どのくらいのレスポンスがあるか全くわからない呼びかけですが、全シリーズ一気にやってしまうと調整が大変なので、今回は「オフィスハック」に限定させてください。メールお待ちしています!


CALL OF PULPSは他にも

また、我々の今年の目標として、CALL OF PULPSという名前の「呼びかけ」を他にもやっていこうと思っています。それは要するに「我々は今、こういうことをやろうとしています。興味のあるプロの方はいますか? 気軽に声をかけてね!」というものです。我々は試行錯誤しながら、もっともっとSNSを上手く使い、この過酷なデジタル・エラにおける小説エンタテイメントのサヴァイヴ方法を模索し続けていこうと思っています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
35
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。