見出し画像

【ノー・ワン・ゼア】

ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズ


 おれの話なんか聞いたって、何の役にも立たないぜ。この話に出てくるのは、しみったれたヤクザ崩れと、当時6歳だったその息子と、あとは、ニンジャだけだ。そのニンジャも、本当にいたのかどうか、今となっては怪しいもんだ。それでも聞きたいってんなら、まあ、好きにしろよ。

 おれはネオサイタマの郊外の生まれで、センタ試験に失敗し、ストリートギャングになった。荒事の腕はからっきしだったが、ハイスクールで多少経理を学んでたんで、暗黒街の偉いさんに一目置かれた。そのあとヤクザになり、一丁前にクルマを転がせるくらいの金も入ったんで、女と結婚することにした。

 いいカーオーディオとスピーカーの車だった。だが女は出て行き、おれと幼い息子、タケシだけが残された。負け犬の宿命を背負った親から生まれた負け犬の子供だ。だがタケシはまだそれに気づいていなかった。

 タケシにはIRC端末を与えて、おれは夜遅くに帰り、何の仕事なのかも言わなかった。ガキにゃ言わないほうがいい。ついうっかり口を滑らせたら、アサシンが口封じにやってきてもおかしくないんだからな。

 当時はそのくらい物騒だった。少し前からネオサイタマでは、大規模なヤクザクランの抗争と再編が起こっていた。あんたも知ってるだろ? ソウカイヤの台頭だ。おれのクランも吸収され、あちこち回された挙句、二度死にかけたが、結局はソウカイヤの中で上手いこと安全なポジションを得た。

 違法薬物メン・タイのための裏帳簿作りだ。このIRCとUNIX全盛の時代に、紙に手書きしてハンコをつかせる必要があったんで、おれの知識を活かすことができた。ヤクザは伝統を重んずるからだ。おれみたいなやつが十二人くらい並んで、黙々と帳簿作りをしていた。

この続きをみるには

この続き: 7,207文字 / 画像1枚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズ
ダイハードテイルズはニンジャスレイヤーなどを連載するオンライン・パルプノベルマガジンでありクリエイターユニットです。