ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズ
【デス・フロム・アバブ・UCA】#3
見出し画像

【デス・フロム・アバブ・UCA】#3

ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズ
総合目次 全セクション版
分割版:◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9

2 ←


「ウォールル、ルル、ルル……」調子外れの歌を歌いながら、トム・ダイスはフライパンに卵を落としていく。卵は付近で見つけた鶏からの収穫物。そこに、なにかのフレークと、そこらで摂ってきたキノコを炒め、スクランブルエッグにするのだ。フィルギアは歯でビールの栓を開け、匂いを嗅いで確かめる。「ああ。いける」「何がだ!」「サケだよ」

「お前バカじゃないのか。重傷者が」「ニンジャってのは丈夫なんだ」「フン。そのブルシットに何故こだわる」「ブルシットじゃないって」トム・ダイスは既に悪目立ちする迷彩服をやめ、それらしいシャツとジーンズに着替えていた。この打ち棄てられた家でクローゼットの中身を拝借したのだ。

 フィルギアはコップにビールを注ぎ、一息に飲み干した。「ンン……アア、こんなんでクラクラする、マジか」「マジか、じゃない」「なあ、ここはネザーキョウ……で、いいんだよな?」「まだ朦朧としているのか」「だって重傷者だもの……」「サスカチュワンだ」「サスカチュワン?」「この前と同じ反応だぞ」

 フィルギアは地図を指でなぞった。ホンノウジよりも東。不幸中の幸い、ギンカクには悪くない位置だ。「……夢を見ててさ……昔の……」「その夢を見た話も、もう俺にしたぞ」「ヒヒヒ、悪い、本調子じゃないんでね」「だからサケは止めるんだ」トムはコップを奪い、飲んでしまった。

「あ、ひでえ」「食うんだ」トムはスクランブルエッグをテーブルにドンと置く。フィルギアはまずそうに食べる。「キノコなんか入ってら。こっちのほうが大丈夫かよ」「野戦の知識だ」「ア? ボーイスカウト?」「UCAの偵察隊だ……!」そう、トム・ダイスは北米暗黒メガコーポ「ヌーテック」の社員であり、強行偵察隊の生き残りだ。

 北東のハドソン湾からのルートでネザーキョウに侵入したUCAの偵察部隊は最終的に壊滅し、彼ただ一人が過酷なサバイバル生活を強いられていた。ネザーキョウからの脱出がトムの現在の目的であり、「東に移動する」というフィルギアのそれと今のところ合致する。「スシがあれば、俺のケガも治りが早いんだが」

「スシだと?」「スシは完全栄養食品……ニンジャに力をくれるんだぜ」「いい加減にしろ。お前のどこがニンジャだ。メンポも、装束も無し」「……」フィルギアは自分を見下した。「人は見かけによらないってのに。モータルってのは……」「ニンジャマジックも無し」「それを言われると辛い、ヒヒヒ」

この続きをみるには

この続き: 3,901文字 / 画像1枚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズ
ダイハードテイルズはニンジャスレイヤーなどを連載するオンライン・パルプノベルマガジンでありクリエイターユニットです。