【夏休み課題締め切り探偵ザザ】
見出し画像

【夏休み課題締め切り探偵ザザ】


夏休なつやす課題締かだいし探偵たんていザザ だい14034


 おれ、タカシ。根尾埼玉市ねおさいたましに住む小学6年生。今ハマってることは、カブトムシ収集しゅうしゅうだ。太陽たいようがのぼるより早く起きて、暗いうちから裏山うらやまに行くと、木のみき樹液じゅえきが出てるところに、いっぱいカブトムシがる。他の虫とかもいっぱい集まっているからちょっとヒくけど、カブトムシがゲットできるなら怖くない。

 毎日すごい日差ひざしが強くて、縁側えんがわには太陽たいようの光が差し込んで、気持ちのいい風が吹いてくる。俺はカブトムシを入れたかごを見ながら、デカいスイカを食べる。超甘い。最高の夏休み……でもその最高さに影を落とす要素ようそが、俺の心にこびりついている。

 ……夏休みの宿題アポカリプス・オブ・サマーだ。

「はあ……つらい」

「タカシ、宿題は終わらせたの?」

 ママだ。俺はムカついた。今まさにその事を真剣マジなやんでいたのに! 大人って、いつもこうだ!

「今からやろうと思ったのに、やれとか言われたから、すごいやる気がなくなった!」

「困るのはアンタだよ。ママはパパと買い物行ってくるからね」

 俺は無言むごんで部屋に入ってドアを閉めた。大きい音が出なかったので、やり直して思い切り閉めた。バシン! 反抗心レベリオンの表現だ。

「さあて、やる気なくなったから何しよッかな」

 俺はカレンダーを見た。9月1日まで2日ある。余裕よゆうすぎる。今日はずっと遊んでいても問題ないはずだ。テツとミチマイベストフレンズ公民館おれたちのあそびばはず

 宿題しゅくだいはクソだ。特に絵日記がキツい。

 絵日記は今から過去かこを振り返って、7月下旬から1ヶ月以上の内容を捏造ねつぞうして書かなければならない。考えるだけで気が重く、つらかった。

 そして自由研究だ。朝顔あさがおの育ち方とかをうまく想像そうぞうして本当っぽく書かないといけない。俺はどんどん反抗的レベリオンな気持ちになった。朝顔だって!?

 大人はしたり顔で、実はフワッとした根拠迷信ドグマをもとに、俺達に命令してくる。昔はクーラーをつけたらタルんでるから悪だったらしい。30年前は、ゲームをやると脳が溶けて殺人鬼シリアル・キラーになるとか言われてた。50年前は、ギターを弾くと犯罪者になると言われてた。

 全部ブルシットだった。

 大人はうそを平気でつく。牛乳ぎゅうにゅうんで飲めとか、90年代には石油が枯渇こかつするとか、テレビでノストラダムスがどうとか、舌の位置いちで味の感じる場所が決まっているとか、恐竜きょうりゅう羽毛うもうにつつまれてるとか言っておいて結局けっきょくそうじゃなかったりとか、何もかも嘘だったテキトーこいたのに、言いっぱなしであやまりもしない。あと鎌倉幕府かまくらばくふ1192いいくにつくろう年じゃなかった。

 だから俺は夏休みの宿題をやらなくてもいいはずだ!

 ……俺は溜息をついた。わかってる。そんな事を主張したって誰も聞いてくれない。……辛い……。俺はハッとして首を振った。ダメだ。今日は遊ぶことに決めたんだろう!

「フフフ、面白い」

 まどの方向から声がした。

「エッ!?」

「窓、開けて」

 女子の声!

 俺は窓を開けた。すると、窓の外にはメチャクチャHOTな女子ベイブが浮かんでいた! クラスの学級委員がっきゅういいん誕生会たんじょうかいにはクラス全員があつまるユミコちゃんよりHOTな女子なんてありえないハズなのに……!

「き、君はどこの転校生てんこうせい!? ていうか、ここ2階なんだけど」「そんな細かダルいこと気にしないでよ」女子は部屋に進入イン

「いったい君は……」「私、アミ」

 女子は顔を近づけてきた。いいにおいがした!

「タカシくん、キミと夏休みの思い出、一緒いっしょに作りに来たってゆったら、しんじる?」

「それって……」

「私は不思議ふしぎな少女なの。ひと夏のマボロシみたいに、これからキミと海を見たり、夜はおまつりで花火はなびを見て、素敵すてきなのよ」

「すごい」

「私、二学期からはアメリカに行かなきゃいけないんだ。だから、今しかないの。私と冒険ぼうけんしよ?」

 アミは俺の手をにぎった。にぎった手にもう一方の手をかぶせた。

「ね」

「で、でもテツとミチマイベストフレンズが……」

「ほっといちゃおうよ。海、見せて」

「わかりました」

「それじゃ、一緒に行こう」

 家の前にバスが停まった。

 アミに手を引かれて、俺は階段かいだんを降り、家を出た。そしてバスに乗り込んだ。

「タカシくん、こんにちは!」「イエー!」「たのしいよ!」

 車内には、HOTなバスガイドさん、HOTな教育実習きょういくじっしゅうの先生、HOTな友達の年のはなれたお姉さん、HOTな親戚しんせきの女子高生お姉さんなどがいて、俺を歓迎かんげいしてくれた! すごい!

「ほらァ、一番うしろの席だよ!」「シートベルトしてあげるね」「ダメよ! わたしがするんだから」

 HOTなお姉さんたちが俺をでたりしてくれるが、やっぱり一番まぶしいのはアミだった。

「あ、ありがと……」

出発しゅっぱつ進行しんこう!」

 制帽せいぼう目深まぶかにかぶった運転手うんてんしゅ白手袋しろてぶくろ指差ゆびさ確認かくにんし、バスを発車させた。

 バスはどんどん速度スピードを上げて、山道に向かっていく。

宿題モンキー・ジョブとか、いいじゃない。もう、やめちゃお?」

 アミがせつなそうに言った。

「え、でも……やらないと怒られるし取り返しがつかない」

「本当にやらなかった子がどうなるか、知らないでしょ? ……本当は、大丈夫よ」

「確かに、完全にバックレたらどうなるか知らないけど」

「そうでしょ! 大丈夫よ。大人は都合つごうの悪いことは教えないから。大人は私たちに教育きょういくを受けさせる義務ぎむがあるんだし、基本的人権きほんてきじんけんとかもあるから、宿題しゅくだいやらなかったからって、きみは教室きょうしつを追い出されたり、留置場りゅうちじょうに入れられたりしないし、ばつとかも裁判所さいばんしょ命令めいれいがなきゃバックレていいのよ」

「本当にそうなの? すごい」

 俺はい上がっていた。だってそうだろ? 君なら平気なのか?

 すごいいきおいで窓の外の景色けしきが流れていく。かがやきは夜空の星みたいだ。アミは俺の腕に腕をからめて、耳元でささやいた。

「ねえ、打ち上げ花火はどの角度から見たい?下から見る? 横から見る?

「え……角度……?」

「もう、わかってるくせに」

 アミは笑った。そ、そうか。どこから見……。

この世ナラぬスペクトルの幾何学角度だヨォ名状しがたき超自然存在を卑近なる人類が視覚的に認識することは不可能

「スペク……アアアアアアア!?」

 俺は悲鳴ひめいを上げていた。アミの顔が2つに割れて、中から名状しがたいバケモノが無数むすう昆虫こんちゅうじみた外骨格腕エグゾスケルトンアームばして俺の顔にれたのだ!

「アアアアアアア! アアアアアーッ!」

抵抗ていこうするタカシたかし! もうじゅうぶん、キミ愚かな人類イイ思い卑しき快楽期待への報酬を、した!」

「アアアア!」

「ビルビルーッ!」

 アミだったもの忌むべき超自然存在叫び声名状しがたき宇宙的咆哮をあげた。それに呼応して、車内のHOTお姉さんベイブ達が巨大なカブトムシ人間クァ・ル・ァ・タ・ンェヅの偉大なる外骨格司祭の正体を表す!

タカシクンjkさjkjksだkっじ……カブトムシdjかっjkかjけっjkぁ……スキデショsjkajklueipfejeakjaa」「オモイデjだkdflあj……イッパイツクロウネだjkdjkぁjklfdklじゃ」「オッキクソダッチャウヨjkjklだjkljkぁkj

「アアアアアーッ!」

「タカシ。ワンピースを不思議少女ふしぎしょうじょとおまえ青春せいしゅんした。奇跡きせきには代償だいしょう必要ひつようだ」

 怪物かいぶつがビルビルと音を出した。

「お前は今から365日の夏休み日記を書き続けてもらう。我々の宇宙的コズミックエネルギーのためにな」

「い、いやだ、いやだあああ!」

「すぐに、よくなる」

「ヤーアアア! アーアアアアー!」

 その時だ! バスがドリフトした! 

 怪物かいぶつはまとめて車内しゃないを吹き飛び窓に衝突コリジョン

「ウギャーッ!?」

 KRAASH! KRAASH! まどれ、カブトムシ人間根源的邪悪外の亜空間アウター・ヴォイド呑み込まれていったエクスパトリエイティッド

「ウッギャアアアーッ!」

「バカな! 我が眷属ミニオン達が!」

 怪物かいぶつ驚愕きょうがくした。バス命の棺桶急停止ジャックナイフ・ドリフトした。怪物クソヤローが吹き飛び、天井に叩きつけられたスラムダンク

「ギャアーッ!」

 俺はシートベルトで平気! 運転手うんてんしゅが席を立つ……!

「行き先は、地獄ですよ」

「き、貴様きさまは」

 怪物は起き上がり、身構えた超自然空手

「我々の手配しょうかんした旧支配者運転手グレート・オールド・ドライバーではない!? いつ、すり替かわっチェンジリングした!」

 運転手うんてんしゅ帽子ぼうしに手をかけた。

「この世には科学かがくでは説明せつめいのつかない出来事できごと沢山たくさんある」

 帽子ぼうしを投げてると、ダイヤモンドの目をかがやかせる超人が立っていた!

夏休なつやす課題締かだいし探偵たんてい、ザザ!」

「ビルビルーッ! われらに楯突たてつ代償だいしょうは、存在の完全抹消だーッ!」

 怪物宇宙的恐怖が向かってゆく! だがザザは両手をクロスさせ……開いた!

らえ! 義眼光線デッドアイズスペクトラルシャイニングレイドライバー

「ウッギャアアアアアーッ!」

 宝石ほうせきの目がすさまじい光を照射てらしだし、怪物きょうふそのものを一瞬にして焼滅チャメしてしまった! 目が開けられないほどの光エクストリーム・シャインが去ると……そこはもとの山道やまみちだった。

デイドリーム?」

 俺はうめいた。

ホットなお姉さん青い体験……幼馴染ベランダ開けて隣の家の彼女と会話……不思議少女白いワンピース概念……あれ? バスに乗っていたはずだけど……」

 俺はまばたきした。ここはタクシーだ。

「お前は熱中症ねっちゅうしょうになりかかっていた。要所要所で、しっかりと適切てきせつナトリウムNACL糖分とうぶん割合わりあいたもったドリンクを飲ま経口補水ないと命にかかわるぞ」

「ごめんなさい」

「キミの事はこのまま家に送ってあげよう」

「ありがとう」

「だがその前にやるべき事がある」

「え?」

 タクシーがまった。

 運転手うんてんしゅが振り返り、帽子ぼうしぐと、その男はダイヤモンド義眼ぎがん戦士チャンピオンだった。

夏休みの課題なすべき仕事締切はあと2日だもう8月はおわる」「アアアアア!?」

「わかっているのか!」「アアアアアーッ!?」

「わかっているのか!」「アアアアアアーッ!」

「わかっているのか!」「アアアアアアーッ!」

「わかっているのか!」「アアアアアアーッ!」

「わかっているのか!」「アアアアアアアアアーッ!」

 俺とザザを乗せ、タクシーはどこまでも走るのだった。


FINおわり


フッター

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンでは、ダイハードテイルズ作家陣(杉ライカ、本兌有、逆噴射聡一郎など)のコラムや日報、小説、備忘録、準備稿、プレビューなどが読めます。ダイハードテイルズのオンライン創作活動に対する定期ドネート窓口でもあります。

本兌有、杉ライカ、逆噴射聡一郎など、ダイハードテイルズ所属作家のコラムや小説が読めるマガジンです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
「ニンジャスレイヤー」(https://twitter.com/NJSLYR)などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。