見出し画像

バレンタイン論理チョコ用窓口: 2.0.2.1.


いつも「ニンジャスレイヤー」などのダイハードテイルズ作品を愛読頂き、ありがとうございます!

毎年2月になると、ダイハードテイルズのアジトには、大きなダンボール箱に入ったバレンタインチョコレートや羊羹やオモチやお酒などなどが、各作品の編集部を中継してたくさん届けられており、局員一同とても勇気付けられております。執筆のための栄養にもなります。

またその中には、各作品のキャラ宛メッセージカードが付された素敵なチョコレートもたくさん含まれており、読者のみなさんからのLOVEアンドRESPECTを毎年とてもありがたく受け取っている次第です。

こうしたキャラ宛のチョコとメッセージカードは、各種次元につながる転送ポータルトリイ(ハイテクだ!)を使い、責任を持って送っています。今回は物理チョコと論理チョコの送付方法について、改めてまとめてみました。


画像2

物理チョコの送り方

物理チョコレートは従来通り、各作品を出版している出版社の編集部宛に送っていただければ大丈夫です(今の所コロナを理由に受付を中止しているという連絡はありません)。各編集部の住所は各種最新刊の奥付やインターネットのHPなどをご覧ください。出版社編集部の方が1個1個それらの中身を簡単に検査したのち、後日まとめてダイハードテイルズの作業場へと送られてきます。このため、短期間で痛む可能性のあるナマモノなどは、おひかえください。

KADOKAWAな:ニンジャスレイヤーの物理書籍を刊行しているKADOKAWA社のホビー書籍部は、ここ数年で何度も住所が変わっており、以前の書籍の奥付に書かれていた住所から何度かの転送を経てダイハードテイルズに届くことが増えていますので、最新の住所を記載しておきます:

〒102-8177 東京都千代田区富士見2-13-3 角川第2本社ビル3F
 株式会社KADOKAWA ホビー書籍編集部 ニンジャスレイヤー係


画像3

論理チョコの送り方

数年前から、noteのクリエイターサポート&メッセージ機能を使い、キャラクターあてに物理チョコではなく論理チョコ(電子な)を送ってくださる方が増えてきました。

noteの機能を使ったことがない方も多いと思うので、ここで簡単に説明させていただきます。noteには「クリエイターサポート」という機能があり、これは任意のドネート金額とメッセージを添付して、その記事を書いたクリエイターを直接応援できるというものです。

方法は簡単で、あなたが今読んでいるこの記事に対してクリエイターサポートを行うと、それはバレンタインドネートとして確実に認識され、返信もれ事故や、通常ドネートとの取り違え事故が起こりにくくなります。

画像1

もちろん、他の記事やトップページからだと届かないという意味ではありませんので、すでに送信されている方はご安心ください。

論理チョコの宛先:上記のクリエイターサポートボタンから、期間中にこのnote記事にドネートすると、あなたは好きなキャラに論理チョコを渡せます。サポートメッセージの中で、論理チョコを渡したいキャラ名を指定しておいてください。なお、返信メッセージの内容は毎年変わります。
🚨注意点:「ソウカイヤ御中」など、会社名、組織名、グループ名、または複数名あてに送られた論理チョコに関しては、その中の誰か1名によるランダム返信となる可能性があります。またサポートメッセージ内にキャラ名が見当たらない場合なども、AIによるランダム判断となる場合がありますのでご了承ください。



画像4

返信メッセージの例(2020)

*****************
* THANK YOU FROM   *
*  DIEHARD TALES     *
*****************

🎁ザ・ヴァーティゴ🎁 が ドネートで でてきた
#################
ー       ー     _   #
########     _ V _  #
       #  @💝  _  #
       #  d      #
       ##########

「いやあ わるいね。
 ほんぺんにも でてないのに。 
 ひごろの おこない カルマかな。」


🎁バレンタイン とくべつ
ドネート ありがとう ございました


※ このけっか は ランダム です
+++アスキーアートマップ上にある各シンボルマークの説明+++

 # 壁
 _ 祭壇
 @ ダンジョンの最深部から魔除けを取ってくる使命を課されたあなた
 $ ドネート金貨
 d あなたの連れている忠実なローグ犬
 - 開けられた扉
 K 召喚されたキャラを示すシンボルマーク(上の例だと「ヴァーティゴ」のV)

場所はダンジョンではなく突然別な場所になることもありますので、自由に想定してください。​

要するに確定召喚電子ガチャみたいなものですが、特にゲームデータとかレアリティはなく、ちょっと楽しい気分になるだけのものです。毎年数百キャラあての論理チョコが届けられています。


受付期間と返信時期について

・この記事が公開された日から2021年の2月28日までを受付期間とします。

・最初の返信は2月14日を予定しています。2月7日までの到着分がこの日に返信されます。それ以降は順次返信となります(受付の1週間後が目安です)。

・2月28日到着分の返信は3月にずれ込みます。

なお、届けられたキャラ数が予想以上に多かった場合、原作者の作業が追いつかず、スケジュールがずれ込む可能性がありますのでご了承ください。


FAQ

Q:今回はヘッダーがニンジャスレイヤー仕様ですが、これまで通り他のダイハードテイルズ作品キャラや電子ユニコーンあてなどでも大丈夫ですか?

A:
大丈夫です。


未来へ

あらためて、ダイハードテイルズとしては、論理と物理のどちらがより有難いかということはありません。どちらもとても嬉しく、とても勇気付けられており、新たな記事を作るパワとなっております。バレンタインドネートを贈ってくれる皆さんへ、大きな感謝を!

(ダイハードテイルズ出版局)




N-FILES

画像6

今回のヘッダーイラストは、前回のクリスマスイベントに続いて @ぱるちば さんの作品です。いくつかラフをいただいたのですが、今までにない新鮮な雰囲気にしたかったので、パステルでハッピー感のあるこちらのデザインを採用いたしました。

この続きをみるには

この続き: 183文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。 【TRPGプレイヤーの方へ】2019年12月からTRPGサプリのソウルワイヤード・マガジンが独立しました。PLUSでも基本ルールブックと最低限のプラグインにアクセスできます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2…

このマガジンでは、ダイハードテイルズ作家陣(杉ライカ、本兌有、逆噴射聡一郎など)のコラムや日報、小説、備忘録、準備稿、プレビューなどが読めます。ダイハードテイルズのオンライン創作活動に対する定期ドネート窓口でもあります。

本兌有、杉ライカ、逆噴射聡一郎など、ダイハードテイルズ所属作家のコラムや小説が読めるマガジンです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
117
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。