シャード・オブ・マッポーカリプス(5):ウキヨ、コトブキ
見出し画像

シャード・オブ・マッポーカリプス(5):ウキヨ、コトブキ


 「ハイ、イラッシャイ」タキは寝ぼけ眼で入店者を見た。気弱そうな男だった。近所の人間じゃないな。真昼間、危険地域を観光にでも来たか? タキは見当をつけた。「あの、ここ……ピザ屋ですよね」男は尋ねた。タキは新聞を見ながら答えた。

 「見りゃわかるでしょ」「いやあ……」 男はあいまいに笑ってカウンターに近づいた。「ご注文は」「どんなピザありますかね……えっと、そうだなあ、僕ポルチーニが好きで……」「ポルチーニ?」タキは顔をしかめた。男は慌てて首を振った。「あ……ゴメンナサイ! それじゃあ、クアドロフォルマッジ……」

「ア?」タキは顔をしかめた。「ゴメンナサイ!」男は慌てて首を振り、メニュー冊子に目を落した。「あの、これ……このノリとモチの……」「アー、ノリを切らしてる」「エッ、そうなんですか? 困ったなあ」「オレは困らねえな」

 タキは新聞をめくった。「エー……じゃあどうしたらいいんですか。ぼく、辛いのや、味の濃いお肉が入っているのはあんまりなあ」男が上目づかいでタキを見た。タキは新聞をクシャクシャに丸めて立ち上がった。その手には銃がある。「テメェ、ナメてんのか」「アイエッ!?」「ウチはそういうピザ屋じゃねえんだよ、そういうピザ屋じゃ!」「アイエエ!?」「カエレ!」「アイエエエエ!」

 男はタキの剣幕と銃に恐れをなして店外へ走り去った。タキはドアを開けて店外のストリートを睨んだ。「ッたくクソが……ア?」定位置に戻ろうと振り返ったタキは、階段の脇の椅子に腰かけているオイランドロイドに気づいて仰天した。髪は淡いオレンジ、アオザイを着ている。コトブキだ。

「お前、いつからそこにいやがる」「さっきですね」姿勢正しく座っているコトブキは少しも身体を動かさずに答えた。「お前、ギョッとするからマジでやめろよ」「何がですか?」「そうやって家具みてえに止まってたり、いつの間にか場所を移動してたりするやつだ」

「止まり、動き、両方NG……ジレンマの発生です」「自然にしてろッて話!」 「難しいですね」コトブキは立ち上がり、店内をゆっくりした摺り足で往復し始めた。「何やってる」「カンフーのエクササイズです!」「カンフーな……」タキはマゴノテ・マッサージャーで自分の肩を押しながら、目で追った。

 コトブキはオイランドロイドだが、自我がある。所謂「ウキヨ」だ。情報屋稼業として裏社会に通じ、ソウカイヤの連絡窓口(応答はないが)を持つタキでさえ、ウキヨとこうして言葉を交わし、遠目ではない直接の面識を持ったのは初めてである。

この続きをみるには

この続き: 2,656文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤー」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2010…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
「ニンジャスレイヤー」(https://twitter.com/NJSLYR)などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。