マガジンのカバー画像

灰都ロヅメイグの夜(DHTクラシックス)

17
ダーク・ゴシック・ヒロイック・ファンタジ。隻腕の剣士グリンザールと隻眼の吟遊詩人ゼウドが夕暮れの世界で冒険を繰り広げる。 試し読みはこちら: https://diehardtal もっと読む
¥650
運営しているクリエイター

#小説

灰都ロヅメイグの夜 1:霧と酩酊

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

灰都ロヅメイグの夜 2:我等が故郷

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

灰都ロヅメイグの夜 3:斜陽の剣士達

【承前】  廃屋の二階、ロー・ロクムの鍛錬場は、少なく見積もっても五十人の剣士がその技を…

100

灰都ロヅメイグの夜 4:黒い象牙亭

【承前】

100

灰都ロヅメイグの夜 6:竜の舞う夕暮れ

【承前】  不安と焦燥に胸を軋ませながら、跳ね上げ扉を押し開け、秘密の隠し部屋を抜け出し…

100

灰都ロヅメイグの夜 7:月の裏の猫

【承前】  常人ならば卒倒する程のスタウト酒を煽ったゼウドであったが、ものともせず、神託…

100

灰都ロヅメイグの夜 8:猟犬ども

【承前】  ささやかな栄光の日々を、遠く置き去りにしてきた四人。リュガ、精悍な小兵。フォブズ、三つ編みの豪傑。ダーンクルド、口ひげの伊達男。パズ、禿頭の好漢。  そしてキッド・ニール、若き剣士。五剣士は足音を密めて、黒い象牙亭の階段を上っていた。すべては亡き師、タルカン・フォーサイズのために。  いずれも剣士と呼べる剣士であったが、暗殺者の鍛錬は受けていない。どう足音をひそめてみても、階段が軋むのは致し方あるまい。

スキ
28
有料
100

灰都ロヅメイグの夜 9:灰都ロヅメイグの夜

【承前】  奈落の痕跡は、最早残っては居なかった。人間の死体の一部と、血の染みが、ただ残…

100

隻腕剣士と隻眼詩人

1 固く粉じみた赤の大地。苦痛もたらすゼゴル樹まばらに、水は無く。  黒馬の鞍に跨り、小…

100

銀貨の行方(前編)

1 其処は荘厳で、或いはどこかしら陰鬱で、総じては、静的な停滞の美に満ち溢れていると云わ…

100

銀貨の行方(後編)

【承前】 6 奇妙な広間だった。其処彼処の壁や、書棚の脇に、砂時計の群が掛け置かれていた…

100

【資料】ロードトック式巻革鎧の作り方

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。