マガジンのカバー画像

ニンジャスレイヤーPLUS

1,628
サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤー」の連載まとめに加えて、書下ろしのスピンオフエピソード、コメンタリー、資料集などがまとめられたマガジンです。PLUS系のメンバーシッ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

PLUS目次(2024年5月23日更新)

🍣「ニンジャスレイヤーPLUS」は2022年8月からメンバーシップシステムに移行しました(従来の定期購読マガジンは9月移行徐々に更新停止となります)。PLUSは最新スピンオフや設定資料集の公開場所であり、2010年から続くTwitter無料連載支援のためのドネート窓口でもあります。 📡総合ニュース / 大きな更新まとめ◆AoM本編AoM本編はTwitter上で連載され、加筆修正版がnoteにまとめられています。連載ログや実況ログは三部作と同様、全てweb上に残り続けます。

【ジ・インターナショナル・ハンザイ・コンスピラシー】#9

8 ←  ペイルシーガルは総毛立った。全思考全感覚が血液に乗って全身を循環し、ニューロンは爆発するように光り輝いた。ブギーマンはドームの割れ天井の外へ伸びる奇妙なロープを片手で掴み、上昇しながら、片手をホルスターの拳銃に添えた。BLAMN。イアイめいた早撃ちで――VIP市民の心臓を撃ち抜いた。 「ア!」ぎゅる、と音を立てて、VIP市民は撃ち抜かれた心臓を中心とする渦の中に呑み込まれ、マキモノに変身して、床に落ちた。ペイルシーガルからタタミ1枚距離にも満たない真隣に居た市民

ニンジャスレイヤー原作者+ザ・ヴァーティゴ=サンのQ&Aおたより転送ポータル(2024年8月末まで)

ニンジャの秘密を解き明かそう平安時代をカラテで支配した謎多き存在、ニンジャ。その生態や秘密の一端を解き明かすため、ニンジャスレイヤーの原作者であるボンド=サンとモーゼズ=サンにいろいろ質問してみようというのが、PLUSで毎月連載されている「インタビュー・ウィズ・ニンジャ」です。 時折開催されるnote上のアンケートを使って、読者の皆さんからおたよりを集め、その中からいくつかをチョイスし、毎月何個かずつ質問に答えて頂いています。原作者が「面白いね!」と思ったテーマは掘り下げら

インタビュー・ウィズ・ニンジャ PLUS版(73)

謎多き存在、ニンジャ。その生態や秘密の一端を解き明かすため、ニンジャスレイヤーの原作者であるボンド=サンとモーゼズ=サンにいろいろ質問してみるコーナー。そのPLUS版ができました! 時折開催されるnote上のアンケートを使って、読者の皆さんからおたよりを集め、その中からいくつかをチョイスして、毎月何個かずつ質問に答えて頂く予定です。 PLUS愛読者アンケートは数ヶ月に一度の頻度で行っています。たくさんの質問やはげましのおたより、ありがとうございます。今回は主に2024年3月

【ジ・インターナショナル・ハンザイ・コンスピラシー】#8

7 ←  ドーム屋根のガラスが砕け、大小の氷塊じみて降り注ぐ。そして叩きつけるような重金属酸性雨。それだけではなかった。ガラスを割った張本人、たち。それは上空を横切った墜落ツェッペリンから、自ら飛び降りた者達。それらは皆、ニンジャであった。ブギーマンは帽子を手で押さえ、時を待つのか。  墜落ツェッペリンの背には、いまだ一人が残っていた。私掠船船長じみた装束姿のニンジャの名はプライベティア。ジョルリ・ジツを用い、ネオサイタマ都市域のツェッペリンを容易く収奪し、このデスパレー

【ピザタキ、営業時間前:コトブキとマスラダ】スレイト・オブ・ニンジャ

【ピザタキ、営業時間前:コトブキとマスラダ】

第7章11節:見張り塔の支配者(ザヴとシルバーキーの冒険)

このつぶやきはメンバーシップに加入すると読めます

【ジ・インターナショナル・ハンザイ・コンスピラシー】#7

6 ← 「な」「に」「が」「起き」「た」「のですか?」オークション会場の者達が呻くように訝しんだ言葉が、ドミノ倒しじみて連なった。呆然とするもの、身をすくめるもの、反射的にカラテを構えるもの。視線を集めながら、ブギーマンはゆっくりと歩いた。着実な、邪魔を許さぬ歩み。ミモキの死体に屈む。 「……」ブギーマンは恐怖に凍りついたミモキの顔に手を当てる。その表情は窺いしれない。その仕草に何の意味があったのかもわからぬ。だが、そうして立ち上がったときには、床に転がっていた銃は、ザ・

🔰ガイド・トゥ・ネオサイタマ(4):爆発四散について

<<<ひとつ前の回へ 爆発四散とは?ニンジャは死ぬと爆発四散します。よく作中でもニンジャスレイヤーと戦ったニンジャが、「サヨナラ!」と叫んで爆発四散していますね。 では、具体的にどのように爆発四散するのでしょう? そのビジュアルイメージやアトモスフィアは、各ニンジャやエピソードごとに変わりますが、基本的には特撮の怪人の死に様などをイメージしてもらうのが一番わかりやすいでしょう。ニンジャは爆薬などを使って自らの意思で自爆しているのではなく、死ぬと自動的に爆発四散してしまうの

🏝ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズのSUZURIショップ:2024夏の新作T🏝

今年もTシャツの季節が到来! ここでは夏におすすめのシャツやグッズなどを紹介。新アイテムが登場次第、このページに追加されていきます! NINJSLAYER: NEVER DIES 🆕 ワンポイント・ケモチャン 🆕 【両面な】BIO SUMOTORI v3 【両面な】NEO SAITAMA FES 2038 この他にもいろいろ! ⚡️N-FILES⚡️ここでは各種ラフスケッチなど、メイキング関係の資料を一部ご紹介します。まずは宇宙Tシャツのラフスケッチから。

【ジ・インターナショナル・ハンザイ・コンスピラシー】#6

5 ←  ダッダズーバシバシ。無機質な駆動音で満たされた薄暗い部屋に、真新しい合成革と埃のにおい。UNIXデッキと無数のフェーダーが光を放つモニタ室、気絶したエンジニアと警備員が転がっている。エラボレイトは彼らを後ろ手に拘束し、転がした。口笛を吹きながら、仕掛けの開始だ。  LANケーブルを引き出し、首の後ろのソケットとデッキを繋ぐ。両目に「接続」の漢字が光ると、エラボレイトは武者震いめいて震動した。彼はニンジャであり、ハッカーである。特に、潜入工作の場面でハッキング能力

シャード・オブ・マッポーカリプス(88):機動警察法人ロクハラ・コーポレイション

ロクハラ・アシガル / Rokuhara Ashigaruロクハラ機動警察法人の一般社員、すなわち機動警察隊員であるロクハラ・アシガルは、オムラ・エンパイア製の武者鎧型パワードスーツを着込み、背中には「六波羅機動警察」の文字が書かれたノボリを立てている(主任格のノボリはオムラ雷神紋に「羅」の文字を重ねた社紋が描かれることもある)。

「ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース」最新話掲載!チャンピオンRED7月号は5月17日に紙版と電子版が同時発売! 実況イベントも!

◆!新章開幕重点!◆カラテ重点、ユウジョウ重点の新章「シャドー・コン」開幕! 八角形のリングにニンジャの血が飛び交う! 今章の主役二人、アインリングとモミジ・ヤンガ! モミジの激励がアイアンリングを猛プッシュ! 「「「コロセー!コロセー!」」」アイアンリングの闘いぶりに観衆のボルテージは最高潮! VIP席で観戦するチョジャのマダムもウットリが止まらない、止められない! カチグミVIP席よりもさらに上に君臨しているのは……やはりニンジャ! 地下格闘トーナメント「シャドー・