マガジンのカバー画像

ニンジャスレイヤーPLUS

1,392
サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤー」の連載まとめに加えて、書下ろしのスピンオフエピソード、コメンタリー、資料集などがまとめられたマガジンです。PLUS系のメンバーシッ… もっと読む
運営しているクリエイター

2017年8月の記事一覧

PLUS目次(2022年12月25日更新)

🍣「ニンジャスレイヤーPLUS」は2022年8月からメンバーシップシステムに移行しました(従来の定期購読マガジンは9月移行徐々に更新停止となります)。PLUSは最新スピンオフや設定資料集の公開場所であり、2010年から続くTwitter無料連載支援のためのドネート窓口でもあります。 📡ニュース / 更新まとめ ◆AoM本編AoM本編はTwitter上で連載され、加筆修正版がnoteにまとめられています。連載ログや実況ログは三部作と同様、全てweb上に残り続けます。 3部

シャード・オブ・マッポーカリプス(29):デミニンジャ

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

インタビュー・ウィズ・ニンジャ PLUS版(2)

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

「NINJA SLAYER - SAN 第55話」

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

【デッド! デダー・ザン・デッド!】#11

総合目次 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 ◇11 ◇12 ◇13 ◇14 ◇15 10 ← 「アバー」「アバー」「アバーッ……」  群れをなすネオサイタマ・ゾンビーを、ネズミハヤイDIIIのロウンモウワー・アタッチメントが容赦なく轢き潰し、切り裂き、腐肉と腐汁を撒き散らしていく! 「アーッ!」  隣接ビル屋上から落下してきたペケロッパ・ゾンビーがボンネットに叩きつけられ、捻じ曲がった両手足をバタつかせて、フロントガラスに張り付いた。ギャ

ニンジャ勢力名鑑:サワタリ・カンパニー

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

【ヴェックス・オン・ザ・ビーチ】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  波濤打ち付ける傾斜ビル廃墟が、このビーチと99マイルズ・ベイとの境目だ。あの向こうは裂け崩れた海岸線とジャンクによって埋め尽くされている。こちら側は平和なものだ……宝石めいて色とりどりのバイオウミウシや、キラキラと輝く白波。何らかのケミカル流出物の影響であろうが、ホローポイントはニンジャであり、その程度の有害物など気にはしない。  太陽は殺人的な熱を放射してくるが、この日も彼はきっちりとしたヤクザスーツで身を固め、流木やカニをまたぎ越え

シャード・オブ・マッポーカリプス(28):ネオサイタマのアクション映画とVHSテープ

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  キュイイイイイイイイイイ! 「ア、ア……」甲高い電動ドライバーの音が、タキを二日酔いの眠りから叩き起こした。毛布を被った覚えは無いが、目の前のカウンターには薄汚いノート型UNIXと、さらに薄汚い灰皿と、空のビール瓶と、黒い粉の入ったジップロックと、溶けた氷水の溜まったグラスが置かれている。徐々に記憶が戻ってきた。間違いなく昨夜、徹夜のハッキング・ビジネスをした跡だ。そのまま疲れて寝てしまったのだ。  オレはこのところ相当働いている。ワ

ウォーカラウンド・ネオサイタマ・ソウルウフード番外編(アウトサイド・オブ・ネオサイタマ):シャドー・スシ

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

ディスカバリー・オブ・ミスティック・ニンジャ・アーツ(7)c.3000BC-4643AD:ニンジャ簡易年表

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

【デッド! デダー・ザン・デッド!】#10

総合目次 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 ◇11 ◇12 ◇13 ◇14 ◇15 9 ← 「アバーッ!」  ムササビめいてひろげられた肉のマントから、無数の触手がのたうち、爆ぜ飛んだ。それらは猛烈な勢いでネズミハヤイに襲いかかった。触手先端部に鉤爪を生やし、ネズミハヤイのシュラインの縁を捉えた。 「アバババーッ!」  空中でネズミハヤイを捕捉した不定形のゾンビーは身体の質量を背中に集中させ、巨大な腕を生やした。腕はおぞましい鎌状に変形し

【テラー・フロム・ディープ・シー】

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

【デッドリー・ヴィジョンズ:ブラック・ストライプス】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ デッドリー・ヴィジョンズとは?: 誰にも顧みられることのないニンジャとニンジャの死闘、そのミニマルさを重点した、シンプルな読み切り短編シリーズです。各話に連続性は無く、どこからでもスナック感覚で読めます。そこにはプロトタイプを含む過去の作品と、全く新たな短編が混在し、時には本編採用されなかった掌篇も含まれます。原作者の意図により、敢えてどれがどの時代に書かれたものか、また第何部の時系列にあたるものかは明記されません。原作者ボンド&モーゼズ氏