第1回逆噴射小説大賞:二次選考通過作品まとめ

256
アリシア・スノウが死ぬまでの48時間

アリシア・スノウが死ぬまでの48時間

「やっとわかった。わたしがあんたにできる、たったひとつの一撃。喰らいな、クソ野郎、そしてさよなら」 そしてアリシア・スノウは、自分のこめかみに向けて引き金を引いた。 48時間前。 アリシア・スノウはいつものように、アリシア・プライベート・セキュリティ(APS)事務所兼自宅の安ソファで目覚めた。いつものように荒れ果てた部屋、いつものように酷い二日酔い、いつものように最悪の目覚め。何かが違う。 彼女の日常はシンプルだ。APSの評判を聞きつけて街中から訪れた女の依頼を聞き、依頼

スキ
50
スターリンの柳生軍団

スターリンの柳生軍団

1953年 ソビエト連邦  ソ連国家保安委員会第三局 柳生新陰流ツングースカ道場に散乱していたのは、人の破片だった。 手足が、内蔵が、鎌とハンマーを組み合わせて作られた『共産刀』が、そして首が、四方八方に散っている。心ある者が数えたなら、首の数は五十にも上ろう。 これが、人民に戦慄と畏怖を以てその存在を囁かれた秘密機関、KGB柳生(YGU)の一拠点の有様であろうか。 命ある者は、もはや僅か二人。 血まみれで喘ぐ男は、柳生ルイセンコ忠景、この道場を預かる師範代。もう一人、

スキ
32
アポカリプス・インターネット2199

アポカリプス・インターネット2199

もし自分が天才で、大富豪で、最終核戦争を予期したなら、アンタならどうする?あの馬鹿が俺たちに残したものは、浄水器でも、抗生物質でも、種子でもなく、インターネットだった。 核が人類の95%と食い物の99%を吹き飛ばして丁度150年になるそうだ。俺たちにあるものはボロ布、洞穴、石斧、ボウガン、そして太陽光とナノマシンで永久に稼働し続けるインターネット端末。俺たちは識字率100%の原始人だ。 「ムワト!凄い!オーガローチの毒抜き方法がアポ-Chanに載ってたよ!」 ギラルが笑顔

スキ
40
トライアド・アサシン

トライアド・アサシン

「ヘルメス、聞こえるか」 「聞こえる。私はヘルメス」 「バイタル良好。お前の意識は分割されて三体のドローンに転移している。何が見える」 「空。海。ミサイル基地。人々。銃声」 「知能低下無し。さて、俺たちの任務はクソの後始末だ。特殊部隊は全滅し、四十名の人質は処刑の真っ最中。で、処刑後にテロリストはミサイルを発射する」 「猶予は」 「三十分、あるいはもっと早い。お前の任務は島のミサイル起動モジュールを破壊し、テロリストを全員殺せ。前大統領は五分前に全ての責を取って辞任したが、新

スキ
13
ワン・オブ・ザ・コープス

ワン・オブ・ザ・コープス

俺が誰かは俺が決める。他の誰にも決めさせるものか。 Budda Budda Budda! 機関銃がクローン兵たちの頭を薙ぎ払う。首なしの体が崩れ落ちる。弾切れの銃を捨て、死体の銃を一挺拾って、さらに前へ。 「最近のクローン兵は質が落ちたよなァー、ドクター。まるでゾンビだ」 『コピーすれば劣化するのさ、何事も。オリジナルには及ばない』 次のウェーブは6秒後。欠伸が出るほど遅い。俺は壁へ、天井へ、靴底をつけて駆け上る。カメラを踏み壊し、タレットガンを潰す。電子トラップを三つ

スキ
9
死ぬなら走れ、最後まで。

死ぬなら走れ、最後まで。

チェーンソー・カルト男の隙を付き、首にナイフを刺す。+12時間。 崩れ落ちた相手からチェーンソーを奪い、もう一人の白頭巾カルトの腹に突き立てる。 「AARRGHH!!!!」はらわたと血が辺り一面に飛び散る。+12時間。 俺は息を整え、辺りを見渡す。ゴアカルトの死体が更に3つ。今日ぶっ殺したのはこれで5人。12時間×5=2日半は時間が稼げた。 死体は見る間に腐敗し、灰へと変わった。跡には魔法陣だけが残る。 これが俺のサインした契約だ。他人の命を、たった12時間の自分の寿命

スキ
52
絶罪殺機アンタゴニアス

絶罪殺機アンタゴニアス

 甲弐式機動牢獄は、囚人たちが特殊刑務作業に従事する際に搭乗する更生支援兵器であり、その外観は巨大な蜘蛛を思わせる。  胸部下面から伸びた機銃が十字型の火を噴き、命乞いをする貧民たちを容赦なく血煙に変えた。鈍く輝くメタルセル市街に鮮血と骨肉が叩きつけられ、斑模様を描く。散発的に浴びせられてくる反撃の銃弾は、機動牢獄の装甲に傷一つつけることはない。  逃げ惑う人々をかきわけて、暗い目をした男がうっそりと歩いてくる。  その両手に二挺のちっぽけな拳銃が現れた時、囚人らは失笑した。

スキ
37
ヘヴィメタル・チェーンガン!

ヘヴィメタル・チェーンガン!

BRAAAA!!!チェーンソーがサイバーゴブリンをズタズタのゴアミートに変える。GUGAAA!!振り抜いた勢いで後ろに振り向く。飛びかかってきたメガオークを、ソードオフ・ショットガンが粉砕する。 これでこの一帯は最後か。部屋を見渡す。NAPD社植民惑星汎用オフィスはまるでミートミキサーの中身だ。 惑星NA-14。 白衣を着た馬鹿が、惑星固有のバイオ生物達に、NAPD社特製の装甲、強化関節、おまけに体内インプラント重火器をたっぷりと埋め込んで、あとはお約束だ。サイバー怪物は

スキ
21
Manslaughter...

Manslaughter...

Prologue 橙色、緑色、茶色、赤色。ぼやけた光は段々と形を結び、アンティークの照明、革張りのソファ、椅子を引きずった跡の残る床に変わった。 「オッ、目覚めたかい。」 赤色のハットはメニュー表から顔を上げた。 「ここは…。」 椅子から立ち上がれない──俺は両手が縛られていることに気付いた。左を見ると眉間にステーキナイフが刺さった男が座っている。 ハットが嬉しそうに揺れる。右手には真新しいナイフが握られていた。 「やめてくれ…。」 「驚いた!お前からそんな言

スキ
9
朋友よ、冷たい朝に眠れ

朋友よ、冷たい朝に眠れ

「アルファさん、サーセン、遅くなりました!準備に手こずって!」 駅前。手を振りながら駆け寄ってくる、柄の悪い坊主頭は牧ちゃん。俺の友達だ。 ◆◆ 「つーか、アルファさん、ネットだとイキってた癖に、いざ会うとフツーに普通のオッサンっすね!」 牧ちゃんが豚足を頬張りながらゲラゲラと笑う。 「うるせえな!そっちこそガラ悪過ぎでしょ!」 俺も負けじと麻婆豆腐を流し込み、店員におかわりを頼む。 二人の間に積まれた青島ビールの空き瓶は、もはや山だ。 牧ちゃんと俺は友達だ。会ったのは

スキ
41