第1回逆噴射小説大賞:二次選考通過作品まとめ

256
ウェルカム・ブラックゲート #1

ウェルカム・ブラックゲート #1

ダイヴ、スタート。おれの視界を覆っていた緋色の砂嵐が明け、目の前にカウンターが見える。 「ウェルカム。冒険者<エクスプローラ>。本日はどちらへ?」 「火星マスドライバー第69層。ライディングドレイクをレンタル」 「了解しました。解析対象は指定しますか?」 「MWコインのマイニングを」 「了解しました。ゲート、開きます」 虚空に石のアーチが出現し、その暗黒へ、おれは無造作に足を踏み出した。 2009年、世界各地にて深黒の不明物体(大型バスほどだ)が出現した。 測定不能の度外れ

スキ
21
「ラブリーチューブ・オン・エアー!」 メンテナンスのお知らせ

「ラブリーチューブ・オン・エアー!」 メンテナンスのお知らせ

 アプリ「ラブリーチューブ・オン・エアー!」は、美少女を稼げるアイドルチューバーに育て、再生数とチャンネル登録数を競う育成リズムゲームである。  トリックオアトリート! 現在ハロウィンイベント開さSPLAAAASH! 「キャアアーッ!」  飛沫く鮮血! 飛び交う悲鳴! 一体何が!? 「プリュリュ~」  惨劇の渦中にいるのは、血に塗れた丸く愛らしい生き物。それは別のゲーム「グランドブレイド・レジェンド」に登場するモンスター、プリュリュだ。先日までそのゲームで本作とのコ

スキ
3
ファンタスティック・ゲーマーズ!

ファンタスティック・ゲーマーズ!

 日本はe-Sports大国になった。少なくとも偉いおじさん達の頭の中では。  政策の目玉として打ち出されたのは、巨額の制作費を投じ、国内のゲーム企業が結集して開発した「史上最高」を称する大規模対戦ゲームと、賞金総額20億を超える同ゲームの大会だった。  今更何が大国だよと笑いつつ、始まれば遊んでしまうのがゲーマーのサガ。仲間を誘ってチームを組み、気づけば例の大会の舞台に立っていた。 <試合開始!> 「早速やるぞ!」  VCに向けて叫ぶと、俺は瞼を閉じる。勝利を確信し

スキ
32