逆噴射小説大賞2020:1次&2次選考突破作品

164

黒髪を抱いて沈む

高校生の高濱夏帆が、自分には潤一郎という10歳年上の兄がいたことと、その死を知ったのは同時…

ぜんぜんしらないひと 第1話

【序 8月20日、とある町の遊園地】  斎藤はこの遊園地で働き始めて5年になる。そう大き…