逆噴射小説大賞2020:1次&2次選考突破作品

164

ブロークンアロー

 姉妹は眠りに就くべきだと、カレアは思った。救済は人間の虚妄だとしても、眠りだけは確かに…

名前のない罪

 吸い込まれてしまいそうな青い空だったことを、セレーネは覚えている。その日、幼いセレーネ…