逆噴射小説大賞2020:1次&2次選考突破作品

164

鷹の眼は神を狙う

大統領殿へ 来月末までに10億ドル用意されたし さもなくば、全人類を殺す 準備出来次第、署…

御遺体回収し〼(報酬歩合、応相談)

「蘇生できない? 話が違うぞ」  俺は公共ダンジョンから先刻回収してきたばかりの死体を前…

『蘭之助、もう吠えないのか』

「おいは犬ではなか」 美貌の若侍はそう呟いたが、彼の魂を刈り取らんとする妖怪は彼とは別の…

『ローグ、ローグ、ローグ』

泥棒だけはやっちゃいけねえ、って、爺さんはことあるごとに俺に言い聞かせた。俺は尋ねた。置…

さよなら世界征服

「世界征服できなかったなぁ」 灯りが切れた病室でフユカは口癖を呟いた。フユカは小学生の頃…

『SKY RE-BIRTH』

    空を染める灰色は雲ではない。大量のドローンだ。     極小モスキート型、乗用型、貨…

奨励会を抜けてアヴァロンへ

「アヴァロンは三段階に分かれる。序盤は九掛ける九のボードでチェスに似たゲームが行われ、駒…

上羽田村離檀顛末記

天歩十一年十月。上羽田村の神主、束田中膳は檀那寺より齎された位牌を力任せに引き裂いた。記…

壁に咲く華

「これが、世界の果てだって?」 その壁は、黒い鉄と黄色い銅が互い違いに層をなし、美しい縞…

訃翅蝶

 初めはたしか、八つのとき。  庭の花壇に座って日向ぼっこをしていると、ニ匹の蝶が寄って…