逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

632

月の光が人を焼く

私を縛る縄が痛いけど、舌の感覚もなくなったから言えなかった。
 殴られすぎて頭がパンパンに膨れてぼーっとしてきた時、事務所のドアが開いた。
「待たせたな」
 とても背の高いムキムキな黒人が入ってきた。私の首なんか簡単にもぎ取れると思う。
「おっ、ゴリラケーキ。よく来たな」
 チビハゲが血だらけの革手袋を床に放って言った。
 黒人は私に近づいた。顔をじっと見てから、私の涙を拭った。殺しに慣れた人の目

もっとみる
ありがとよ
17

現実、虚構、セルバンテス、そして騎士

「で、マンブリーノの兜ってのは床屋の持ってたタライだったわけですよ」
「へえ、面白い」
「ほんとに面白いって思ってます?」
「うん、面白い、痛い、つつくな」

 ーー2350年、環境汚染は深刻化し、もはや生物は地表に住うことを許されなくなった地球。人類は肉体の充実を諦め、カプセルにその身体を横たえ、仮想空間に精神を据える。この仮想空間に名前は無い。この空間こそが世界だ。

「一つ聞きたいん

もっとみる
スキだと……?ありがたいんですけど!!
8

「魑魅魍魎」が読めないヨーカイ

爽やかな朝。私は学校の門をくぐる。
いつもの友達が挨拶してくる。白い肌、黒い肌様々な見た目だ。我が学園もグローバル化の波を受けているのか?そうではない。
次に来たのは真っ赤な肌のリンだった。背は180センチ、角も二本生えている。
「おっはー!ユリエ」
「おはよう!…どう、そろそろ馴染んできた?」
「うん、もう大変だった!急に身長でっかくなっちゃって服全部買い換えないといけないし。そもそもこいつのせ

もっとみる

10セントの命を追って

或る夜。月は寄せては返す波めいて、不穏な光を放っていた。
それは自然の警告にも思えたが、罰当たりな彼らは黒澤明由来の農村の真ん中に73式中型トラックを停めた。
メガネの男が呟く。
「前は蛮人、次にUMAと来た。死人は増えるばかりです。穏便に済みますか?」
人類学者、河添教授は頷いた。
「赤井君、解決方法は一つじゃないだろ」
赤井は頭を掻いた。
「その為の我々ですけども」
教授は黙って外に出た。

もっとみる

金剛石《ダイアモンド》の弾丸籠めて

「いいか? 撃てる弾は五発だけだ」

 彼の声は、脳に直接響いてきた。
 軽薄な、いつでも笑いの混じった高い声。
 悪魔、と名乗られた時、だから私は驚きはしなかった。

「五発分は契約しちまったからな。アンタにも撃たせてやる」
「でも貴方、リボルバーなのでしょう? 六発目が撃てる筈じゃない」
「ギャハッ! 確かに、確かになァ! アンタ頭良いぜェ!」
「……馬鹿にしている、のかしら」

 溜め息が出

もっとみる
とてもうれしいです。
26

ロボティクス・センス

肉体の枷から解き放たれたと思えば、待っていたのは機械の制約と無感覚の世界だった。冷え冷えとしたサーバールームで後頭部に取り付けられたプラグからケーブルを伸ばし、I-10型二足歩行ドロイド「コウキシン」はそう考えた。ケーブルはサーバーへと接続され、コウキシンの頭脳がデータの吸い上げを開始する。コンピューターの画面がダイアログに表示されるようなわかりやすさは「それ」にはない。ただ感覚的に、あらゆる情報

もっとみる
スキだと……?ありがたいんですけど!!
15

安楽椅子のレジスタンス

「お願いします、どうか主人の死の真相を…」
目の前の婦人はさめざめと涙を流す。
「…婦人、お分かりでしょうが」
俺は棚の上に置かれた国家元首様の像にちらりと目をやる。
「『真相』なんて言葉は…その、よくない」
「あら…!ごめんなさい」
婦人は途端に青ざめた。慣れてない客はだいたいやってしまう。こういうときのフォローもプロの仕事だ。
「珈琲でも飲みますか?」
俺は国家支給品陳列棚へ向かうと、
「おっ

もっとみる

P.S.エイミー

―――意識潜航深度888メートル。

敵性霊を検知。漆黒の深海を見透すと、蠢く触手が見えてきた。

ZZZZMMMM……! 岩礁の間を迫りくるのは、山のように巨大なタコだ。ぐにゃぐにゃと触手を伸ばし、墨を吐き散らして周囲を塗り替えている。

「ワオ……デビル・フィッシュね。まさに穢れた悪霊だわ」

甲冑じみた潜水服を纏った少女は、目の前の光景を解析しつつ、周囲に自我固定呪符を散布していく。取り込ま

もっとみる
あなたのカラテ段位が上昇しました。
28

メカニカル・ピルグリム

「おい、そちらに何かあったか」
「いやダメだな…もうガラクタしか」
薄暗い部屋で、二人の泥棒が仕事をしていた。
泥棒。そう泥棒だ。だがそれを咎めるものはいない。とうの昔に滅んでいたからだ。
「こちらもダメだ…このバッテリーはもう切れてるし、この記憶媒体は旧式すぎる」
「おっ!こりゃまだ動きそうだぜ」
一人の男が映像端末を見つけて電源を入れる。
『ロボットの生み出す新しい社会。低燃費で人間に代わる新

もっとみる

囮の子ども(たち)

いる。あれはすでにここに、俺の砦に這入っている。
 私立儀典寺小学校校長、真備は自らに言い聞かせながら窓の外を眺める。鰯雲広がる空の下、校庭では三百人の児童が休むことなく昼休みを駆け抜けている。彼ら彼女らが校長室に手を振れば、真備も笑顔で手を振り返した。その心に嘘はない。齢五十にして校長を務める真備は児童たちを愛し、職務に誇りを持っている。
 だからこそ今日、真備の笑顔は児童が戸惑うほど引き攣って

もっとみる
🐘🐘.🐘…🐘..🐘.…..🐘.🐘…🐘🐘…
23