逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

14
記事

無常命脈の誓い

「なぜって、仕事です。
まあ、そう言ってしまうと味気ないですかね。

貴方が聞きたいのも、そう言った意味ではないでしょう。
しかし、今は悠長に話している場合ではないのでは? 貴方、早く手当しないと死にますよ。ほら、もっと他にも考えることあるでしょう。

……仕方ない。では少しだけ。

まあ、発端が帝国の王位継承を巡る争いというのは貴方も察しがついてるでしょうが……うん?
ああ、帝都から飛ばされるだ

もっとみる
あなたの道に光あれ、幸福に満ち、苦難の先に救いあれ
8

令和新撰組最後の事件 古都銘菓騒動

「御用改である!」

 政策により建て直された古民家風の町家の玄関戸を蹴破り中に踏み込む。
 俺の着ている浅葱色をしたダンダラ羽織が翻り、高周波ブレードへと改造された日本刀が鞘走る。

「ぎゃあっ!」「ぐえええ!」

 戸の左右にいた不逞浪士風の男たちの手足をぶった切ると情けない悲鳴を上げてぶっ倒れやがった。やかましい、安物サイバネ程度で騒ぎやがって!

 イベントで黒谷に「沖田」の1番隊がいたの

もっとみる
感謝の印に奴隷の心臓を祭壇に捧げよう
34

グッバイ、オールドマン

「親父ィ、死んでくれ」

 銃口が私のこめかみに向けられていた。
 5年ぶりに再会する息子の姿。
 酷く痩せこけて骨と皮ばかりの相貌。その中で縦に裂けた金色の瞳だけが爛々と燃えるようにギラつき異彩を放っている。

 蹴破られた書斎のドア越しに倒れている、頭部を撃ち抜かれた部下の死体を見るにどうやら伊達や酔狂ではないらしい。

「なっ──」

 連続する銃声。
 3発の弾丸が、私の頭蓋に叩き込まれた

もっとみる
海狸の尾っぽより祝福を!
16

『英雄は帰らじ』

その日が私の初陣だった。地平線まで続く揃いのブルー・コート。戦友たちの顔は功勲への期待に輝く。

 人馬兵連隊はその存在意義を銃の登場により危ぶまれたが、その体躯と速度からの衝撃力は未だ健在。
 この一戦で武功を示し、家名に恥じぬ男であることを証明する。相手は弱体なる人間の小国連合。負ける理由はない。

 喇叭が鳴る。同胞たちが一斉に地を蹴る。負けじと走る。接敵まであと五百、四百、三百。

 向け

もっとみる
💃(((🌮))) タコパ (((🌮)))🕺
24

ダウンフォール・オブ・ザ・トリックスター

「こわいこわいもうやだこわいやだこわい」

圭子はついにその場でへたり込み、うわ言を繰り返すだけの存在と化した。井上さんはまだ自分のネクタイを旨そうに咀嚼している。

館を焼き焦がす炎はいよいよ私たちに迫り、灼熱の空気が喉を焼く。脱出しなければ命は無いが、唯一の出口にはあの男が立ちはだかり、こちらに銃口を向けている。藤堂すみれは初めからこの男を蘇らせる事しか頭になかったのだ!

BLAM!!!

もっとみる
やったやったー!
34

家族だもの

「ただいま……ん?」

 玄関に入った途端、すぐ異状に気づいた。

 血痕だ。引きずった赤黒い跡家の奥まで伸ばしている。俺は舌を打ち、懐から拳銃を取り出して安全装置を外し、サイレンサーをつけた。土足のままで玄関を上った俺は、血痕を辿って姉の部屋前にきた。痕跡はドアの下に続いた。鍵がかかっている。俺はドアの隣に立ち、ノックした。

「慧美、いるか?いるなら返事して」

 五秒、十秒経過。反応なし。勘

もっとみる
タピオカを残らずに食べましょう
32

アタック・オブ・ザ・キラー・珪藻土バスマット!

「アイエエエ…助けて…助けて…」

風呂上がりの男が尻餅をつき、失禁しながら命乞いをする。

その流れ出たものを、目の前のバスマットは一滴も残さず給水しながらひた…ひた…と2つの角を足のように動かし、男ににじり寄る。

そしてばっ!とバスマットは男に飛びかかった!

「アアアアあああarghhhhhh…!」

男が叫び声を上げながら一瞬でミイラに成り果てたと思った瞬間にはもうそこにはバスマットとサ

もっとみる

炎、うず巻けよわが胸

時速285kmでぶっ飛ばす。

東海道新幹線”のぞみ”は新横浜を過ぎた。後は名古屋までノンストップだ。
スマホを見る奴、PCでメールを返す奴、大口開けて寝てる奴。
平日昼。車内の空気は弛緩している。

小田原を通過した。頃合いだ。
俺は席から立ちあがる。スーツのポケットからハンカチを取り出し、顔に巻く。車両間のドアの前に立つと、声を張り上げた。

「強盗だ!全員手を頭の上に置いて、席から動くな!」

もっとみる

悪党の対歌

「おめえ、なにしてここへぶちこまれた」
「盗みと殺しだ。おめえは」
「殺しだ。師匠の仇を討った。ついでにそいつの有り金をいただいた」
「大して変わりゃしねえな。おれはピンカス。おめえは」
「ラザルだ」

石造りの牢屋は寒い。毛布は穴だらけで薄く腐っている。手足は枷と鎖で壁に繋がれ、背の傷跡は痛い。隣同士で無駄話でもして気を紛らすしかない。

「ピンカスよ、何を盗み、誰を殺した」

「パンと葡萄酒、

もっとみる
あなたの健康値がアップしました。
54

DEKAZAME −刑事鮫−

「《ハンマーヘッド》!」

「《ラブカ》!」

深夜、周囲に人気のない駐車場。スーツ姿の青年と作業着姿の中年が叫び合い、空中に出現した二体の怪魚が激突する。
中年男の足元には血まみれの女性が倒れていた。

一方の怪魚がそのハンマーのような形状の頭部から小さな銛状のミサイルを発射した。もう一方の怪魚に当たったそれは空中で爆発的な水飛沫を上げる。
ウナギのような怪魚が苦痛に身をよじる。ハンマー頭の怪魚

もっとみる