逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

625

転校生は巨獣と微睡む

「グッド・アフタヌーン、吾が友」

 目の前にいる、見目の良い男はニヤニヤしながら大仰に両腕を広げる。
 長い白髪を一つに束ね、赤いロングコートを着た姿は、漫画に出てくる登場人物めいている。

 僕の夢に何度も出てきた男で、顔見知りだ。
 夢の中でって注釈をつければ、だけど。
 で、今は真っ昼間の午後四時で、僕は下校の真っ最中。

 そして、僕は殆どの人間とおなじで、映画と違って夢と現実の見分けく

もっとみる
ありがとうございます! 励みになります!

世界の歴史シリーズ:アメリカ合衆国 ─ 多民族社会の光と影 〜失われたサラダ・ボウルとしての未来〜

 人種のサラダボウルというのは、かの大国アメリカを象徴する代名詞のひとつであった。
 トマト、レタス、キュウリにオニオン。様々な種類の野菜が混ざりあい、それぞれの持ち味を活かしながらサラダというひとつの料理として存在するというそれは、文化的多元主義の象徴にして合衆国を表すキーワードとして知られている。
 実際、人口の多数を占めるのは白人ではあったが、ネイティブ・アメリカン、黒人、ヒスパニック、アジ

もっとみる

Midnight Hero ─あるいはクラブで酔いつぶれた俺が異世界に召喚されて救世主になる話

〈エピローグ〉

「じゃあ、これでお別れだ」
三日三晩続いた宴は強烈な頭痛を置き土産に残して去った。二日酔いに始まったこの冒険が二日酔いで終わるのもまた道理。こちらの世界にいられるのももう僅かだ。
彼女は俺の言葉にそうね、と言って俯く。
夢から始まった夢のような日々は紛れもなくREALだったが、俺にとってのREALはここではない。帰らねばならない。そう、誰もが理解っていた。

だが辛気臭いのは性に

もっとみる
冬優子を救ってくれ

エスカレーターGERO

★吐しゃ物の表現がありますので、ご注意ください。また、お仕事がつらい方は、ご遠慮ください。

(ここから本文)

私が通勤に使う地下鉄の駅には、地上に向かう長いエスカレーターがある。今日も、地下鉄を降りると、いつものように、このエスカレーターに乗った。乗客はみな左側の手すりを持ちながら、お行儀よく並んでいる。前を見ると、先頭に学生がいて、じっとして歩こうとしない。右側を追い抜いていくものもあるが、

もっとみる
あなたのハートをいただきました。

ひとみ崩壊

私は、ひとみの瞳が好きだ。
ひとみは、とても澄んだ瞳をしている。
ひとみは、キスをするとき、目を開く。幸せを瞳に焼き付けるためだ。
ひとみは、悲しいとき、目をつむる。悲しみを胸の奥にしまいこむためだ。

ひとみの瞳には、欠けがある。右目の少し上の方、黒い瞳の中に1mmにも満たない小さな白い長方形の欠けがある。
ひとみは、私の目を見て話し、私も、ひとみの目を見て話す。ひとみと話していると、どうしても

もっとみる
あなたのハートをいただきました。

『牧竜』

 湾曲した杖を突きつけ羊たちの鼻先から進行方向へ差し向ける。先頭のリーダーを誘導すれば羊たちは驚くほどの一体感で曲がりくねる山道を下っていく。ラマの背に揺られながら牧場へ帰りつくと祖父が山鹿のシチューを用意して待ち構えていた。硬いパンと山鹿のシチューはあまり好きではなかったが遠い日の思い出が香辛料となり祖父が骨までしゃぶりながらワインを愉しむ姿を思い出すと笑みがこぼれてしまう。

 羊や妖精と戯れ

もっとみる

運命のゲーム

結婚してもう10年が過ぎた。

10年も経てばどこも同じようなものだと思うけど、私と夫の間には恋のような感情はなくなり会話も必要最低限しかしなくなっている。ただ親として子供を囲むだけの共同生活に、不満はないけど刺激もない。

私はそんな日常が退屈で、ある日、文章を書き始めた。文章を投稿するサイト「note」に、日記のような短い文章を投稿し始めたのだ。

それから4ヶ月、その間にいろいろな人の文章を

もっとみる
私もスキ

迷い猫

ミケがいない。
近所を探し回ったけど見つからない。電柱に張り紙したけど出てこない。
家出かな、死んじゃったのかな。
動物救急病院に電話した。「うちには来てません。」
保健所に電話した。「そんな猫は保護してません。」
市役所の道路課に電話した。「猫の死骸は回収してません。」
下水処理場に電話した。「処理場には流入してません。」

途方にくれた。
遠い遠い親戚のおじさんに電話した。

すると、電力会社

もっとみる
あなたのハートをいただきました。

初もみじ

与作は、きみどり色のまんじゅうを眺めていた。
与作の左には赤子を抱いた妻が、右には爺がまんじゅうを眺めている。
「何かが足らぬ。」
与作は、そうつぶやくと目を閉じた。

与作の前には山があり、その頂にはもみじの木がある。与作は、腰に竹筒を付けて、正面から山に登っていった。竹筒には筆が二本と赤と黒の墨壺を忍ばせている。与作が駆けると、筆が触れ、カタ、カタと音を立てた。

女がいた。女には、赤子がいて

もっとみる
あなたのハートをいただきました。

死神の作るメシがうまい

「”切り裂き魔”ではないな」

 ホワイトボード一面に貼り付けられた資料を眺めていた長ヶ部警部の重々しい一言は、静かであったが人が寿司詰めになった室内に響き渡った。
 今の今まで凶器の違いや、犯行時刻の関連性を議論し合っていた部下達は互いに視線を交わし合った。

 長ヶ部警部だけが、”切り裂き魔”と唯一相対し、凶刃に晒されて、なお生き残り、復職を果たした人間に他ならない。

 殺し屋専門の殺し屋、

もっとみる
ありがとうございます! バックナンバーもよろしくお願いします