ダイハードテイルズ出版局活動月報

148
記事

<Colour...

ダイハードテイルズ立ち上げから2年(3年?)、さらに子供が増えたことなどもあり、めちゃくちゃ忙しかったが、ようやく学びの時間が取れるように。今までずっと感覚的にやってきた色彩デザイン関係の部分を、ちゃんとまとめて学びたいと思ったので、とりあえず色彩検定の2級、できれば1級まで取るために、テキストなどを買うことにした(問題集がやたら出ているのでおすすめがある方はぜひ教えてください)。ゼロからの勉強だ

もっとみる
🍣🍣🍣キャバァーン!
38

すっごいシュレッダー

バンクシーの額縁入りの絵がオークションにかけられ、いざ1億5千万円の落札のハンマー鳴り響くや、額縁にあらかじめ仕込まれていたシュレッダーが作動し、絵はズタズタに……。一体だれが! バンクシー本人がやったのだ! 本人が動画をアップしているぞ!

漫画かよ!!! 

これどうやったんですかね、本人がオークション会場に参加者として来ていて、リモコンで作動させたんでしょうか……? 

神出鬼没のバンクシー

もっとみる
🍣🍣🍣キャバァーン!
53

ニコラスケイジと謎の武器

来月日本でも公開されるニコラスケイジの最新作「マンディ」が気になるので、観に行こうと思っている。カルト教団に妻をむごたらしく殺されたニコラスケイジが謎武器を持ってカルト教団を殺しにいくだけのムービーのようだ。もう自分の中ではトムクルーズとかキアヌと同じでニコラスケイジが何かしてるだけで面白い枠になっている。Carpenter Brutとかにも近い流れのような気がするんだけどどうなんだろう。映画は基

もっとみる
🍣🍣🍣キャバァーン!
38

【業務日報】代々木8、会員証な

昼過ぎから本兌と幻冬舎へ。オフィスハック第5話やもろもろについて打ち合わせを。オフィスハックは大きな話もいくつか頂いており、実現するといいな、という感じです(ちなみにオフィスハックやニンジャスレイヤーだけでなく、ハーンとかブーブスとかにも、分野や規模はそれぞれ違えど、そういった問い合わせなどを頂いています。経験上、こういった企画の多くは実現しないので、そうした動きがあったことすら発表する機会がない

もっとみる
🍣🍣🍣キャバァーン!
42

活動月報を新マガジンに移行予定です

いつも「ダイハードテイルズ活動月報」を通してダイハードテイルズの活動をサポートしていただき、ありがとうございます。以前の月報でもお伝えしたとおり、この冬から新しいサポーターズマガジン「ダイハードテイルズ・マガジン(仮)」(月額490円)を開始します。ローンチは、早ければ11月頭、遅くとも12月頭を予定しています。それに伴い、今みなさんが読んでいるこのマガジン、つまり従来の「ダイハードテイルズ活動月

もっとみる
🍣🍣🍣キャバァーン!
45

【簡易日報】台風がいなくなったらまた暑くなってしまった。現在作業中の物理書籍原稿のひとつ。これと同時並行でもう1冊、スクリプトを含めるとさらにもういくつか並行作業中です!時が来たらTwitterなどでプレビューされます。こういう日常風景をもう少し月報マガジンに入れていきたい。(杉

🍣🍣🍣キャバァーン!
27

いらすとやさんのイラストが好き

noteのUXデザイナーをやっているfladdictさんがいらすとやさんのイラストを使ったニュースキャスターをプロデュースしており、そのニュースが目にとびこんできた。ついにここまで侵食が・・・。

そのうち日本の商用イラストや公的機関イラストやオリンピックのイラストは8割がたいらすとやさんになるのではないだろうか。いらすとやさんといえば、ダイハードテイルズ内でも「超ラディカルでロックだよね」という

もっとみる
🍣🍣🍣キャバァーン!
114

「王様ランキング」goriemon先生のインタビュー記事がよかった

読み始めた途端に一気に心つかまれた「王様ランキング」、既存の漫画作品の文脈と全く違うところにクリエイティブの遺伝子がある感じで、どんな人が描いているのかとても気になっていた! なので、インタビュー記事が出た時、勇んで読みに行った。

すると、本当に合点がいくプロフィールだった! ジャンル的なものに一切触れない期間が相当長くあった事も納得だった。社会人として長く創作と関係のない仕事をされていたという

もっとみる
🍣🍣🍣キャバァーン!
69

アメトイショップとか好きだった

Smartの村上隆の記事でファッション関係の特集が組まれていたんだけど、これがここ10年〜20年くらいのファッションとポップカルチャーとアートの流れを、当事者視点から端的にわかりやすくまとめてあって面白かった。ちなみにダイハードテイルズはマガジンを標榜しているので、小説だけでなく、類縁カルチャーやムーブメントを隙あらば紹介している。例えば逆噴射聡一郎先生の逆噴射映画祭も、「これ最高に面白いからみん

もっとみる
🍣🍣🍣キャバァーン!
61

いま最もMexicoを感じるマンガ「死都調布」

去年くらい、いつだったか雨の日に、逆噴射聡一郎先生から「リイド社のトーチで・・・・超THUGい漫画をやっているのを見た・・・・。おれはGTAが好きだ。そして真の男の都市であるメキシコも好きだ。GTAの次の舞台はMEXICOになるだろうと考えていたが、これに強力なライバル都市が現れたとゆっても過言ではない。それが・・・・・・調布だ・・・・」といった趣旨の意味不明の電話があり、気になっていたのだが、ど

もっとみる
🍣🍣🍣キャバァーン!
88