逆噴射小説大賞2019:1次&2次審査突破作品

167

まなこの魔女

セヴァストポリの野戦病院の片隅で、砲弾の破片を腹に受けたアレクセイは死につつあった。彼が…

第五背板市

蟻の頭をラッパで撃ち抜いた瞬間、市内に三度目のサイレンが鳴り響いた。一度目は開始を、二度…

仇統のアスタリスク

天にある二十八の沈まぬ明星。その一つ、アルファルドが一際輝く夜に産まれたから、お前の名前…

竜切り華五郎の余生と今後

通り一遍の出会いと別れがあり、二月ばかりの月日が過ぎた。特に変わったことはない。午前7時…

リョコウバト殺すべし

渡り鳥の群れが連れてきたものは、糞の山と疫病と、二十日経っても明けない夜だった。何万何億…

『牧竜』

湾曲した杖を突きつけ羊たちの鼻先から進行方向へ差し向ける。先頭のリーダーを誘導すれば羊た…