逆噴射小説大賞2019:1次&2次審査突破作品

10
記事

海鳴〈いの〉りの祝祭

乾き切って埃っぽい朝未の空気が、頬と髪を撫ぜる。私はふと海鳴りの音を聴いた気がして、顔を...

Into the Cocytus

スフィアの高すぎる天井に対し照明は小さく弱く、主な光源は魚脂を撒いて着けた焚火だった。一...

クビの配達引き受けます

AP。  その言葉が意味するのは、大体二つだ。  一つはアーマー・ピアシング。徹甲弾。  も...

地球人、白ごはん好き?

926E 8B85 906C 8141 9492 82B2 82CD 82F1 8D44 82AB 8148 「これは29日に野辺山電波天文台で...

新約:バベルの塔

「反応来ました! 語群です!」 「面舵いっぱい、絶対に逃すな! 今度こそ釣りあげる!」 ...

死体と操縦

同僚が解体されていた。  流れていく部品を認識した瞬間、全身を過電流が走った。それでも《...

歌を上手に歌うなら。

「このタマゴにな、毎日お前の歌を聞かせてやれ。同じ曲はダメだ。毎日違う曲だぞ。手ェ抜いた...

方舟と根絶やしザメ

ギルガメシュとエンキドゥはそれはそれは広い船の甲板を歩いていた。周りには陸地さながらに石...

グッバイ・ペーパーカンパニー

同じ業種にいる人間は一目でそれと嗅ぎ分けることができる。パッキングされた新聞片を素早く捲...

アルフォンス・ミュシャ:死季

これがミュシャか――暗殺者はそう思った。ひび割れたような肌の深い皺に、柳の枝を思わせる長...