見出し画像

S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#7

総合目次 全セクション版
分割版:◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 
◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10

6 ←


「サウンドスティング=サン!?」クロスファイアは驚愕した。ニンジャスレイヤー!? 坑道から……?「サウンドスティング=サン……馬鹿野郎が」クロスファイアは舌打ちし、ガンスピンの中から牽制的に銃を連射した。BLAMBLAMBLAMBLAM! ニンジャスレイヤーは左右に躱しながらツカツカと近づく!

 BLAMBLAMBLAM!(ここだ!)BLAMN! 湾曲軌道弾を混ぜ込む!「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーは裏拳を繰り出し、奇襲弾丸を弾き飛ばした。「……貴様の奥の手は、既にわかっているぞ」接近しながら、ニンジャスレイヤーはジゴクめいて呟いた。

「こ……これは……」傷つき、片膝をついてその光景を見守るサブジュゲイターは、10年以上前の個人的記憶に基づき、畏怖を覚えた。「成る程、すなわちニンジャスレイヤーというわけですか……!」「イヤーッ!」クロスファイアは馬上から後ろへ回転跳躍! 銃撃! BLAMBLAMBLAM!

「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーは加速し、ジグザグに接近した。しかしそこへネザーメアが体当たりをかけた!「ブルルルルッ!」「イヤーッ!」「アバーッ!」ネザーメアの巨体が宙に跳ね上がった。その下には脚をひらいて中腰姿勢となり、真上に拳を突き上げたニンジャスレイヤーがいた!

「ここまでか」クルクルと空中を回転し、己のネザーメアが崩壊しながら死にゆくさまを見ながら、クロスファイアは呟いた。直後、その瞼がぴくりと動いた。「……いや、違うな」空を覆う毒々しい色彩の雲が、その確信の源だった。有毒の雨がバサバサと振り始めた。ナウジアのジツだ。

「ハンニャー……ハンニャー……!」ナムサン! クロスファイアの背後方向から、馬上のナウジアが走りくる。BLAM! BLAM! BLAM! クロスファイアは銃撃を絶やさず、彼めがけ全力疾走した。ニンジャスレイヤーは背中を焼かれながら彼を追う。「グワーッ!」サブジュゲイターは逃げられず目鼻から出血!

「イヤッ! イヤーッ!」連続バック転で逃走をはかるクロスファイア!「そこのお仲間に構わず追ってみるか? 毒の雨で必ず死ぬだろうよ! イヤーッ!」挑発と共に、ひときわ高く長距離のバックフリップ! ニンジャスレイヤーは圧倒的スプリントで追いすがる……「イイイイヤアアーッ!」

この続きをみるには

この続き:5,713文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。 【TRPGプレイヤーの方へ】2019年12月からTRPGサプリのソウルワイヤード・マガジンが独立しました。PLUSでも基本ルールブックと最低限のプラグインにアクセスできます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUS...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
25
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。