【ラグナロク・オブ・ピザ・タキ】
見出し画像

【ラグナロク・オブ・ピザ・タキ】

ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズ

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ




これまでのあらすじ

暗黒メガコーポ、カタナ・オブ・リバプール社のジアゲ行為をうけて破壊されたキタノ・スクエアビル。1階に店舗、地下4階に油断ならぬ情報屋を営業していたピザタキは、これにより手酷い被害を受けた。しかし駆けつけたニンジャスレイヤーの反撃によってカタナ・オブ・リバプールのあこぎなジアゲ行為は打ち破られ、詐欺的な契約書は焼き捨てられて、賠償金と改装費用を勝ち取るに至ったのである――。

「キタノ・アンダーグラウンド」より



【ラグナロク・オブ・ピザ・タキ】


1

 キタノ・スクエア。

 ……に、ほど近い、路地裏の廃雑居ビルの八階。そこに現在、ピザタキの緊急移転アジトがあった。

 凄惨なるヤクザ火炎放射騒ぎから、日にちはそう経っていない。あの時の攻撃をどうにか免れたアジトのUNIXデッキやファイアウォール群は、急遽この場所に運び込まれて、冷却ファンの重低音を鳴らし、緑や紫のUNIXライトを光らせていた。

 地下四階から地上八階への華麗なる上昇にもかかわらず、タキの仕事場は以前とかわらぬ闇の中だ。窓のシャッターはハメ殺しになっており、隠し部屋めいている。

 蛍光ライトの照り返しに、不健康な横顔が浮かび上がる。タキは目をすがめ、高速タイピングを継続する。

『ホーウ、ホーウ、ウーン、ウウーン……』

 ヘッドホンからはオイラン・カーウォッシュの喘ぎ声が音漏れし、タキのタイピングは反復の中で高揚してゆく。その一方で、半開きの目はどんよりと曇り、口元は緩んでいた。高速入力されるスケベ・コマンドに、カーウォッシュ・オイランが電子的に反応する。

『ホーウ、ホーウ、ウーン、ウウーン……カミーン、カミンカミーン!』

『タキ=サン!』

「ウオオオッ!?」

 ヘッドホンに割り込んできた大ボリュームの音声にタキは飛び上がった。オイラン・カーウォッシュ映像にメッセージボックスが被さっていた。コトブキだ。

『今、ダイジョブですか!』

「ダ……ダメだ!」

『例のブツがロールアウトしました! 引受け人のハンコが必要ですよ!』

「畜生、いちいち下まで降りるのも面倒くせえンだ。代理でやっとけよ……!」

『そういうわけにもいきません!』

「まったくしょうがねえな」

 タキはUNIXデッキをサスペンドし、椅子から立ち上がった。黒塗りのコンテナは天井近くまで積み上がって、凄まじいありさまだ。ただでさえタキは自身のUNIXアジトを整頓するつもりがない男であるが、仮住まいともなれば、もはやその気はゼロだった。

 異様に開閉間隔の早いエレベーターに乗り込み、ガタガタ揺れる降下に顔をしかめる。エレベーターは一人か二人が限度の広さで、いつワイヤーが切れて落下するともしれないシロモノだ。タキが見つけた間に合わせ物件だ。伊達ではなかった。

 ブルゾンの前を締めて外に出れば、この日もネオサイタマの空は灰色で、涙をこらえる債務者のようにしみったれている。鉄骨と鉄骨がぶつかり合う響き、クレーン車の稼働音、ドリルの騒音が湿った空気に木霊し、広場では今日も今日とて、ドラム缶で焚き火する路上生活者や、地面にゴザを敷いて似顔絵や詩集や古着を販売する者たちがしめやかに営んでいた。タンブルウィードじみて、丸まった紙屑が風に転げていった。

 ゴーン。ゴーン。カゴーン。クレーン音の源は他でもないキタノ・スクエアビルだ。なにしろミサイルだか火炎放射器だかで攻撃を受けてメタクソになってしまったのだから、修復しない事には、危なっかしくて仕事場には使えない。「改装工事中」の保護シートで覆われた物件の横を通る時、タキはスンスンと鼻を啜った。

 改装工事の費用は全額、KOLカタナ・オブ・リバプール持ちだ。強引なジアゲを巡る陰謀が明るみに出ればKOL極東支社の株価は大きな打撃を受ける。結局、ニンジャによる住民殺戮を含む直接的非道行為に出たKOLの陰謀は頓挫し、タキは集めた情報を盾にしてKOLをゆする事に成功した。そして改装費をせしめたのである。ザマを見ろといった所だ。

「タキ=サン! こっちだぜ! こっち!」

 ザックの声がした。そちらを見ると、ザックが駐車場の金網にしがみついて揺さぶっている。タキは呆れた。

「お前、落ち着きなさ過ぎるぜ」

「落ち着いていられるかよ! めちゃくちゃカッコいいぜ、見てくれよ!」

「ンアア……」

 タキは目を眇めて駐車場敷地を見た。確かにそこには黄色く塗られたタフな装甲ワゴンが鎮座していた。運転席のドアが開き、コトブキが降りてきて手を振った。ワゴンの傍にはディーラーのサトが立っている。タキはゲートを通過し、そこへ向かった。

「マジでマッスルなワゴンだと思わねえかタキ=サン? すげえだろ?」

 ザックがタキの横にやってきて興奮した。

「ンンー……」タキはピザ・ワゴンを見た。ホールのピザを擬人化したキャラクターが笑顔でクォーターピザを食べている福々しい絵と、「ピザタキ」のカタカナが車体側面にペイントされている。

「コトブキ姉ちゃんが描いたんだぜ! ガレージに何度か足を運んでさ」

「そんな事やってたのかよ」タキは渋々感心した。「アイツ、ヘンに器用なとこあるからな……」

「タキ=サン、ハンコをお願いします!」

 そのコトブキが彼らのもとに駆け寄ってきて、契約書のマキモノを差し出した。ネオサイタマはハンコ社会なのだ。

「契約書を速読スキャンしましたが、詐欺的条件は見当たりませんでした!」

 コトブキが請け合った。目の前でそのやり取りを見ているサトは少し困惑した苦笑いを浮かべた。タキは契約書を車体に押し当て、ハンコに息を吐き、捺印した。

「後は支払いを頼むよタキ=サン」サトは促した。

「おう」タキはその場で携帯端末を取り出し、オムロを振り込んだ。キャバアーン!

「マイドオオキニ」サトは頭を下げた。「金額は、かなり勉強させてもらったんだからネ」

「当たり前だろ。競馬の負けをどンだけ肩代わりしてやってると思ってンだ。一括払いのありがたみを噛み締めろや」

「エヘヘ……持ちつ持たれつってことで……」「そういうこッたぜ」

 タキは腕組みして、サトが去る背中を見送った。サトには恩を着せてだいぶ値引きさせた一方で、カタナ・オブ・リバプールには車輌代金満額で賠償金の請求額提示をし、了承させた。差額はポケットに入れる。

 店舗改装、休業補償、小遣い稼ぎ。これぐらいがギリギリの線だろう。タキは引き際も心得ていた。調子に乗って過剰に搾り取ろうとすれば、KOLとて海千山千の暗黒メガコーポ。態度を臨戦態勢モードに変えてくる筈だ。一線を越えた挙げ句に99マイルズ・ベイで「対処、そののち、処理」される運命はごめんだ。

「これでピザ屋を営業再開できるよな!」ザックが喜んだ。「カタナの奴らにビルがあんなふうにされちまって、結構ヒマしてたしさあ! 俺、働くぜ!」

「あのな。こんなモンに熱くなってんじゃねえぞ」タキは顔をしかめた。「オレの店は情報屋がメインで、ピザなんてのは遊びよ、遊び」

「そんな事はありませんよ!」コトブキが異論を述べた。「ピザを提供し、地域の皆を笑顔にするんです。ピザタキはキタノスクエアのコミュニティ・スペースの側面があるのですから」

「むう」

 タキはコトブキの邪気のない笑顔に気圧された。コトブキは畳み掛けるように、プレゼンテーションのプリントアウト冊子をタキに見せた。

「このピザ・ワゴンにはオーブン設備もそなわっているんですよ! それにより、ピザを焼くことができるんです。いろんなピザ・メニューも考えました。小麦粉を使ってピザ生地を作って……」

「俺と姉ちゃんで色々企画したんだぜ。オペレーションはバッチリだ」

「オ……オイやめろ! こンなのはピザ屋がやる事だぞ」

 タキはサンプル写真を見て青ざめた。

「もう一回言うが、ピザなんてのは遊びだ! 店舗のねえピザワゴンなんざ、はなからお前が言うコミュニティスペースだか何だかにはなりゃしねえだろ? それに、こんなにキアイ入れたら、本業に支障が出ちまうだろうが! オレが地上に店舗を構えてンのは、色々と……とにかく、やめろやめろ!」

「……」「……」

 コトブキとザックはなんともいえない寂しく悲しげな表情で、互いに顔を見合わせた。タキは目をそらし、咳払いした。

「……まあ、オレは助けねえッて事。やるなら勝手にやれ」

「アリガトゴザイマス!」

「姉ちゃん、こんな夢も希望もないオッサンは見返してやろうぜ! 業績の説得力でよォ!」

「はい、もちろんです!」

「何がもちろんだコラ!」


◆◆◆


 本格ピザチェーン「ピザスキ」の本社会議室は四方にカドマツが立てられ、神棚には営業成績祈願のオフダが飾られている。ランチミーティング出席者には黒漆塗りの重箱が振る舞われていた。重箱の中に収められているのは、ぎっしりと敷き詰められたコメと、ステーキ・カツだ。

 ステーキ・カツは高い栄養価と旨味を誇る専門店「タワフク」からのデリバリー・メニューだ。タワフクは人気店であり、昼夜を問わず行列ができるほどだ。しかしステーキ・カツを食べるランチミーティング出席者の表情は暗く、硬かった。

 なぜならば、ここでの「テキ」とは敵であり、「カツ」とは勝つである。「敵に勝つ」……士気高揚を企図した呪術的なランチだ。カミザにはグルヤマが腕組みして座り、目を血走らせ、太い腕でシャツははち切れんばかり。彼の手元には重箱が三重に積まれていた。

 他の出席サラリマンは針のむしろであった。特に、オクダ課長である。「と、いうわけでですね……エット……」オクダ課長が手元のリモコンを操作すると、会議テーブル中央に立体映像が投射された。問題のキタノスクエア地域の立体地図である。オクダ課長は手元資料を見ながら震え声で報告した。

「例のピザタキに関してですが……カタナ・オブ・リバプール社との間で何らかのトラブルが発生したようでして……店舗ビルディングが灰燼に帰したということで」

「何ぃ……?」

 グルヤマ本部長がこめかみに血管を浮かび上がらせた。オクダ課長がツバを飲み、報告を続けた。

「つ、つまり結果オーライ的に、問題解決といいますか……連絡が取れなくなっている調査員二名に関しては、引き続き……」

「気に入らなァい」

 グルヤマ本部長がドスの利いた声を発した。

「何故カタナ・オブ・リバプールが我らのライバル店舗を攻撃した流れになっとるンだ? ウチの至らぬ営業社員はどこへ行った。野垂れ死んだか? それでは道理が通らん……俺の青竜刀は……血に飢えておる!」

「アイエッ!」

「そもそも貴様……たまたま転がり込んだライバル店損壊のおこぼれに預かってこれ幸いと喜ぶ、それがピザスキ魂か!? 実力でブチのめしファックして利益を奪い取れんのか! 腰抜けめが!」

「アイエエエエ! 申し訳ございません!」オクダ課長が失禁ドゲザした。「と、とにかく、ピザタキは焼失しましたから、全身全霊、キタノスクエア地域での出店を推し進め、必ずや地域一番の営業成績たらしめます! どうか! どうか……!」

 その時である。オクダ課長の携帯端末が鳴った。彼はグルヤマや他の社員の視線を受けながら端末に応答した。

「モシモシ……何……エ……何だって」

「……」

 グルヤマの獰猛な視線の促しに震えながら、オクダ課長は報告した。

「キ……キタノスクエアビル改修工事が始まり……その……ピザタキは仮設店舗で営業を再開……していると」

「どういう事だ」

 グルヤマ本部長は尋ねた。オクダ課長はいやいやをするように首を振った。

「わ、わかりません……」

「……潰せ」グルヤマ本部長は青竜刀をオクダ課長の首に当て、冷たく言った。「他の報告は要らん」

「し、しかしピザスキは現在まだあの地域での具体的な出店準備には着手しておらず……」

「他の、報告は、要らん」

「最善を尽くします! 今すぐに!」

 オクダ課長は即座にドゲザした。

「ハ、ハイヨロコンデー!」

 カカリチョは上司の言外の指示を察知し、深くオジギして、会議室を飛び出した。


◆◆◆

 

 ダンモン・ディストリクトの「夢のあと広場」は、その名の通り、総合ショッピング・ビルディング計画が初期段階で中止となり、奇妙なコンクリートの基礎部分が剥き出しで放置された区画が、なし崩し的に地域のスペースになったものである。

 コンクリート基礎の斜面や段差はスケートボードのトリックやパルクールの練習に最適であり、管理する者も居ないため、広場には日夜、スケーターやラッパー、グラフィティ・キッズ、ブレイクダンサー、路上生活者が集まってくる。

 その一画に、数日前から陣取った新参者……それが、黄色いピザワゴン「ピザタキ」であった。

 笑顔のホール・ピザがクォーターピザを食べる福々しいキャラクター「ピザタキくん」のイラストとビタミンカラーのロゴは、グラフィティで埋め尽くされたコンクリートの広場において、新たな色彩として浮かび上がっていた。

 店のスタッフはプエルトリカンの陽気な少年とオレンジ髪の美しいウキヨで、黒板にはイラストメニューがチョークで描かれていた。

「イヨッ!」

 スロープから跳ねて宙返りをキメたスケーターは、ボードから降りるなり、その場に座り込んだ。他の連中が集まってきた。

「オイオイ、どうしたんだよマサル」「もう休憩?」「らしくねえじゃん」

「ヘヘッ……腹が減っちまってさ」

 マサルはジェスチャーした。仲間たちは顔を見合わせた。

「マ?」「朝、食ってこなかったワケ?」「大事だぜ」

「そうなんだよな」マサルは考え込んだ。「今朝、彼女と揉めちまってさ。メシも食ってられなかったよ」

「今すぐ栄養補給したほうがいいぜ。俺の納豆バー食うか?」

「納豆バーはちょっとな……」

 煮え切らない空気が流れた。その時、ひとりが指差した……ピザワゴンを。

「アレにしてみたら?」「何アレ?」「ピザ?」

「初めて見たからさ。ちょっと気にならねえか?」

「行こうぜ。俺も注文するから」「しょうがねえな……」

 マサルは重い腰を上げ、仲間たちとともにピザワゴンに向かった。

「イラッシャイマセ!」

 車内のオイランドロイド店員が眩しい笑顔で応じた。名札には「コトブキ」とある。自我のあるウキヨなのだ。スケーターたちは驚き、戸惑った。ウキヨの隣の少年が身を乗り出した。名札には「ザック」とある。

「ピザタキにようこそ。テイクアウト専門の本格ピザ屋だぜ」

「本格ピザ、マ?」「何があるの?」「値段は?」

「そこの黒板によォ、一覧が書いてあッから。好きなの頼んでくれよな」

 ザックは指差した。

「こいつは、してやられたぜ」「マルゲリータにしよう。一番安いし」「俺はネオサイタマ・スタイルN.S.Sだな」「じゃあ俺はツナ」

「OK! ちょっと待っててくれよな」

 ザックは作りおきのピザ生地にピザソースを塗り、チーズをふりかけ、トッピングを並べていく。コトブキがピザピール(ピザ用のヘラ)でそれを取り、車内に据え付けられた窯に入れた。スケーターたちは訝しんだ。

「今から焼くのかよ?」「俺ら腹ペコなんだけど」

「焼成時間は90秒くらいです。窯は早朝から火を入れて温めてあるので、すぐに焼けるんです」

 彼女は自身に確認するように呟いた。

「意外と早ええだろ?」

 ザックは得意げにスケーターを見た。やがて、コトブキは正確無比な体内時計によって窯からピザを引き揚げた。ザックは次々に焼けるピザを注意深く受け取り、クレープめいてツイストし、紙で包んで、スケーターに渡した。

「こうすりゃテイクアウトでも片手で食べられンだろ? ヤマザキ・シティの屋台では、こうやって売られてたもんさ」

「クール」「クール」

 スケーター達はピザを受け取り、片手で食べながらスケートボードを再開した。

「イヨッ!」

 マサルは早速、鮮やかな三回宙返りをキメた。仲間たちは拍手し、ハイタッチした。

「早速カロリーのパワーがキマったじゃねえの!」「それでこそマサルだよな!」「ピザタキ、やるじゃねえの!」

 彼らの様子を横目で見ていたのは、ベンチに座ってタバコを手にぼんやりと休憩していた営業サラリマンだった。虚ろな目を動かし、目に眩しいピザワゴンに焦点を定めると、フラフラと歩いていった。

「ハイ、イラッシャイ!」

「エート……じゃあ……レッド・ホット・チリ・ピザを」

「辛いけど平気かよ?」

「エ? た、多分……脳が疲れてるから、キックしたくて……」

「返金受け付けねえからな?」

 ザックは言いながら手早くトッピング作業を済ませた。すぐにコトブキがピザピールですくい取り、窯に入れた。ザックにサラリマンが素子を渡しているうちにピザが焼き上がった。ザックはクルリと巻いて紙で包み、サラリマンに渡した。

「オマチ!」

 サラリマンは溜息をついて、振り返る。いつの間にか彼の後ろに何人かの客が並んでいた。サラリマンはレッド・ホット・チリ・ピザを咀嚼し、目を剥いた。

「ンンーッ!」

 サラリマンは汗を滲ませ、ネクタイを緩めた。むき出しになった首元から熱気を吹き上げながら、彼は別人めいて背筋を伸ばし、腕時計で時間確認すると、大股で広場を出ていった。仕事が始まるのだ。

 並んでいた客たちはサラリマンの背中を眺め、期待に胸膨らませた。

「私はマルゲリータを!」「N.S.Sを二つ!」

「アイヨ! ヘイオマチ!」

 素早く対応するザック! 焼くコトブキ! 二人はビジネスの手応えに表情を輝かせた。

「今日は、とてもいい滑り出しですね!」

「俺たち、ちゃんと準備してきたからな! 収支報告で絶対タキ=サンをビビらせてやろうぜ!」


◆◆◆


 ……そのさまを、広場の隅からスコープで確認している者達が居た。

 野球帽と合成革ジャンパーで地元の人間風に装った二人組だが、油断なき企業戦士が見れば、それが実際暗黒メガコーポのエージェントであることが明らかである筈だ。彼らはピザスキの社員であり……グルヤマ本部長の命令を受け、謎のピザワゴン「ピザタキ」の実態調査に乗り出した者達であった。

「これは想像以上」「油断ならんぞ」

 二人組はボソボソと会話をかわし、やがて、携帯端末に報告文書を入力し始めた。

「……」

 一人が背後に気配を感じ、振り返って、息を呑んだ。

「アイエッ!?」

 そこに立っていたのはソフト帽を被った黒コート姿の男だった。サイバネ鉄仮面の眼光がギラリと輝いた。エージェントの肩に手を置き、圧をかけると、エージェントは痙攣しながら失禁した。

「ピザスキの手の者だな、お前ら」

「貴様……!?」

 エージェントもうひとりは懐に手を入れ、サイレンサー銃を構えようとした。サイバネ鉄仮面の男は素早くその手を押さえ、封じ込めた。

「まあ落ち着け。俺はお前らの身内だ……」

「何だと?」

「少しケガをしたんだ。俺の復帰は社内データベースでまだ共有されていないが……」

 キュイキュイイ。男が自身のこめかみに触れると、サイバネ鉄仮面が微細なモーター音をひびかせた。

「ア……まさか……お前」「行方不明の……!」

「そのまさかだ」

 彼は銃から手を離し、懐からクリア・メタルの社員証を取り出した。ピザスキ社、特殊営業課。ディーン・ノミタケ。

「俺はクソ会社の身勝手な命令でジゴクを見た。そしてジゴクから帰ってきた。昔の俺は、もういない」

 ディーンは鉄仮面の奥の目を青く光らせた。

「いいか。ピザタキをナメるな。奴らは……危険だ」

 恐怖するエージェント二人の頭を掴み、ピザワゴンを凝視させる。平和にピザを売るスタッフを。

 既にイクサの火蓋が切って落とされている事を、ピザタキのスタッフは、まだ知らない。


2

この続きをみるには

この続き: 48,710文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤー」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2010…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズ
ダイハードテイルズはニンジャスレイヤーなどを連載するオンライン・パルプノベルマガジンでありクリエイターユニットです。