シャード・オブ・マッポーカリプス(82):人造マスコットバイオ生物「ケモチャン」
見出し画像

シャード・オブ・マッポーカリプス(82):人造マスコットバイオ生物「ケモチャン」

◇総合目次  ◇はじめて購読した方へ


「ケモビール」「うわッ」コケシマートから自宅に向かって、鼻歌を歌いながら歩いていたエーリアスは、路地裏からぬっと現れた奇妙な動物を見て驚き、思わずビニール袋を取り落とした。

「なッ、何だこいつ」エーリアスは軽く身構えた。その動物の大きさは牛ほどで、獅子のような頭と体、アルカイックな眼差しを持つ優しげな顔、猛禽類を思わせる翼、そして蛇のような尻尾を持っていた。


生ケモチャン

ケモ動物(ケモチャン)とは、「ケモビール」のラベルに描かれたキメラ動物じみたマスコットキャラクターであり、獅子じみた頭と体、大きな翼、蛇の尻尾、神秘的な顔つきなどを持っている。この製品プロモーションのためだけに血肉を持つ存在として生み出され、ネオサイタマ市街へと放たれたのが、人造バイオマスコット生物としての「生ケモチャン」たちである。


この続きをみるには

この続き: 3,201文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤー」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2010…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
「ニンジャスレイヤー」(https://twitter.com/NJSLYR)などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。