見出し画像

S3第6話【エスケープ・フロム・ホンノウジ】分割版 #1

◇総合目次 ◇全セクション版 ◇初めて購読した方へ 
◇1 ◇2


1

 空は赤い。廃墟の一角、トム・ダイスは岩のような背中をまるめ、木の枝をナイフで削る作業に没頭していた。もともとあまり喋らない男ではあったが、昼に周囲を偵察してきたフィルギアが、「俺らの後をついて来ている奴が居るようだ」と伝えてから、ますます言葉数が少なくなった。

 トムの要請で当初の進路を外れ、ヨークトンに近いゴーストタウンで夜を待つ事になった。「そろそろ教えてくれよ」フィルギアは血抜きしたカラテラビット肉を投げ、問いかけた。「何かピンと来た事があるのかい……」「ああ、そうだ」トムは頷いた。「ここで待つ」「ついてきてる奴を?」「そうだ」

「誰だ? その話、初耳なんだけど」フィルギアは口を尖らせた。「俺達、信頼関係を築いたと思わない……?」「必要充分の信頼はな」トムはフィルギアを見て、すげなく言った。「……まあいいや」フィルギアは背中を向けて寝転がった。やがてトムが言った。

「"俺たち" は、ホンノウジから脱出してきた」


ニンジャスレイヤー:エイジ・オブ・マッポーカリプス

シーズン3第6話【エスケープ・フロム・ホンノウジ】


 少なくとも、シャワーの水は文明社会と変わらない。止まりがちで、湯になったり水になったりイマイチだが。トム・ダイスは念入りに髪を洗う。彼の肉体はローマ彫刻めいて屈強であり、無数の古傷、新しい傷が刻まれている。彼は自分の脇腹から腰にかけてを手で確かめ、溜息をついた。……大丈夫だ。

 これは毎日のルーチンになっている。黒帯が生じていない、という事は、カラテ汚染されていないという証だ。出撃前、ヌーテックに「潜入者たち自身がカラテ汚染される危険性はないのか?」と質問したが、「100%ない」とだけ答えられた。それはヌーテックでは「未確認」を意味する。

 この狂った土地にいて、ある日突然黒帯が生じて、ニンジャになる……それは果たして、どんな事態なのか。ニンジャといっても、まず間違いなく、クレイグ隊長のような英雄的な存在とは程遠い筈だ。忌まわしいカラテビーストのように、邪悪な人外の存在となるのではないか。

 クレイグ隊長はトムの所属する強行偵察隊で、唯一人のニンジャである。彼は10年前、燃え盛る鉱山街の調査任務で市民を救出し、唯一人生還を果たした真の英雄だ。ヌーテックの作戦名は「オペレイション・ファイアストーム」。だから、クレイグ隊長のニンジャとしての名は、ファイアストームだ。

 シャワーを浴び終えたトムが部屋に戻ると、偵察隊の奴らは半分寝ぼけたツラでトランプに興じていた。「黒帯生えたかよ、トム?」ホルヘがからかった。トムは首を振った。「いや、大丈夫だ」「気にし過ぎなんだ、お前は」隅でプランクをしているのはジェフ。ハッカーだが筋骨隆々の男だ。

「ンンン!」ジェフと向かい合ってプランク時間を競っているアフリカ系の女はアシュリー・ウェスト。アルカナム社から参加している。彼女とヒロ・イイダ博士だけがアルカナムの人間で、他は皆、ヌーテックに所属する兵士だ。アシュリーはヒロ博士の護衛が主任務で……ヒロが、この作戦の要だ。

「アアア! ダメだ」レザが嘆き、カードを頭上に撒いた。ブレインは頭を掻いた。「ま、また勝った。なんかピンとキちまう」痩せてヒョロ長く、落ち窪んだ目で、いかにも弱そうだが、奇妙な勘の鋭さがあった。それこそ隊長以上に。「だから止めようって言ったんだよ」ホルヘもうんざりしてカードを伏せた。

 ジェフのプランクが潰れた。「バケモノめ」「お前が、なってない」アシュリーは言った。「……」「ハァ……」「ハァ」彼らは誰ともなく溜息をついた。何度もループしたやり取りだった。「いつだ。お前の勘で、わからねえか」ホルヘがブレインを見た。「え、そ、そんな、急に……そろそろじゃない?」

 その2秒後、階段を上がってくる音が聞こえたので、ある者は顔をしかめ、ある者は苦笑した。ドアが開き、クレイグ隊長が顔を見せた。「時間だ、お前たち」灰色の髪を肩まで伸ばし、短い顎髭を生やして、哀しげな青い目の持ち主だ。右目は包帯で覆われている。先日の負傷だ。視力は失っていない。

「すまんね、君達。待たせた」彼の後ろから顔をのぞかせたのが、ヒロ・イイダ。小柄で丸顔の、アルカナム科学者である。「だが非常に大きな収穫があった。」「つまり、時間だ。すぐに行く」「留守番はレザです」ホルヘが指差した。レザは寝ぼけ眼で手を挙げた。「負けちまったんで」「よし」

 彼らは数十秒で支度を整え、階段を降りていった。一階の喧騒が出迎える。屋号は「だのや」。ドンブリ食堂の二階を、強行偵察隊はアジトに使っていた。「おやおや。どうしたよ。大所帯で」鉄鍋を振るいながら、おやじが欠けた歯を見せて笑いかけた。隊長は頷いた。「いよいよでな」「ははあ。いよいよか」

「アレ! よそ行きかい」レジ作業を終えたおやじの息子が、前掛けで手を拭きながら彼らを見た。おやじが隊長に近づき、耳打ちした。(……無事で帰ってきてくれねえと。俺もセガレも、賭けてんだ。アンタ達によ。こんな国はもう……)隊長は無言で、再び頷いた。

 アジト提供の彼らへの見返りは、UCA帰還の際、彼らを共に連れて行く事だ。ネザーキョウにうんざりする気持ちにトムは100%共感する。偵察隊はモミジ色の布を身にまとい、ボンズ団を装った。フードを目深に被り、合掌しながら歩けば、実際ありがたい。おやじが小走りに戸を開き、彼らを外へ送り出した。

 彼らの前に広がる世界は、ギラついた太陽、枯れた真鍮色の街並み、埃っぽくだだっ広い道、肋の浮いたイヌ、ひび割れた塀によりかかって座り込み、彼らをじっと見つめる物乞い……そしてあちこちにそびえ立つ黒い五重塔の威容であった。旧エドモントン……ネザーキョウ首都ホンノウジ。弱肉強食の都。

この続きをみるには

この続き: 3,112文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。 【TRPGプレイヤーの方へ】2019年12月からTRPGサプリのソウルワイヤード・マガジンが独立しました。PLUSでも基本ルールブックと最低限のプラグインにアクセスできます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
24
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。

こちらでもピックアップされています

ニンジャスレイヤープラス
ニンジャスレイヤープラス
  • ¥490 / 月

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります!