ニンジャスレイヤーTRPGロールプレイガイド(1):「アイエエエエ!」について
見出し画像

ニンジャスレイヤーTRPGロールプレイガイド(1):「アイエエエエ!」について

<<<ニンジャスレイヤーTRPG総合目次へ

この記事シリーズは、ニンジャスレイヤーTRPGの中でも特に「キャラクターのロールプレイ」について焦点を当てたプレイガイドです。

「手っ取り早くネオサイタマ市民らしいロールプレイをしたい!」「あの有名なネットミームを自分のニンジャに今すぐ叫ばせたい!」という人に向け、原作小説の様々な言語セットについて解説していきます。第1回目は「アイエエエエ!」についてです。

TIPS:この記事シリーズは「これらのガイドを全部読んで正しい作法を知るまではロールプレイできない」といった堅苦しいものではなく、「花火大会に行ったんだからタマヤ!と叫びたい」というような、初めての人に興味を持ってもらい、また精神的な敷居を下げるためのカジュアルなガイドです。一方で、より深い知見を得たいコアなプレイヤーにも対応しています。ですから、もしあなたがニンジャマスターで「プレイヤーがネオサイタマ市民になって遊ぶことに興味を抱いている」「ゲームに誘う上でこれらのロールプレイが強い魅力になる」と思うのであれば、これらの内容をシェアしてみてください。逆にそれが敷居を感じさせる原因になりそうならば、あえて伝えないほうがいいでしょう。そもそも「原作のアトモスフィアに忠実にプレイする」のはこのゲームで可能なプレイスタイルの1つに過ぎませんので、プレイグループのニーズに合わせて、自由にゲームを楽しんでください!


画像3

「アイエエエ!」

それはネオサイタマの各地で耳にできる、最もポピュラーな悲鳴です。英語の「AIEEEEE!」に由来しています。原作未読の人の中には「ニンジャスレイヤーといえばアイエエエでしょ」と思っている人が一定数いますが、実はそれほど使用頻度は高くなく、登場するニンジャが皆このように叫んでいるわけでもないのです。

バリエーション:「アイエーエエエエエ!」、「アイエッ!?」(驚きのニュアンスが込められている)など



最上級の情けない悲鳴である
「アイエエエエ!」はその字面通り、冷静さを失った者があげる、最上級の強さの「情けない」悲鳴です。時には、失禁や気絶を伴うこともあるでしょう。公衆の面前で取り乱し、このような悲鳴をあげた者は、後で深く恥じ入ることになるでしょう。仮に、組織のボスなどがこの悲鳴を上げた場合、周囲の者や部下から見下され、その資質を疑われることにもつながります。

この続きをみるには

この続き: 2,662文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
203X年のネオサイタマを舞台に「ソウカイヤ」「ザイバツ」「アマクダリ」の三大ニンジャ勢力がしのぎを削る「AoSセッティング」も原作者執筆で公式サポートされていくので、設定資料集や読み物としても楽しめます。プレイヤーはソウカイヤだけでなく、様々なニンジャ組織に所属可能となります。

ニンジャスレイヤーの世界を舞台とした、サイバーパンク・ニンジャアクションTRPG「エイジ・オブ・ソウカイヤ」の公式ルールブックと全サプリメ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
「ニンジャスレイヤー」(https://twitter.com/NJSLYR)などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。