見出し画像

銀貨の行方(前編)

1

 其処は荘厳で、或いはどこかしら陰鬱で、総じては、静的な停滞の美に満ち溢れていると云わざるを得なかった。其処はさながら古き寺院のようであり、古き城塞の如くもあり、古き廃墟のようでもあった。しかし、其処は紛れも無く灰都ロヅメイグであり、その古き第七図書館の東広間であるのだった。

 底知れぬ書架の迷宮。鉄製の細く美しい階段の群が、其処彼処で地階と二階を繋いでいた。果たしてどれだけの書物が収められているのか、もはや皆目定かならぬ程であった。

この続きをみるには

この続き: 16,906文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

ダーク・ゴシック・ヒロイック・ファンタジ。隻腕の剣士グリンザールと隻眼の吟遊詩人ゼウドが夕暮れの世界で冒険を繰り広げる。 試し読みはこちら…

または、記事単体で購入する

銀貨の行方(前編)

ダイハードテイルズ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
26
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。

こちらでもピックアップされています

灰都ロヅメイグの夜(DHTクラシックス)
灰都ロヅメイグの夜(DHTクラシックス)
  • 17本
  • ¥650

ダーク・ゴシック・ヒロイック・ファンタジ。隻腕の剣士グリンザールと隻眼の吟遊詩人ゼウドが夕暮れの世界で冒険を繰り広げる。 試し読みはこちら: https://diehardtales.com/n/n8215f7ee5535