見出し画像

シャード・オブ・マッポーカリプス(72):夢の超特急ヨロシンカンセンで行く、北米大陸豪華寝台列車の旅

◇総合目次


 ヨロシンカンセン! それは北米大陸を横断し、バンクーバーからニューヨークに至り、折り返してLAに至る壮大なるレールラインだ。かつてこの鉄道が物流の要であった時代もあるが、ポータルが発展した今、それはヨロシサン・インターナショナルの威光の象徴として悠然と走る観光列車である。

 貨物車両4両、Sクラス客室6両、食堂1両、SSクラス客室6両、食堂1両、先頭車両と連なる巨大シンカンセンの利用者は基本的にカチグミであり、客室には寝台が備わっている。荒野を貫き、山脈を貫き、湖を貫き、壮麗なるヨロシンカンセンは誇り高くヨロシサンを逍遥、乗客に安全と満足を提供する!

 ヨロシンカンセンは美しく工学的に理にかなった流線型で、荒野を徘徊する文明消失者達の攻撃など全く問題にしない。自己再生機能、電磁バリア、一般的なキャノン砲も当然備えたヨロシンカンセンの車両は極めて安全であり、危険は全くない。時折出回る闇情報は全てフェイクニュースだと社は主張する。

 マスラダ達の入り込んだ客室はSクラス。寝台はスペースを重視して3段式、6名が利用できる。多少窮屈さは感じるが、机にラップトップUNIXをひろげた作業も可能だ。SSクラスにもなれば、まるでホテルのスイートルームめいた快適さであるという。「思ったほど速くないんだな」ザックは窓に顔をつける。

「観光列車ですからね。もっとも、現状ではこれが唯一の安全なバンクーバー脱出手段という事になってしまいましたが」サガサマはザックの相手をしてやった。マスラダは腕組みしてじっと座り、ヤモトも無言だ。乗務員姿から1930年代をオマージュした服装に着替えたコトブキはネット接続を試みていた。

 - 【ヨロシサン・エクスプレス】より


ヨロシンカンセンとは

この続きをみるには

この続き: 4,254文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。 【TRPGプレイヤーの方へ】2019年12月からTRPGサプリのソウルワイヤード・マガジンが独立しました。PLUSでも基本ルールブックと最低限のプラグインにアクセスできます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
158
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。

こちらでもピックアップされています

ニンジャスレイヤープラス
ニンジャスレイヤープラス
  • ¥490 / 月

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります!