見出し画像

【バトルグラウンド・サツ・バツ】3

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ

2 ←


これはニンジャスレイヤー本編とは異なるスピンオフ小説です。


【バトルグラウンド・サツ・バツ】3


 ぞっとするほど冷たいコンクリートの感触を全身で味わいながら、ソリティアは十数年前の「戦争」を思い出していた。

 電子戦争。あの頃、夜空を見上げれば、ひっきりなしに流星が光の筋を描いていた。それは墜落する人工衛星たちの断末魔だった。光が墜ち、消えゆくさまは、世界の終わりのさまを彼女に強く印象づけた。

 しかし結局、世界は終わらなかった。暗黒メガコーポが手を握り、戦争と磁気嵐が全てを歪め、奇妙な時代が訪れた。電子的・物理的に強制的に鎖国した日本で、湾岸警備隊は無用の長物となっていった。やがてあのハーヴェスターが牙を剥き、アガメムノンのアマクダリ・セクトが現れるまでは。

 廃展望塔のコンクリートの上、ソリティアは横向きに寝転がった姿勢のまま、愛用の大弓を引く。スナイパーがうつ伏せでライフルを撃つように、彼女はこの奇妙な姿勢から、2キロ以上先の獲物を狙っているのだ。

ここから先は

4,561字 / 1画像
この記事のみ ¥ 200
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?