【ヴェルヴェット・ソニック】#9
見出し画像

【ヴェルヴェット・ソニック】#9

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ
◇まとめ読みはこちらから

8 ←


「ふうん。シルバーキーね」サロウは髪をいじった。彼は全周囲にニンジャ第六感の触手を伸ばし、感覚を掴もうとした。頭上の黄金立方体には奇妙な傘がかかっているように感じられる。風と海のにおい、肌に触れる砂の感触から、彼はこの世界の定義を察した。ここはコトダマ空間でも物理世界でもない。

「ここはあンたの庭で……だけど、あンただけの庭じゃない。フフッ」サロウは警戒して数歩下がり、片膝をついて、足元の砂を掬った。微かな01ノイズがこぼれた。「妙だぜ、妙だ。ここは半分、物理の土地と重なってやがるよな。おかしな事してるんだな。変な感じだ」

「ああ。妙な事してる自覚はある」シルバーキーは頷いた。そして促した。「もう少し教えてやってもいいが、まずはアイサツを返したらどうだ。サロウ=サン」「その通り。名前が見えてるなら、省略したってイイじゃないか」「……」「しょうがねえ。俺は、サロウだ」サロウは笑い、アイサツを返した。「ここ、地球のどこだよ?」「アラスカだ。軸足はな」

「ネオサイタマでもないワケね。便利なのか何なのか……いや……」サロウは目を細めてシルバーキーを見定めた。「……あンた、事情があるンだな。成る程、お誂え向きかもしれない。今の俺みたいに、物理肉体がどうにかなっちまって……フフフ……急拵えした……」「察しがいいな。そんな所だ」

「ウケる。これも巡り合わせッてやつかな」サロウはシルバーキーを指差した。「あンた、俺と同じタイプだ。ニューロン全て、細胞全てが今、ビンビンに感じてるぜ。ユメミル・ジツ使いだよな。だろ」「ああ、そうだ」「最ッ高だな! あンたを喰らっちまえば、肉体無しでうまくやる方法も学べるッて事だろ?」

 シルバーキーは銀のローブを翻し、両手をひろげて言った。「……じゃあ、どうする?」「こう、だよ!」サロウは叫んだ。色彩の渦が生じ、シルバーキーを内側から破裂させた。飛び散りながら、シルバーキーだった姿は微笑を残し、銀の砂に、そして輝く煙に、01のノイズに変わって、消えた。それが宣戦布告の合図だった!

この続きをみるには

この続き: 5,195文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤー」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2010…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
「ニンジャスレイヤー」(https://twitter.com/NJSLYR)などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。