見出し画像

プレシーズン4【キタノ・アンダーグラウンド】分割版 #2

ニンジャスレイヤー総合目次 初めて購読した方へ

全セクション版

1 ←


 その日キタノ・ディストリクトの空はスモッグで黄色く、広告音声が歪んで聴こえた。「ファッキング不快な番地ですよね」サラリマンはセンパイ・サラリマンに語りかけた。「見てくださいよ、でっかいドブネズミ!」「よせよ、そういうの指差すのは。ほら、あそこだ、例のピザタキは」「あそこか……」

 彼らはメガ・ピザ・チェーン「ピザスキ」の営業サラリマンである。大資本と効率的経営によってネオサイタマのピザ・シーンを掌握にかかるピザスキは、かつてこのキタノ・ディストリクトに出店を試みたことがある。しかしキタノ支店は敢えなく閉店した。何故か?

 その理由はネザーキョウのタイクーンによる物理的店舗破壊。いわば天災に巻き込まれたようなものだ。しかし彼ら営業サラリマン、ノミタケとチャノ・センパイは真実を知らない。上から聞かされた理由、それは、あの個人経営ピザ店「ピザタキ」に出店妨害をかけられたからだというものだ。

「明智光秀に店舗が破壊された」という報告ではピザスキの本部長は納得しなかった。天災のせいにするのはヤルキが足りないという断定だ。そこで一応の理由が決められた。しかし彼ら営業部隊の兵隊が真相を知っているはずもなかった。「まずは敵情視察だ」「ハイ。実際にピザを食べましょう」

「ウチのピザはチェーン店だから安いし、味もまあまあ飽きないよな」チャノが言った。ノミタケはウンウンと頷いた。「キャンペーンもやってますしね。個人経営のケチくさい店に負ける要素ないでしょ」「どんな対策立てりゃ良いのか……ダンピング、恫喝、まあ、食って考えようぜ」

 彼らはピザタキのドアを開けようとした。……開かない。「休業か?」「中で声が……」ノミタケは扉に耳をつけた。「よせ。怪しまれる」チャノはノミタケを引っ張り、窓に回った。そして外から店内の様子を見ようとして……凍りついた。「アイエッ」「センパイ? アイエッ!」店内に……ゾンビー!?

(アバー)(アバーッ……!)ナムサン! 店内で縦横にうろつく人々! 明らかに正気ではなかった。(アバー)(アバーッ……!)彼らは両手をだらりと垂らし、うめき声を上げながら行き来していた。(アバー)ゾンビーの一体がピザを電子レンジに入れた。「アイエエエ!」ノミタケが尻餅をつき失禁!

この続きをみるには

この続き: 4,239文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。 【TRPGプレイヤーの方へ】2019年12月からTRPGサプリのソウルワイヤード・マガジンが独立しました。PLUSでも基本ルールブックと最低限のプラグインにアクセスできます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
29
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。

こちらでもピックアップされています

ニンジャスレイヤープラス
ニンジャスレイヤープラス
  • ¥490 / 月

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります!