見出し画像

🔥ニンジャスレイヤーTRPG2版プラグイン:ハッカーニンジャ(2022/09/12更新)

<<< TRPG総合目次  <<< コアデータセクション

ルールセクションは公開されたばかりのβ状態です。公式Discord上でのフィードバックなどを反映しながら、頻繁に変更が加えられます。その後も、新規のタツジンスキルが追加されるたびに、バランス調整が行われます。

使い方:これは『ニンジャスレイヤーTRPG2版』の拡張データをまとめたプラグインシリーズのひとつです。プラグインを追加すると、様々な要素の解像度が上がりますが、必須ではありません。使い方は簡単で、コアデータの選択肢にこれらをそのまま追加すれば良いだけです。

あなたはニンジャマスターと相談したうえで、自由にこれらのプラグインルールを選択し、ゲームに反映できます。またニンジャマスターは、これらをNPC専用にとどめおくこともできます。

プラグイン環境のルールはルールブック環境よりも流動的で、頻繁に改定/変更されますので、導入には注意が必要です。プラグインの一部は、将来的にルールブック環境の基本セットに導入されることもあります。


ネオサイタマの情報処理技術用語

ネオサイタマには異常発達したさまざまなコンピューター技術やサイバネティック技術が存在します。ここにはそれらのうち、ゲームシナリオ内で当たり前に使われるような、最も一般的な用語だけをまとめてあります。

UNIX:ネオサイタマにおけるコンピューターおよびその制御システムは、全て「UNIX」と呼ばれる。「パソコン」や「PC」という単語が使われることはほぼない。熱暴走すると容易に爆発してしまう。外見については、大型で不恰好なCRTモニタ型と、スマートで近未来的な液晶一体型のものが混在している。Y2Kカタストロフィを生き残ったUNIXは、(おそらくはエテルに触れたことを原因として)演算速度や通信速度を増している場合が多く、現用である。

Y2Kカタストロフィ:西暦2000年に切り替わった途端、世界中のUNIXがオーバーフローを起こし、連鎖爆発が発生した(日付変更システムにもともと潜んでいたバグが全ての原因である)。それに続き、ポールシフト、フジサン噴火、磁気嵐発生現象などの天変地異が起こった。人類の文明を揺るがす大打撃ではあったが、2030年代の若者たちからすれば、Y2Kなど遠い昔の色褪せた電子神話のようなものであり、それがどれほど悲惨であったかなど、もはや想像もつかないだろう。

補足:この秘密を知る者は極めて少ないが、Y2Kカタストロフィは単なる電子的および人為的な災害ではなく、「オヒガン」と呼ばれる超自然領域とIRCネットワークとの間に、大規模な「傷」あるいは「エテルの風穴」とでも表現すべきオーバーラップポイントが生じたために起こった、複合的な災害であった。

爆発する暗黒メガコーポのサーバー施設と都市。
二度と繰り返してはならないY2Kの惨劇だ。

この続きをみるには

この続き: 19,217文字 / 画像9枚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズ
ダイハードテイルズはニンジャスレイヤーなどを連載するオンライン・パルプノベルマガジンでありクリエイターユニットです。