ハイヌーン・ニンジャ・ノーマッド(中編)

前編

 トゥームストーンは黒い刀を大上段に構え、畳四枚の距離でニンジャスレイヤーを威圧した。ニンジャスレイヤーは臆することなく切り掛かった。ニンジャの速度で。そして弾き返された。鋭い金属音が大通りに鳴り響いた。

 二度、三度、四度。やはりニンジャスレイヤーは弾き返され、逆に蹴りを防御の上から受けて転がり、二連続バック転を決めて斬撃をかわした。

 踏み込めぬ。一見隙だらけのように見えて、攻め入る隙がない。然り。これは墓石の構えと呼ばれる、堅牢なる古イアイドーの業前であった。太陽を背負うトゥームストーンの体は、さながら無敵の黒い塔のように聳え立って見えた。トゥームストーンの発光する白い瞳が、落武者キルジマ・タカユキを睨め下ろす。

「どうした、ニンジャスレイヤー=サン! 掛かってくるがよい!」

 ニンジャスレイヤーは体勢を整え直し、敵を睨んだ。相手はおそらく齢二百を超えるリアルニンジャ。積み重ねたカラテと剣の業前は歴然である。そして、それだけではない。敵の黒い刀はおかしなまでの質量を帯びていた。その側面にはびっしりと呪術的な片仮名が刻まれ、不吉な黒曜石のオブツダンを思わせる威容であった。

 あれは何だ。

 ひと瞬きする間だけ、キルジマの両目が赤く発光した。一瞬、敵の黒剣から立ち上る墨色の煙を察知する。常人の目には見えぬニンジャ気配を。

この続きをみるには

この続き:7,823文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などの読み物やゲームも豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内にある500を超える全ての記事がどれでも読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。またPLUSは、2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります。【TRPGプレイヤーの方へ】PLUSはサプリ&支援雑誌のような位置付けです。記事が一定数たまるとプラグインの買切版が出ます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
64

ニンジャスレイヤープラス

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。