【ヴェルヴェット・ソニック】#10
見出し画像

【ヴェルヴェット・ソニック】#10

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ
◇まとめ読みはこちらから

9 ←


 00101……0011……サロウのコトダマ・アカウントはオモイ・ニンジャの牽引によって紐のようにほつれ、手繰り寄せられつつあった。彼は遠く引き離されつつある銀の浜辺を感じ、オモイ・ニンジャの失望と罵倒のヴァイブスを感じた。力を注いで、甘い言葉をかけて、ネオサイタマまで連れてきて……。

(なんか……01001おかしくないか0100)サロウの残滓は電子的に瞬きした。(0101オモイ・ニンジャが狩人だ何だッてお膳立てして、俺がそれに乗っかった……頑張っただろ。あんなイカレた狩人連中と、俺はパーティープレイして、ユウジョウして。俺がいなきゃ狩りの呪いもかからなかった01001)

 上方に黄金立方体の感覚。だがそこへサロウが近づく事はできない。彼の自我はオモイ・ニンジャに絡め取られているのだ。彼は感じる。見下ろす巨大な影たち。ダークカラテエンパイアの親玉達か。(00101そうだ。俺は……ダークカラテエンパイアだと?畜生め……俺が探していたのは……サツガイ00101)

 牽引の力が強まった。引き寄せる力にはオモイの苛立ちが籠もっていた。『さっさとアタシの中に入りなよ、役立たず。サンズ・リバーを渡れるとでも思ってるのか、ニボシ? 違うよ、アンタの自我はアタシの一部になって、永遠に……』「あンたの一部だと?」『ハン?』「それ、逆でもいいのかな」

『何をバカな……』「大真面目だよ」サロウはオモイ・ニンジャを掴み返した。彼は眼前にいた……ト・キコの。ト・キコが訝しんだ。『ハ? さっきから、何?』「やっぱりだ。お前はお前であってお前じゃない。それなら、お前は俺でもいいはずだ」「やめ……」「イヤーッ!」「グワーッ!?」0100101001

この続きをみるには

この続き: 6,230文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤー」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2010…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
「ニンジャスレイヤー」(https://twitter.com/NJSLYR)などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。