見出し画像

S4第4話【ヴェルヴェット・ソニック】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ

S4第3話 ←


1

 ゴーン。ゴーン。ゴーン。ゴーン。朝の鐘の音がネオサイタマじゅうのテンプルで一斉に打ち鳴らされるなか、マルノウチ・スゴイタカイビル、東西南北のシャチホコ・ガーゴイルに囲まれた屋上では、油断ならぬニンジャの狩人達が、いまだ互いに睨み合っていた。

 狩人マークスリーの狩りは失敗に終わった。

「コンヴァージ=サン、ベルゼブブ=サン、そしてマークスリー=サン。フフ」サロウは指折り数え、弱々しく笑った。「もう三人やられちゃったんだ。パーティープレイでニンジャスレイヤーを共に制圧したメイト達だったのに。……ああ、でも一人増えたか」

 サロウは見た。ウーガダルはフードを目深に被ったまま、手首の数珠をジャッジャッと鳴らしていた。メイヘムは腕組み姿勢で風を受け、ネオサイタマの街を見下ろしている。「覚悟のない雑魚から消えていく。順当にな」彼女は呟いた。「前座が終われば真のイクサだ」「フン」アヴァリスが鼻を鳴らす。

「そこから何が見えるんだい」サロウはメイヘムの横に立ち、吹き上がる風に怯んだ。メイヘムは冷たくサロウを睨んだ。サロウは苦笑いし、中央でアグラする狩人を振り返る。「ねえ、ブラックティアーズ=サン、次は誰かな? 開始はいつから? 気が早いか」「星辰が全てを決める」ブラックティアーズの肩の上の水晶球が光る。

「その星辰とやらが胡散臭いものだ」アヴァリスは言った。「お前のセトが、この儀式を利用して何をやろうとしているか。空の玉座の摂政? 笑わせる。なにか、あるのだろう?」「儀式を愚弄してはならぬ、アヴァリス=サン」ブラックティアーズが静かに威圧した。アヴァリスは空を示す。「あれは何だ」

「俺も気になってたんだ」サロウが同意し、手を庇にして、アヴァリスの示す方角を見た。そこはニンジャスレイヤーとマークスリーの決着の場所である。ここからでもはっきりと視認できる奇妙な赤黒のアブストラクト・オリガミが、痕跡じみて静止している。「望遠でカメラ撮影してる奴らもいるよ」

「粛々と儀式を進行するのみ」ブラックティアーズは目を閉じた。「我らの主を試してはならぬ」「主、か」アヴァリスは目を細めた。「首輪のついたお前らのありさまは滑稽だ。目隠しをされたままついて行くばかりよ」「……」アヴァリスに狩人達の視線が集まった。アヴァリスは挑戦的に見渡した。

 その時、頭上の空がささくれた。狩人たちの視界にはオヒガンの片鱗が重なり、黄金の立方体が垣間見えた。「来たァ! クジ引きだ」サロウは鼻血を流しながら喝采した。ブラックティアーズの水晶球がホログラフィじみて、神秘のオミクジ・ボックスを虚空に投射した。

 オミクジ・ボックスは冷たく回転する。底部のスリットから、陶片が滑り落ちてくる。陶片に刻まれし名は、メイ0100101001刻まれし名は、サロウであった。「……え? 俺か?」半笑いでサロウが唖然とした。メイヘムとアヴァリスがサロウに向き直った。彼らの背にカラテが膨れ上がる。

 ウーガダルは注意深く狩人達のさまを観察しつつ無言。ブラックティアーズは眉間にしわ寄せ、こめかみに指をあてた。水晶球が光を強め、グルグルと回転した。「……オミクジの結果は神聖不可侵」彼はサロウを指差す。「次の狩人は貴殿だ。サロウ=サン」「俺……俺かよ」サロウは耳たぶに触れた。

「オミクジが妙な挙動をしたようだぞ」メイヘムが言った。アヴァリスは顎を擦った。「……どちらにせよ……」彼らはサロウに向かって一歩間合いを詰めた。サロウは後ずさった。メイヘムは拳を鳴らした。「いかなる不正が行われたかは知らんが、どのみち貴様では力不足。挑戦権を奪うまでの話だ」

「構わんのか?」アヴァリスはブラックティアーズを見た。ブラックティアーズは「推奨しない」とだけ答えた。アヴァリスは笑った。「審議中というやつか。面白い。ならば退屈な答えが返ってくるまでに遊びを終えるとするか。俺も乗るぞ、メイヘム=サン。挑戦権は俺がいただく」

「よかろう」と、メイヘム。「ま、待ちなッて!」サロウが引きつった笑顔で下がった。アヴァリスはウーガダルを見た。「貴様はどうだ」「……」ウーガダルは首を振った。「主は横紙破りを命じておらぬ」「そうだよ、やめよう」サロウがさらに後ずさる。だがメイヘムとアヴァリスは突き進んだ。

「待ってくれ! 待って!」シャチホコを背に、サロウは逃げ場がない。「ブラックティアーズ=サン! 俺を助けてくれよ!」ブラックティアーズは首を振った。「不正の容疑を勘案すれば、助けるわけにもゆかぬな」「だ、そうだ」メイヘムが踏み込む!「やめなよ! ヤバいって」サロウが反射的に手を翳す。

「イヤーッ!」メイヘムの拳が風を切った。拳はサロウの鼻先0.1インチで静止した。腕が伸び切り、顔面に届いていない。サロウは笑顔を震わせた。「やめよう。俺はノー・カラテのニボシだ」メイヘムの目が血走った。サロウは彼女の背後に立ち、肩を叩いた。「こんなカラテを食らったら、俺は死ぬ」

「イヤーッ!」アヴァリスは人差し指と中指を揃えて立て、眉間に添えた。白いネオンの虎が虚空より飛び出し、サロウに襲いかかった。「GROWL!」「やめな」サロウはこめかみに指を当て、アヴァリスを指差す。アヴァリスがよろめいた。ネオン虎はサロウに食らいつく寸前に霞んで消えた。「アブナイ」

「ほう!」アヴァリスは首を振ってサロウのなにかの影響を振り払った。「もっとやってみろ、そのジツを!」「嫌だよ。俺は平和主義者だ。あンたとも友達になれるって信じてる。ユウジョウの力は素晴らしい」「イヤーッ!」メイヘムがコブラカラテで襲いかかる! サロウは後ろに倒れ込み……落下した。

 メイヘムは追って飛び降りようとした。だが一瞬前に踏みとどまった。再びオヒガンのノイズが狩人たちのニューロンに等しく走り、狩りの日付が提示されたのである。「狩人サロウ。狩りの開始は今夜だ」ブラックティアーズが言った。「今夜?」メイヘムが振り返る。「二日続きだと……?」「然りだ」

 彼の言葉には確固たる響きがあった。「上方世界に於いてオミクジの結果は承認された。これより侵犯は許されぬ」「貴様」メイヘムは目を細めた。「ハッハハハハ! まあいい」アヴァリスは手をひろげて笑った。「奴が獣を上回れば狩りは終わり、奴が俺の個人的な獲物になる。俺はそれでも構わん」

 一方、サロウはマルノウチ・スゴイタカイビルからまっすぐに落下してゆく。「アアアアア……!」落ちながら彼はこめかみに指を当てた。「アバーッ!」突如、数メートル下のフロアの窓をブチ割り、市民が飛び出した。「いいぞ! イヤーッ!」サロウは市民の頭を空中で踏み台にし、跳び直した。

 手足をばたつかせながら、彼は道路を挟んだビルの屋上に落下した。「グワーッ!」コンクリートに亀裂を生じながら、彼は不格好な受け身をとり、起き上がった。服のホコリを払い、頭上を見あげる。「お……追って来ないな。マジでとんでもない奴らだ。文明国の出身じゃないだろ、きっと……」

 サロウは屋内へ階段を降りていった。ビル最上階、廊下の赤いカーペットを進む。ドアの前の警備員がサロウを誰何する。サロウは警備員に向かってウインクし、指を弾いた。「アバーッ!」警備員は痙攣し、その場に崩れ落ちた。サロウはドアを開き、重役室らしき部屋にエントリーした。「スミマセン」

 ガラス張りで朝のネオサイタマを見下ろす一室、重役が椅子を回転させてサロウを見た。不審者に対し、秘書は慌てて警報を押そうと……「アバーッ!」痙攣した。サロウは秘書を指差した指を重役にスライドさせる。「アババーッ!」痙攣する重役のもとまで歩いていき、両手で頭を押さえた。「ゴメンね」

 0100101……サロウは重役ジョウナンジ・ヨムテル氏のニューロンに侵食し、そこからオヒガンに飛翔した。かつてハッカーだったサロウは、ニンジャになった際に何故かLAN直結の力を失った。恐らくそれは彼が得た力と干渉関係にあるのだろう。彼はUNIXではなく他者のニューロンを端末に、飛ぶ。

 0100101……UNIXデッキは素晴らしい。人を死なせずにインターネットができるなんて、文明は優しい。脳ニューロンのコトダマ接続は、壊してしまう……0100101……冷たい黄金立方体の見下ろす無限の地平に、サロウは浮かんだ。目の前に脚を組んで待っていたのは、愛しいオモイ・ニンジャ。

「何の用? なぜ呼び出した?」オモイ・ニンジャはサロウを睨みつけ、目の中の三つの瞳を回転させた。思いのほか冷たい反応を返したので、サロウは傷ついた。しかし彼女は美しかった。髪を左右で結び、エナメルのドレスを着ている。「その、用は……俺、死にかけた……」「アンタねえ」オモイは溜息をつく。

「次がアンタの番になる事は、アタシがオミクジに干渉して確定させたよ」オモイは何でもない事のように言った。「星辰とかウケル。どうでもいいし。マークスリーが獣を結構傷つけたンだから、今がチャンスだよ」「で、でもさ、あの獣のニューロンをそう簡単に壊せるとは思えない」サロウは俯いた。

「七人でパーティープレイした時、俺は確かにニンジャスレイヤーのニューロンに触ったよ? だけどさ……あの時、俺、本当はちょっと引っ掻いて、バックドアを作っておきたかった。後々の為にね。だけど即座にハネつけられてさ。確かにニンジャ相手は難易度上がるけど、あんな事、なかなか無いから」

「自信がないんだね?」「そうだよ」サロウは髪をいじった。「ニンジャスレイヤー、俺はナメてないよ。あのまま七人でやれば殺しちゃうから加減してやるとか、そういう考えの奴も居たけどさ……あの時なにか……ヤバい扉を開きそうになってた、俺達」「そりゃそうよ。弱かったら狩りの獣にならないでしょ」

「だけど俺、後方支援型なんだよ」サロウは言った。「俺……もっと準備したかったな」「待ってりゃ対策立てられた? どうだか」オモイは厳しく言った。「そんな勤勉な奴じゃないよアンタ。今までの日数で、何やった?」「それは……」「それにアタシ、アンタが死んでも、別にどうでもいいし」「え」

「ズガタッキェーだよ? アタシがこんな卑近な人格とルックスになってるからって、ナメてるでしょ? 神サマみたいなものなんだから、実際」「でも……俺とファックしてくれたじゃない」「ファックとか言うなよ」オモイは呆れた。そしてサロウを膝に寝かせて、頭を撫でた。「頑張りな、できるって」

「やれるかな……」「できる、できる」「ネオサイタマ、マジで恐ろしいよ。正直ベルリンに帰りたい」「大丈夫、大丈夫」「大丈夫……」「大丈夫」「大丈夫になってきた」サロウは目を閉じた。するとそこは灰色の重役室、目の前には頭を吹き飛ばされた重役の死体。サロウは肩を落とした。


◆◆◆


「壮絶なるイクサでしたね。命の衝突、そして燃焼、ここからも見る事ができました。……あのようなものが生まれる程の」シナリイは示した。ニンジャスレイヤーは眉根を寄せた。遠い空に固定された、オリガミ。ドラム缶焚き火にあたる浮浪者は彼らの視線に誘導されて空を見、口を開けた。「なんじゃ、ありゃあ」

 朝の空に不気味な赤黒の影が固定されている。「またどっかの企業が広告やってら」「下まで行けばドリンク配られッかね」「罠かもよ」浮浪者達の会話をよそに、シナリイは言う。「明らかに異質な力であり……間違いなく貴殿が作り出したものです」「知るか」ニンジャスレイヤーはシナリイを睨んだ。

この続きをみるには

この続き: 63,614文字 / 画像1枚

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!