見出し画像

灰都ロヅメイグの夜 7:月の裏の猫

承前

 常人ならば卒倒する程のスタウト酒を煽ったゼウドであったが、ものともせず、神託亭からさらに二軒を渡り歩いた。そこで流石に金も尽き果てたので、黒い象牙亭への帰途につく事とした。

 夜風を浴びながら、人通りのまばらになった街路橋を歩んだ。

 だが、進む足音は一つでは無かった。メリサもまた、彼と共に在った。そのままどこぞの宿にしけ込む手もあったが、ゼウドは心の何処かで、あの隻腕剣士の事を案じているのだった。しかし、どこか暗い魅力を持つこの女、メリサとも別れ難かった。そうこうするうちに、遂に、大劇場通りへと達していた。

この続きをみるには

この続き: 15,607文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンはダイハードテイルズ(DIEHARD TALES)の小説作品セレクションです。これまでにnote上で発売/発表された様々なジャンルの小説が、だいたい文庫本3〜4冊ぶん(だいたい40万文字)ほど詰め合わされた、お得なエントリーパックとなっています!

このマガジンはダイハードテイルズ(DIEHARD TALES)の小説作品セレクションです。ダイハードテイルズは前千年紀に創刊されたオンライ…

ダーク・ゴシック・ヒロイック・ファンタジ。隻腕の剣士グリンザールと隻眼の吟遊詩人ゼウドが夕暮れの世界で冒険を繰り広げる。 試し読みはこちら…

または、記事単体で購入する

灰都ロヅメイグの夜 7:月の裏の猫

ダイハードテイルズ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
27
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。

こちらでもピックアップされています

灰都ロヅメイグの夜(DHTクラシックス)
灰都ロヅメイグの夜(DHTクラシックス)
  • 17本
  • ¥650

ダーク・ゴシック・ヒロイック・ファンタジ。隻腕の剣士グリンザールと隻眼の吟遊詩人ゼウドが夕暮れの世界で冒険を繰り広げる。 試し読みはこちら: https://diehardtales.com/n/n8215f7ee5535