見出し画像

ニャンニャスレイニャー

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ
◇ニャンニャ ◇キョート ◇108ニャンパンチズ ◇マタタビ

このシリーズはニンジャスレイヤー本編とはとくに関係のない、ニャンニャ次元のお話です。


 日本首都の中心部たるネコサイタマ公園には野放図なサイバネティクスと資本主義がはびこり、花壇や噴水やベンチ等には所狭しとネオン看板が配置され、極彩色の蛍光色で夜空を染めていた。猫と人間のコミュニケーションなど、稚気じみた夢。公園を根城とする無数の猫たちは、空を横切るサンマツェッペリンを見上げては、夜な夜なネオン幻想の電脳世界に逃避する。

「ナオーッ!」「ナオーッ!」

 しかし今、公園の南東部の藤棚付近では、無気力な猫たちとはまるで異なる獰猛な生気をもって、互いに争い合う猫たちがいた。かれらは、ニャンニャ……。平安時代から日本の猫社会をニャラテで支配してきた闇の野良猫たちであった。

「ナオーッ!」「ナオーッ!」「ナオーッ!」「ナオーッ!」

 色付きの風めいた素早さで、縞々毛皮とブチ毛皮のニャンニャは幾度もぶつかり合い、爪と牙で傷つけた。非ニャンニャの猫たちは茂みの影やベンチの下から、びくびくとそのさまを見守るしかない。

「ナオーッ!」「フギャーッ!」

 縞々のニャンニャの狙いすませた一撃が、ブチのニャンニャを捉えた。ブチのニャンニャは呻き声を上げて転がった。縞々のニャンニャは唾を吐き、勝ち誇った。

「負け犬め。ソウカイ・ニャンジケートに楯突いて、このネコサイタマ公園で生きられると思うなよ」

「ア……ア……」

 見物の猫たちはガタガタと震え、失禁した。縞々のニャンニャはそのさまを眺め、鼻を鳴らした。

「非ニャンニャのクズめ。せいぜい公園の外の世界にまで、ソウカイニャの恐ろしさを伝えて回るがいい。貴様らの使い道など、それぐらいしかないのだ」「ニャイエエエエエ!」「ニャイエエエエエ!」猫たちは失禁しながら走り去った。ナムアミニャブツ!

「くやしいか? ブチ=ニャン。貴様の身体は今から生きながら八つ裂きにし、この藤棚に吊るして、ソウカイニャの敵の末路を知らしめるオブジェにしてくれよう」「……。……」ブチの口が動いた。縞々のニャンニャは眉根を寄せた。「何だ? ハイクでも詠みたいか」

「た……たとえ俺が死んでも……」ブチがかすれ声で言った。「ソウカイニャの悪行は……必ずインガオホーする……死神が……報いるだろう……お、俺は……ジゴクからそのさまを……お前らの組織の最期を見物してやる……」「死神だと? ブルシット!」縞々のニャンニャは吐き捨てた。「貴様らの迷信には付き合っておられぬ。我らがラオモト=ニャンに敵は無し。あのお方はネコサイタマの市長となり、すべての権力を手に入れる。人間すらもひれ伏すのだ」

 縞々のニャンニャは爪を振り上げた。カイシャクだ!「サラバだ、ブチ=ニャン! ナオーッ!」「ナオーッ!」その時! 闇の中から赤黒の影が飛び出し、炎めいて撥ねると、縞々のニャンニャの残虐な攻撃をインターラプトした!

「何だと!?」「ナオーッ!」赤黒の影は空中でクルクルと回転し、藤棚の上に着地すると、ドクロめいた月を背後に、センコ花火めいた目で縞々のニャンニャを見下ろした。縞々のニャンニャの背中の毛が逆立った。「な……死神とは……まさか……?」

「ドーモ。ニャンニャスレイニャーです」赤黒のニャンニャはジゴクめいてオジギをした。その首にはマフラーめいた赤黒布が巻かれており、闇夜に恐るべき軌跡を残した。縞々のニャンニャは後ずさり、オジギを返した。「ドーモ。ニャンニャスレイニャー=ニャン。シマキチです」アイサツは神聖不可侵の礼儀作法。古事記にもある。

「貴様、何者だ。何の目的あって、ソウカイニャの邪魔をする。俺にナメた真似をすればこの公園のソウカイニャンニャすべてが牙を剥くことに……」「笑止!」ニャンニャスレイニャーはピシャリと言った。「オヌシは所詮、烏合の衆を笠に着てイキがるサンシタ・ニャンニャに過ぎぬ」ニャンニャスレイニャーの目が光った。「ニャンニャ、懲らしめるべし!」

「ほざけーッ!」シマキチが襲い掛かる!「ナオーッ!」「ナオーッ!」ニャンニャスレイニャーは跳んだ! 赤黒の影は一瞬にしてシマキチの背後をとっていた。ハヤイ!「なッ……バカな……」「ナオーッ!」「フギャーッ!」強烈なネコパンチがシマキチの横面を捉え、数メートル弾き飛ばした。シマキチは転がり、仰向けに倒れた。「サヨニャラ!」腹出降参! 一撃! 一撃である! もはやシマキチはニャンニャとしては生きられまい。負け猫の人生を歩むのだ。

「凄い……凄すぎる」ブチがよろよろと起き上がった。「アンタ、一体何者なんだ」「この公園にはすべての悪の根源がある」ニャンニャスレイニャーは言った。「そ奴に用がある」「なッ……まさかアンタ……ラオモトの奴を……!?」「この公園は今から激しいイクサの舞台となるだろう」ニャンニャスレイニャーは無慈悲に言った。「去れ。ブチ=ニャン」

「そ、そうはいかねえ」ブチは言い、戻って来た猫たちを振り返った。「この藤棚地区は、身寄りのない猫たちの最後の隠れ家なんだ。こいつらはネコサイタマ公園の外では生きられねえ……人間どもが保健所に送っちまうだろう……!」

 ニャンニャスレイニャーはブチを見た。やがて言った。「ならば、好きにしろ」そして歩き出した。ブチはついて来た。ニャンニャスレイニャーは振り返った。「何か用か」「アンタ、好きにしろって言ったろ」と、ブチ。「見たところ、アンタはネコサイタマ公園のニャンニャじゃないな。案内役が要る筈だ……ラオモトをやるッてンなら、なおさら」「……好きにしろ」

🐾

「ニャイエエエエ!」「ニャイエエエエエ!」ネコサイタマ公園東部、モアイ像地域に、猫たちの悲痛な叫び声が響き渡った。ニャムサン……そこには禍々しい棘で武装された馬車が乗り付けていた。茶色のニャンニャが逃げ惑う猫を掴んでは、残忍な笑いとともにホロの中へ投げ込んでいく。

「逃げろ! 奴隷狩りだ!」「ニャイエエエエ!」しかし茶色のニャンニャは一匹たりとも彼らを逃がさぬ。非ニャンニャがニャンニャを出し抜くことなどできないのであろうか……?

「ヒィーヒヒヒ、今日も大漁だ!」御者台に座る月の輪柄のニャンニャが嘲笑った。彼の名はツキノワ。「日本中からバカどもがこの公園に集まる。ソウカイニャが流した猫の楽園の噂話につられてな……どれだけ奴隷を使い潰しても、新しいやつらが余って余って仕方ないほどだぜ!」「違いねえ!」茶色のニャンニャが笑った。彼の名はチャタロウだ。

 奴隷として連れていかれた猫たちは、ソウカイニャの本拠地である公園中央のカスミガセキ・アスレチック地域でマタタビ漬けにされたうえで強制労働させられる! 他の公園で悲惨な目に遭い、ひとかけらの希望を胸にネコサイタマ公園を目指した者達が更なる辛苦を舐める……何たる救いの無い世界か。だがこれもマッポーのネコサイタマにおいてはネコマンマ・インシデントなのだ!

「オイ! そっちに逃げたやつがいるぞ!」月の輪柄のニャンニャが指示した。「おっといけねえ」チャタロウは笑い、走り去るブチ柄の猫を追った。「ホラホラァ、どれだけ逃げられるかなァー? オニサン・コチラだぜェー!」逃げる猫を追い、チャタロウはコンクリート遊具が林立する場所へ走り込んだ。鈴虫の鳴き声だけが聞こえてくる。チャタロウは不意に、奥まった場所まで来てしまったことに気づいた。

「ッたく、意外に手こずらせやがる……」チャタロウは逃げるのをやめた猫の後ろに歩み寄った。「そうだ。諦めな」彼は猫の背中に手をかけようとした……その猫が……振り返った。光の加減でわからなかったが、猫は異様だった。赤黒の毛。なによりその、レーザーポインターめいて赤く光る目……。さっきの猫と違う!

「え……?」「ナオーッ!」「フギャーッ!?」赤黒の猫は振り向きざまの爪の一撃を加え、回転跳躍して、アイサツを繰り出した。「ドーモ。ニャンニャスレイニャーです」「ニャンニャスレイニャーだと!?……ドーモ。チャタロウです」チャタロウの額を血と汗が流れた。「名前は……聞いたことがある……ニャンニャを襲う凄腕の戦士がいると……まさか貴様が……」

 じり、とニャンニャスレイニャーが一歩踏み出した。チャタロウは総毛だった。恐怖を闘争心で上書きして襲い掛かった!「ナオーッ!」「ナオーッ!」ニャンニャスレイニャーが跳んだ! 赤黒の影はチャタロウと交差し、炎めいて着地した。「ニャバーッ!?」チャタロウはのけ反り、仰向けに転がった! 「サヨニャラ!」腹出し降参!

「つ、強すぎる」物陰からブチが出てきた。彼が囮役だったのだ。彼は腹出し降参するチャタロウを見て震え、ニャンニャスレイニャーに問うた。「アンタ……マジに……何者だ……?」「俺は、邪悪なニャンニャに恨みを持つ一匹の猫でしかない」ニャンニャスレイニャーは言った。ブチはごくりと唾を飲んだ。「アンタ……マジでやれるかもしれねえな……ソウカイニャを……ラオモトを……」「シッ。来るぞ」ニャンニャスレイニャーはブチを黙らせ、身構えた。

 「ヒヒーン!」「ブルルルーッ!」奴隷馬車が突進してくる! その御者台には、憤怒の形相で手綱を咥えるツキノワの姿あり! ツキノワはニャンニャ暗視力によって相棒のチャタロウが倒されたさまを見てとった。彼は手綱を咥えたまま、突進しながらアイサツした!「ドーモ。ニャンニャスレイニャー=ニャン。ツキノワです。よくもチャタロウを!」

「慈悲はない!」ニャンニャスレイニャーは睨み返し、暴れ馬の蹄に踏まれるよりも一瞬早く跳び上がった!「ナオーッ!」「フギャーッ!?」空中回しネコキックがツキノワの横面を捉え、落馬させる! 受け身を取ろうとするツキノワの上に、すかさずニャンニャスレイニャーがのしかかった。そしてマウントネコパンチを繰り返し叩き込んだ!

「ナオーッ!」「フギャーッ!」「ナオーッ!」「フギャーッ!」「ナオーッ!」「フギャーッ!」「ナオーッ!」「フギャーッ!」「ナオーッ!」「フギャーッ!」「ナオーッ!」「フギャーッ!」「ナオーッ!」「フギャーッ!」「ナオーッ!」「フギャーッ!」「ナオーッ!」「フギャーッ!」

「今のうちだ! 逃げろ!」ブチは幌に飛び込み、中にとらわれた奴隷猫たちを解放し、逃がしてゆく。「さあ逃げろ! お前たちはたまたま運が無かっただけさ。どこかに猫の天国がある筈さ」「ニャイエエエエ……」「ニャイエエエエ……」走り去る猫たち! 一方ニャンニャスレイニャーは力強く振り上げたネコパンチを……振り下ろす!「ナオーッ!」「フギャーッ!」ツキノワは腹出し降参した。「サヨニャラ!」

「こっちは片付いたぜ」ブチはニャンニャスレイニャーに近づいた。そして畏怖に凍り付いた。赤黒く逆立った毛は、まるでジゴクの死神であった。「馬車を御せるか、ブチ=ニャン」ブチは震えた。だが、やるしかない。「任せとけ。倒そうぜ。ラオモトを。ソウカイ・ニャンジケートを」「無論だ!」

🐾

「ラオモト=ニャン、バンザーイ!」「バンザーイ!」「バンザーイ!」ウシミツ・アワーのアスレチック地域は不夜城めいて宴もたけなわであった。マタタビを摂取してハイになったニャンニャたちがドゲザし、崇めるのは、幾重にもザブトンを重ねた上に座する恐るべきニャンニャである。ライオンよりも巨大なるニャンニャは何匹ものマイコ猫にかしずかれ、上機嫌でコニャックを呑んだ。

 驚くべきことに、ザブトンの前ではスーツ姿の人間の中年男性が跪いていた。ニャムサン……バーコード・ヘアを撫でつけた彼は、ネコサイタマ市長その人である。人間すらも従えるニャンニャの中のニャンニャ、帝王の中の帝王……それが巨大なるニャンニャ、ラオモト・ニャンである!

「ネコサイタマ公園に権力を集中させる法案が議会を通過いたします」市長は言った。「これにより、ラオモト・ニャン=サンには動物愛護の観点から不逮捕特権が付与され、戦車や核兵器等による自衛権も認められるものとなります」「ムッハハハハハハハ! よいぞ!」ラオモトは呵々大笑した。「我こそは生態系の頂点なり……人間を超える知的生命体にして、ニャンニャを越えるニャンニャ……ヌンニャもかくあれかし!」

「ラオモト=ニャン、バンザーイ!」「バンザーイ!」「バンザーイ!」ニャンニャ達が褒めたたえる。恐怖によって従う者、力に憧れて従う者、マタタビや権力のにおいにつられて従う者……ソウカイ・ニャンジケートのニャンニャの忠誠のベクトルはさまざまであった。

 ラオモトの機嫌を引こうとするセクシーなマイコ猫たちは、もしペットショップで買おうとすれば200万円を下らない、血統書付きの猫ばかりであった。市長はその美しさの誘惑に抗えず、よろよろと近づいた。「な、撫でさせてくれませんか……撫でさせてくれ!」ラオモトは冷たい目で市長を見下ろした。彼の陰に控えていた黒猫が前に進み出、幻影のごとく一瞬の爪撃で市長の顔面を切り裂いた。

「アバババーッ!?」「キリステ・ゴーメン」黒猫は無感情に言い、顔から血を流して地面を転がり退散する市長を眺めた。「ムッハハハハハ! ムッハハハハハ!」ラオモトはおかしそうに笑った。「クロマル=ニャン! 貴様はまこと奥ゆかしき懐刀よ!」「有難き幸せ」クロマルはうっそりと言った。そして、ピンと耳を立てた。

「どうした。貴様の直感は侮れぬ」「風が」クロマルは呟いた。「嗅ぎ慣れぬ匂いを運んできました。そしてこれは……」蹄の音と馬の嘶きが近づいて来る。「ムハハハハハ! ツキノワ=ニャン達が新たな奴隷を収穫して帰ってきおったわ。大儀であったぞ!」ラオモトは牙を剥きだして奴隷馬車を迎えた。

 油断と慢心の極みにあったラオモトが、奴隷馬車の御者台に、チャタロウではなく、彼の見知らぬニャンニャがいる事に気づいたとき……KRAAAASH!「ニャバーッ!?」「ニャバーッ!?」「ニャバババーッ!」既に奴隷馬車はノーブレーキで突入、ニャンニャ達を撥ね飛ばしながらドリフトし、幌の中からは遠心力の勢いを乗せて赤黒の影が飛び出したのだった。

「ナオーッ!」ニャンニャスレイニャーはラオモトに一切の躊躇なく襲い掛かり、首筋に食らいついた。「フギャーッ!」ラオモトは吠え、ニャンニャスレイニャーを振り落とそうとした。「ナオーッ!」「フギャーッ!」「ナオーッ!」「フギャーッ!」

 宴の場は混乱の極みに陥った。奴隷馬車の衝突によって腹出し降参したニャンニャ達が仰向けになり、マイコ猫たちが逃げ惑った。市長は猫たちに踏み潰されてズタボロになり、泥の中で痙攣していた。

「フギャーッ!」「ナオーッ!」「フギャーッ!」「ナオーッ!」「フギャーッ!」「えええい……離れぬかーッ!」ラオモトはニャンニャスレイニャーを掴み、引き剥がして、投げつけた。ニャンニャスレイニャーは流麗に着地し、再び襲い掛かろうとした。だがそこにクロマルが立ちはだかった。

「殺せい!」ラオモトが親指を下向けた。クロマルは低く身を沈めた。その動きだけで、ただものではないニャンニャである事が伝わって来た。ニャンニャスレイニャーが攻撃に対応しようとしたその瞬間……クロマルの身体がブレた。

「フギャーッ!?」ニャムサン! ニャンニャスレイニャーは斜めに切り裂かれ、鮮血を散らして悶えた。「これがデス・キリだ」クロマルはニャンニャスレイニャーの後ろで爪をしまった。「所詮、このおれを倒せぬニャンニャが、ラオモト=ニャンを仕留められる筈もなし」「フギャーッ!」

「ニャンニャスレイニャー=ニャン! ニャンニャスレイニャー=ニャンーッ!?」ブチが飛び出そうとするが、ソウカイ・シックスニャンコの一匹であるトラジロウに押さえつけられてしまう!「アアー? テメェ、誰かと思えば負け犬のブチじゃねえか。ニャンニャのくせに帝王ラオモト=ニャンから逃げた雑魚が、ニャンニャスレイニャーと組んでワンチャン反逆しようッてのかァー?」「畜生ーッ! 豚野郎ーッ!」

 ニャンニャスレイニャーの意識は混濁し、ブチを助ける事は不可能だった。彼はニャンズ・リバーのほとりで超自然の声を聴いていた。

(((ダイチャン……ダイチャンよ)))呼びかける声があった。それは、ニャンニャスレイニャーが赤黒の死神と化す前の名であった。その名を知る者はただ一匹……(ナラク・ニャンニャ!)(((左様。何たるブザマか。このような犬死にをさせるためにオヌシを死の淵から引き揚げたのではないわ。情けなや……このうえは儂に身体をよこせ。全ニャンニャ殺すべし!)))

「ナオーッ!」「ヌウッ!?」クロマルが身構えた。仰向けに倒れ、腹出し降参待ったなしの筈であったニャンニャスレイニャーは、炎の塊めいて宙を舞い、木々を蹴って、クロマルの眼前に着地した。その右目は点のようにすぼまり、左目からは血の涙を流していた。ナムアミニャブツ……ナムアミニャブツ!

「なッ……これは……!?」「ニャドー奥義!」ニャンニャスレイニャーは背中を丸め、両目から超自然の炎を迸らせた。「タツマキニャン!」「バカな!?」「ナアアアアオオオオオーッ!」火炎車めいて体当たりをかけるニャンニャスレイニャー!「ニャラレターッ!」クロマルが十八回のネコパンチを瞬時に受けて吹き飛び、幌馬車に叩き込まれた!

「ええい! 役立たずめが!」ラオモトがニャンニャスレイニャーに向かう!「死ね! ナオーッ!」ライオンめいた噛みつき攻撃! だが、ニャンニャスレイニャーはネコパンチで牙を叩き折った!「ナオーッ!」「フギャーッ!?」さらに叩き折る!「ナオーッ!」「フギャーッ!」さらに叩き折る!「ナオーッ!」「フギャーッ!」

「バカな……ライオンよりもなお強いこのワシが……ニャンニャ一匹に……!?」「AAAAAAARGH!」ニャンニャスレイニャーは己をも焼き尽くす炎と化した。このままではネコサイタマ公園が火に包まれ、すべてが灰燼に帰するであろう! そのときだ!

「ヤメローッ!」ブチが叫んだ。瞬間的なニャラテを発揮し、彼はトラジロウを撥ねのけて腹出し降参させた。そしてニャンニャスレイニャーにしがみついた! 炎にすら構わずに!「おまえは恐るべき戦士だが……バケモノじゃなかったぜ! 短い旅の中でそれが……」「どけィ!」ラオモトがブチを蹴り飛ばした!「フギャーッ!」

「ブチ=ニャン!?」ニャンニャスレイニャーは朧にぼやけた視界の中でそれを見ていた。出来事がスローモーションになり、ナラク・ニャンニャの憎悪の奥底から、失われていた過去の美しい記憶が浮かび上がった。

(ダイチャン……)(ダイチャン、カワイイねえ)(ダイチャン……ダイチャン)それは年老いたお婆さん飼い主の姿……!(ダイチャン、ごめんね……私が先に逝く事になって……でも、幸せだった。私、新しい家族が出来て)病床……大往生……!(ダイチャン……強く生きて……)

「ナオオオーッ!」ニャンニャスレイニャーは正気を取り戻した。彼の足は赤黒の炎をまとい、だが、正気であった。(ナラク・ニャンニャ! 俺はお婆さんとの暮らしの記憶は捨てない……それは俺のイクサを微かな光に繋ぐただひとつの希望なのだから!)(((何だと! バカな!)))(共に戦え! ナラク!)

「おのれーッ!」ラオモトが獅子めいた爪を振り上げた。このままでは引き裂かれる! しかしニャンニャスレイニャーは逃げなかった。燃える目で、巨大な敵を睨み返した!「そして俺は……お婆さんのような人間たちの為にも……日々を生きる捨て猫たちの為にも……お前のような邪悪なニャンニャの支配を許しはしない!」

「ナオオーッ!」ラオモトが獅子めいた爪を振り下ろす! ニャンニャスレイニャーは大地を蹴り、跳んだ! ゴウランニャ!「ニャバーッ!?」ニャンニャスレイニャーは着地した。ラオモトのすべての爪と牙が破砕し、巨体はもんどりうって仰向けに倒れた。腹出し降参だ! 

 たちまちソウカイ・ニャンジケート構成員は烏合の衆と化し、四方八方へ散っていった。もはやラオモトはニャンニャではなく、負け犬の猫としてみじめに暮らす定め。猫刑務所での服役人生が待つであろう!

「ブチ=ニャン!」ニャンニャスレイニャーは傷ついたニャンニャのもとへ駆け寄った。「無茶な真似を」「終わったのか……」ブチは呟いた。満身創痍であるが、致命傷ではない。休めば徐々に健康を取り戻すだろう。彼には生きて為すべき仕事がある。はぐれ猫たちのヘイブンを守るという崇高な使命が。

「ああ。終わったさ」ニャンニャスレイニャーは頷いた。「よかった」ブチは笑おうとした。東の空から朝日が上がろうとしていた。その眩しさにブチが目を細めた瞬間に、謎めいた赤黒のニャンニャは姿を消していた。

 ネコサイタマは新たな一日を迎える。野放図なサイバネティクスと資本主義にまみれた一日を。だがそこに邪悪なニャンニャの圧政は無い。仮にその陰謀が再び世界を襲うとしても、それは少し後の事になるであろう。そしてその時が来れば、再び赤黒のニャンニャが、どこからか現れ、悪を倒すであろう……ニャンニャスレイニャーが!

「ニャンニャスレイニャー……!」ハイウェイを走る馬車の幌で意識を取り戻したクロマルは、じっと敗北感を噛み締めていた。「ラオモトはおれが仕留めるべき仇だった……それを奪った貴様のことは……決して忘れんぞ……!」

 馬車は遥か西の地、キョート公園を目指す。そこに新たなニャンニャ戦争の火種が待っている……クロマルのニャンニャ第六感が、そう伝えているのだった。

【ニャンニャスレイニャー:終わり】

この続きをみるには

この続き: 41文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。 【TRPGプレイヤーの方へ】2019年12月からTRPGサプリのソウルワイヤード・マガジンが独立しました。PLUSでも基本ルールブックと最低限のプラグインにアクセスできます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
140
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。