見出し画像

書籍版ニンジャスレイヤー公式情報ページ

ここにはKADOKAWA/エンターブレインから出版されている書籍版ニンジャスレイヤーの情報がまとめてあります。なお、書籍版はすべてのエピソードについてTwitter連載版からの加筆修正などが行われ、書籍限定のエピソードも存在しています。


◆第1部「ネオサイタマ炎上」編◆


邪悪なニンジャ組織「ソウカイ・シンジケート」の抗争によって妻子を殺されたサラリマン「フジキド・ケンジ」に、禍々しき「ナラク・ニンジャ」のソウルが憑依。フジキドはニンジャスレイヤーとして蘇り、復讐の戦いに身を投じる!

#1 ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1

著:ブラッドレー・ボンド 著:フィリップ・N・モーゼズ 
訳:本兌 有 訳:杉 ライカ
画: わらいなく(以降シリーズ全て)

表紙:ニンジャスレイヤー
収録エピソード
「ゼロ・トレラント・サンスイ」
「ベイン・オブ・サーペント」
「ネオヤクザ・フォー・セール」
「メナス・オブ・ダークニンジャ」
「キルゾーン・スモトリ」
「キックアウト・ザ・ニンジャ・マザーファッカー」
「アポカリプス・インサイド・テインティッド・ソイル」
「レイジ・アゲンスト・トーフ」
「サプライズド・ドージョー」
「ラスト・ガール・スタンディング」
「フィスト・フィルド・ウィズ・リグレット・アンド・オハギ」
「ボーン・イン・レッド・ブラック」 (書き下ろし/書籍限定)

書籍限定エピソード【ボーン・イン・レッド・ブラック】:クリスマス・イブの夜。ソウカイ・シンジケートとザイバツ・シャドーギルドの抗争によって、マルノウチ・スゴイタカイビルは地獄と化した。ニンジャ抗争で妻子を殺され、自らも死の淵にあったサラリマン、フジキド・ケンジは、ナラク・ニンジャのソウルを受け入れ、「ニンジャを殺す者」ニンジャスレイヤーとなって立ち上がる。

登場キャラクター

アーチ級ソウルを憑依させた女子高生ニンジャ、ヤモト・コキ
脱走バイオニンジャたちを率いるフォレスト・サワタリ
ソウカイ・シックスゲイツの刺客、ヒュージシュリケン&アースクエイク
ネオサイタマの死神、ニンジャスレイヤー

各種書店での購入は上のKADOKAWA総合情報ページからどうぞ




#2 ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2

表紙:ニンジャスレイヤー
収録エピソード
「パンキチ・ハイウェイ・バーンナウト」(書き下ろし/書籍限定)
「チャブドメイン・カーネイジ」
「ユーレイ・ダンシング・オン・コンクリート・ハカバ」
「スシ・ナイト・アット・ザ・バリケード」
「フジ・サン・ライジング」
「ジ・アフターマス」
「ア・カインド・オブ・サツバツ・ナイト」
「アット・ザ・トリーズナーズヴィル」
「スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ」
「グランス・オブ・マザーカース#1」
「オウガ・ザ・コールドスティール」

書籍限定エピソード【パンキチ・ハイウェイ・バーンナウト】:愛する妻のために、危険な物理アタックビズに手を出そうとする、うだつの上がらぬハッカー。だがそこには残忍なるソウカイニンジャの影が。往年の低BITサイバーパンク風味とニンジャが化学反応を起こし、とても新鮮。ネオサイタマ市民の暮らしぶりを知れるアウトロー短編。

フジキド・ケンジ / ニンジャスレイヤー
記憶喪失に陥ったドラゴン・ユカノ、アムニジア
野戦を得意とするソウカイヤの手練れ、ガントレット&センチピード
ヤモトを匿うフリーランスニンジャ、シルバーカラス



#3 ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上3

表紙:ナンシー・リー
収録エピソード
「メリークリスマス・ネオサイタマ」
「コンスピーラシィ・アポン・ザ・ブロークン・ブレイド」
「ネクロマンティック・フィードバック」
「ワン・ミニット・ビフォア・ザ・タヌキ」
「アトロシティ・イン・ネオサイタマシティ」
「グランス・オブ・マザーカース#2」
「エヴァー・フェルト・チーティド」(書き下ろし/書籍限定)
「ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション」

書籍限定エピソード【ソード・オブ・ザ・ビトレイヤー】:生きる意味、人間関係、授業への出席に悩む平凡大学生「ナラキ」は、魅力溢れる政治闘士の女性「マナメ」と出会い、デモ行進に参加。だが高揚感の果てに待つ現実はあまりにもシビアだった。ニンジャをも思想洗脳し支配下に置いてしまう恐るべき暴力革命組織、イッキ・ウチコワシが牙を剥く!

邪眼の使い手にして戦闘狂、バジリスク
腕利きの傭兵ニンジャ、ブラックヘイズ
聖戦の天使、ヤクザ天狗
ソウカイヤの電子的防御の要、ダイダロス



#4 ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上4

表紙:ラオモト・カン
収録エピソード
「マシン・オブ・ヴェンジェンス」
「デッドムーン・オン・ザ・レッドスカイ」
「バイオテック・イズ・チュパカブラ」
「コロス・オブリヴィオン」(書き下ろし/書籍限定)
「トレジャー・エヴリー・ミーティング」(書き下ろし/書籍限定)
「ネオサイタマ・イン・フレイム」

書籍限定エピソード【コロス・オブリヴィオン】:「聖人を殺せ!聖徳太子を殺せ!ブッダ像を爆破しろ!」ブラックメタルバンド「カナガワ」の中心人物アーマゲドンはニンジャであった。タダオ大僧正による暗殺命令が下され、ダークニンジャが動き出し、誰にも顧みられぬ暗闘が幕を開ける。

書籍限定エピソード【トレジャー・エヴリー・ミーティング】:ソウカイヤンの包囲網を脱したヤモト・コキは、郊外の廃教会へと流れ着くも、そこには思いがけぬ先客がいた。INWを脱走したばかりのゾンビーニンジャ、ジェノサイドである。

ダークニンジャ、折れたる魔剣ベッピン
リー先生のラボから脱走した自我持ちゾンビーニンジャ、ジェノサイド
大型カイトで飛来するソウカイ・シックスゲイツ、ヘルカイト
シックスゲイツの創設者ゲイトキーパーは、ラオモト・カンの最古参の部下にして右腕




◆第2部「キョート殺伐都市」編◆


宿敵ソウカイヤの親玉ラオモト・カンを打倒。積年の復讐を果たしたと思ったそのとき、彼の前に新たなニンジャ組織「ザイバツ・シャドーギルド」が現れた。「ネオサイタマ炎上」編の完結から僅か3分の休息を経て、混乱のネオサイタマ市街をニンジャスレイヤーが再び駆ける!

#5 ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!

表紙:ニンジャスレイヤー、タカギ・ガンドー
「ロンサム・パイン・アンド・ツー・ニンジャズ」
「キックスタート・ア・ニュー・デイ」
「マーメイド・フロム・ブラックウォーター」
「リキシャー・ディセント・アルゴリズム」
「オン・ジ・エッジ・オブ・ザ・ホイール・オブ・ブルータル・フェイト」
「ソード・オブ・ザ・ビトレイヤー」 (書き下ろし/書籍限定)
「シー・ノー・イーヴル・ニンジャ」
「ウェルカム・トゥ・ネオサイタマ」

書籍限定エピソード【ソード・オブ・ザ・ビトレイヤー】:ソウカイニンジャを殺せ。裏切りのニンジャに課せられたザイバツの試練。それは過酷かつ非情なミッションであった。暗黒のニンジャが今、クロスカタナを、そしてフルフェイスニンジャヘルムを捨てる! ソウカイヤを出奔したダークニンジャが、如何にしてザイバツ入りを果たしたかが語られる書籍限定エピソード。

ニンジャスレイヤーを手助けする私立探偵、タカギ・ガンドー
元死刑囚にして恐るべきアンコクトン・ジツの使い手、デスドレイン
人間めいたAI自我を持つオイランドロイド、エトコ
ザイバツ・シャドーギルド最高幹部の一人、イグゾーション
ザイバツ・シテンノの一人にしてシャドウウィーヴの師、ブラックドラゴン



#6 ニンジャスレイヤー ゲイシャ危機一髪!

表紙:ヤモト・コキ、ネザークイーン
収録エピソード
「モータル・ニンジャ・レジスター」
「ゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル」
「クライ・ハヴォック・ベンド・ジ・エンド」
「ライズ・オブ・アマクダリ」(書き下ろし/書籍限定)
「ウェイティング・フォー・マイ・ニンジャ」
「デス・フロム・アバヴ・セキバハラ」

書籍限定エピソード【ライズ・オブ・アマクダリ】:ソウカイヤ壊滅直後、トコロザワ・ピラーで何があったのか? アマクダリ・セクトの首魁ラオモト・チバと参謀アガメムノンは、いかにして出会ったのか? チバの傍に常につき従うニンジャ、ネヴァーモアとはいかなる男なのか? その全てがここにある何もかも失った少年が謎のニンジャ、アガメムノンと共に、駆け引きを繰り返し、力を掴む!

仁義に篤いニチョーム・ストリートの女王、ネザークィーン
ザイバツ・シテンノの一人、巨漢のレッドゴリラ
ニンジャ選民思想に染まった若きザイバツニンジャ、トゥールビヨン
マルノウチ抗争の参戦者、カトン・ジツの使い手サンバーン
謎めいたケズリ・カラテの使い手、ディヴァーラー
ニチョームに流れついたヤモト・コキ



#7 ニンジャスレイヤー 荒野の三忍

表紙:ニンジャスレイヤー、ジェノサイド、フォレスト・サワタリ
収録エピソード
「ブレードヤクザ・ヴェイカント・ヴェンジェンス」
「ビヨンド・ザ・フスマ・オブ・サイレンス」
「チューブド・マグロ・ライフサイクル」
「フィジシャン、ヒール・ユアセルフ」
「ナイト・エニグマティック・ナイト」
「フェル・アスリープ・イン・ザ・ムービング・コフィン」(書き下ろし/書籍限定)
「スリー・ダーティー・ニンジャボンド」

書籍限定エピソード【フェル・アスリープ・イン・ザ・ムービング・コフィン】:キョートで出会ったシルバーキーとニンジャスレイヤーは、いかにしてネオサイタマへと渡ったのか? その答えは、シンカンセンによってである。だがこの高速鉄道にもザイバツ・シャドーギルドの刺客が乗り合わせていた。謎めいた不可視攻撃のジツを用いる敵、モルフェウスである。

ベイン・オブ・ソウカイヤ、ニンジャスレイヤー
ゼツメツ・ニンジャの憑依者、ジェノサイド
グエン・ニンジャのソウル憑依者、フォレスト・サワタリ
ザイバツ・シャドーギルドの未熟なるニンジャ、シャドウウィーヴ
ザイバツ・シテンノの一人、妖艶なるパープルタコ
ザイバツから追われる身となった善良なるニンジャ、シルバーキー
ニンジャソウルを宿した脱走クローンヤクザY-13型、ケジメニンジャ



#8 ニンジャスレイヤー 聖なるヌンチャク

表紙:ニンジャスレイヤー、ダークニンジャ
収録エピソード
「カース・オブ・エンシェント・カンジ・オア……」
「システム・オブ・ハバツ・ストラグル」 (書き下ろし/書籍限定)
「ディフュージョン・アキュミュレイション・リボーン・ディストラクション」
「……ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウル」
「アウェイクニング・イン・ジ・アビス」
「シャドー・コン」

書籍限定エピソード【システム・オブ・ハバツ・ストラグル】:キョートを支配する秘密ニンジャ組織、ザイバツ・シャドーギルド。百戦錬磨のグランドマスター達が多人数ショーギめいてかわす権謀術数の渦に呑まれた哀れなニンジャは、闇に滅するか、あるいは万に一つの光を掴むか……? 数々のザイバツ・シャドーギルド真実が補完された短編エピソード。

ザイバツ・シテンノの一人、鳥人めいた姿のアイボリーイーグル
アマクダリ・アクシスの精鋭中の精鋭、ドラゴンベインと巨大槍ツラナイテタオス
アマクダリ・セクトのゲン・ジツ使い、フューネラル
下半身を巨大な多脚戦車ユニットに接続した女ニンジャ、ブラックウィドー



#9 ニンジャスレイヤー ピストルカラテ決死拳

表紙:タカギ・ガンドー、シキベ・タカコ、ガンスリンガー
収録エピソード
「シージ・トゥ・ザ・スリーピング・ビューティー」
「ウェン・ザ・サン・バーンズ・レッド」 (書き下ろし/書籍限定)
「ガントレット・ウィズ・フューリー」
「ガントレット・ウィズ・ミスフォーチュン」
「ビガー・ケージズ、ロンガー・チェインズ」
「リブート、レイヴン」
「グランス・オブ・マザーカース #3」

書籍限定エピソード【ェン・ザ・サン・バーンズ・レッド】:ブラックバンタムが経営する奴隷緑茶農園で繰り広げられる、情け容赦ない戦い。ガイオンにメキシコめいた風が吹く時、空は赤く燃え、男と女はニンジャの暴虐に立ち向かう。

イッキ・ウチコワシの謎めいた指導者、バスター・テツオ
キョートのバトルテンプルで修行を積むボンズニンジャ、アコライト
ヘンゲヨーカイ・ジツによって恐るべき怪物へと変身するザイバツニンジャ、フェイタル
狂ったピストルカラテの使い手ガンスリンガーは、私立探偵タカギ・ガンドーを追う



#10 ニンジャスレイヤー マグロ・アンド・ドラゴン

表紙:ランペイジ、デスドレイン、アズール
収録エピソード
「アット・ザ・レルム・オブ・ブラックウィッチ」(書き下ろし/書籍限定)
「ドゥームズデイ・ディヴァイス」
「ミラーイメージ・オブ・デストラクション」
「リターン・ザ・ギフト」
「オペレイション・レスキュー」
「トビゲリ・ヴァーサス・アムニジア」

書籍限定エピソード【アット・ザ・レルム・オブ・ブラックウィッチ】:ダークニンジャ、パープルタコ、そしてシャドウウィーヴ……三人の無慈悲なるザイバツ・ニンジャは、先代懲罰騎士ブラックドラゴンが遺した調査ノート「ブラックドラゴン・マニュスクリプト」に基づき、アンダーガイオン下層へと向かった。破門ニンジャ「ブラックウィッチ」は未だ生存しているのか? 狂った魔女、ブラックウィッチの下僕らが三人を襲う!

ヨロシサン製薬が生み出した試作バイオニンジャ、サブジュゲイター
INW(イモータルニンジャワークショップ)を率いる悪魔的天才科学者、リー先生
リー先生の助手兼愛人にして日本有数の知能の持ち主、フブキ・ナハタ女史
ジェノサイドを付け狙う謎のゾンビーニンジャ、エルドリッチ




#11 ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース(上)

表紙:ナンシー・リー、ユカノ
収録エピソード
「ザ・マン・フー・カムズ・トゥ・スラム・ザ・リジグネイション」
「ビフォア・ザ・ストーム」(書き下ろし/書籍限定)
「キョート・ヘル・オン・アース 序:エンタングルメント」
「キョート・ヘル・オン・アース 破:ライジング・タイド#1」
「ザ・ヴァーティゴVS地底科学世界」

書籍限定エピソード【ビフォア・ザ・ストーム】:最終決戦前の嵐の如き静けさの中、ザイバツ・シャドーギルドやアッパーガイオン市民の日常生活が垣間見れる短編。未熟なるザイバツニンジャ、シャドウウィーヴは、ガイオンの大学生たちの間に何を見るのか。

ザイバツの最高位幹部、グランドマスターの一角、パーガトリー
転送ポータルを用いたザイバツの強襲戦術の要、ディプロマットとアンバサダー
ザイバツの電脳戦を前線で支えるハッカーニンジャ、ストーカー
ザイバツ・グランドマスターの一角にして多節ヘビ・ケンの使い手、ニーズヘグ


#12 ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース(下)

表紙:ロード・オブ・ザイバツ、ニンジャスレイヤー、ダークニンジャ
収録エピソード
「キョート・ヘル・オン・アース 破:ライジング・タイド#2」
「キョート・ヘル・オン・アース 急:ラスト・スキャッタリング・サーフィス」
「エピローグ」
ザイバツ・シャドーギルドの発火能力者パンクス少女、イグナイト
シャドウウィーヴの憑依ソウルが暴走した姿、シャドウドラゴン
完全発狂したザイバツエージェント、メンタリスト
ザイバツ・グランドマスターの一角にして至高なるロードの側近、パラゴン



◆第3部「不滅のニンジャソウル」編◆


第3部の敵組織「アマクダリ・セクト」

暗黒のシステム秩序をもって世界を征服せんとする「アマクダリ・セクト」の登場により、いっときネオサイタマは秩序を得たかのように見えた。だが、やがてそれは歯止めのきかぬ暗黒管理社会に向かって暴走してゆく! ニンジャスレイヤーのカラテが暗黒の秩序を打ち砕く!

#13 ニンジャスレイヤー 秘密結社アマクダリ・セクト

表紙:ニンジャスレイヤー、ラオモト・チバ、アガメムノン、ネヴァーモア
収録エピソード
「ハウンド・オブ・ニンジャ」(書き下ろし/書籍限定)
「ホリー・スティック・アンド・サーディンズ・ヘッド」(書き下ろし/書籍限定)
「トゥー・ファー・トゥー・ヒア・ユア・ハイク」
「フラッシュファイト・ラン・キル・アタック」
「ザ・ファンタスティック・モーグ」
「リボルバー・アンド・ヌンチャク」
「サツバツ・ナイト・バイ・ナイト」
「ア・ニュー・デイ・ボーン・ウィズ・ゴールデン・デイズ」

書籍限定エピソード【ハウンド・オブ・ニンジャ】:フリー・ジャーナリストのオカド。マルノウチ抗争の真実を追う彼が辿り着いたのは、闇の情報提供者、レッドアイ。ソウカイヤの崩壊を生き延びたニンジャである。オカドはジャーナリスト生命と矜持を賭け、残虐なる赤黒の死神「ニンジャスレイヤー」の伝説に迫ろうとする。

書籍限定エピソード【ホリー・スティック・アンド・サーディンズ・ヘッド】:クリスマス・イブの夜、ニンジャスレイヤーの前に現れるのは過去、現在、未来を象徴するかのような3人の邪悪なニンジャ。あなたは、クリスマスの奇跡を目撃する……! ディケンズの「クリスマス・キャロル」にインスパイアされたハードでビターなクリスマスニンジャ小説。

他者のニューロンをハッキングする女ニンジャ、エーリアス・ディクタス
ニチョーム・ストリートの守り手として成長を遂げるヤモト・コキ
ニチョームを襲撃するアマクダリ・セクトの刺客、ディスエイブラー
サイバネ化手術によって蘇った元ソウカイ・シックスゲイツ、バイセクター



#14 ニンジャスレイヤー 死神の帰還

表紙:ニンジャスレイヤー、ナンシー・リー、ユンコ・スズキ
収録エピソード
「フー・キルド・ニンジャスレイヤー?」
「ナイス・クッキング・アット・ザ・ヤクザ・キッチン」
「ニュー・メッセンジャー・オブ・パスト・アンド・フューチャー」
「レプリカ・ミッシング・リンク」
「アナザー・ユーレイ・バイ・ザ・ウィーピング・ウィロウ」
「アンタッチド・ベイビー・アンド・シーワー・モンスターズ」(書き下ろし/書籍限定)
「ノーホーマー・ノーサヴァイヴ」

書籍限定エピソード【アンタッチド・ベイビー・アンド・シーワー・モンスターズ】:下水道に潜伏するサヴァイヴァー・ドージョーが偶然拾ったのは、ミルクを求め泣く赤子であった。だが脱走バイオニンジャを始末すべく、ヨロシサンの掃除屋ニンジャ、エルトリアトが迫る……!

ニンジャスレイヤーと目される謎のニンジャ
悠久の時を生きるリアルニンジャ、フィルギア
バイオニューロンチップからの蘇生者、サイバーゴスのユンコ
アマクダリ・セクトの総帥、ラオモト・チバ少年




#15 ニンジャスレイヤー キリング・フィールド・サップーケイ

表紙:ニンジャスレイヤー、エーリアス・ディクタス、ブレイズ、デソレイション
収録エピソード
「ミューズ・イン・アウト」
「ワン・ガール、ワン・ボーイ」
「ザ・ブラック・ハイク・マーダー」(書き下ろし/書籍限定)
「キリング・フィールド・サップーケイ」
「ヘイル・トゥ・ザ・シェード・オブ・ブッダスピード」
「トゥー・レイト・フォー・インガオホー」

書籍限定エピソード【ザ・ブラック・ハイク・マーダー】:舞台はキョート共和国、闇深き多層都市アンダーガイオン。最後の私立探偵(ディテクティヴ)タカギ・ガンドーが、助手のシキベ・タカコとともに、恐るべき連続ハイク黒魔術殺人事件に挑む。

サークル・シマナガシの首領、超自然の鉄条網を生成するアナイアレイター
エーリアス・ディクタスに宿ったもう一つの人格、ブレイズ
困窮するフリーランスの傭兵ニンジャ、スカラムーシュ
アマクダリ・セクト最高幹部の一人、不滅なるスターゲイザー



#16 ニンジャスレイヤー ケオスの狂騒曲

表紙:ニンジャスレイヤー、ユカノ、ヤクザ天狗
収録エピソード
「ブラックメイルド・バイ・ニンジャ」
「ギルティ・オブ・ビーイング・ニンジャ」
「イントゥ・ザ・シャッタード・アース」(書き下ろし/書籍限定)
「マグロ・サンダーボルト」
「ザイバツ・ヤング・チーム」
「ミッドナイト・ブルー・オトノサマ」
「ドラゴン・ドージョーにて」

書籍限定エピソード【イントゥ・ザ・シャッタード・アース】:ナンシーとユンコは、違法電子ドラッグ製造工場にとらわれたIRCエンジニアの「ウイチャン」を救出するため、地下構造物エプタ・バロウへと潜入する。おりしもその時、ハイデッカーを率いるヴァニティがこの施設の強制捜査を開始しようとしていた。

アマクダリ・セクト最高幹部十二人の一人、ゼウス・ニンジャの憑依者、アガメムノン
全身を鋼鉄化させて要人を警護するアマクダリのエージェントニンジャ、ブラックメイル
ザイバツの若きニンジャ、ディミヌエンド
アガメムノンの妻コヨイ・シノノメは、隠匿のトバリ・ジツの使い手、ソルスティスである



#17 ニンジャスレイヤー 開戦前夜ネオサイタマ

表紙:ニンジャスレイヤー、ナンシー・リー、デッドムーン、ハーヴェスター
収録エピソード
「レッド・ハッグ・ザ・バッド・ラック」
「ファスト・アズ・ライトニング、コールド・アズ・ウインター」
「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」
「アマング・ザ・エイトミリオン・スターズ」(書き下ろし/書籍限定)
「ステイ・アライヴ・フォー・ユア・カラテ」

書籍限定エピソード【アマング・ザ・エイトミリオン・スターズ】:フジキドには内密で岡山県行きを決意したユカノは、UNIXとIRCコトダマ空間ダイヴの秘技を学ぶため、ナンシーとユンコの電脳アジトで強化合宿を行うこととなる。そこで彼女が幻視した光景とは。

絶対防御「カラダチ」と直線的破壊カラテ「タタミ・ケン」の使い手、インターセプター
湾岸警備隊の特殊部隊ニンジャ、ダイアウルフは、獰猛なる人狼形態へとヘンゲする
情け容赦ないスシ勝負を挑む板前ニンジャ、メイヴェン
アマクダリに従わず市井に生きるタフな賞金稼ぎニンジャ、レッドハッグ



#18 ニンジャスレイヤー リフォージング・ザ・ヘイトレッド

表紙:ニンジャスレイヤー、インターセプター、マスターヴォーパル、フージ・クゥーチ
収録エピソード
「リフォージング・ザ・ヘイトレッド」
「ヒア・カムズ・ザ・サン」
「ウィアード・ワンダラー・アンド・ワイアード・ウィッチ」
「リヴィング・ウェル・イズ・ザ・ベスト・リヴェンジ」
「レガシーズ・オブ・メガトリイ」(書き下ろし/書籍限定)
「レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド (前編)」

書籍限定エピソード【レガシーズ・オブ・メガトリイ】:メガトリイ社の遺産を受け継ぐもの、アガメムノンとアルゴス。彼らは〈再定義〉によって世界の時計の針を巻き戻すべく、秘密裏に大計画を進行させる。一方、ピグマリオン・コシモト兄弟カンパニーのエージェントであるエシオ・カタリもまた、アルゴスの暗躍を察知し、アマクダリ打倒のために動き出す。

電脳ウイルスを生み出せる数少ない〈魔女〉、ホリイ・ムラカミ
DJの父を守る元少年兵ニンジャ、デリヴァラー
アマクダリ幹部十二人の一人、狡猾なるメフィストフェレス
ニーズヘグとバジリスクを鍛えたという老リアルニンジャ、マスター・ヴォーパル




#19 ニンジャスレイヤー ロンゲスト・デイ・オブ・アマクダリ(上)

表紙:ラオモト・チバ、アガメムノン、ハーヴェスター、スパルタカス、キュア、スターゲイザー
収録エピソード
「レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド (後編)」
「フェイト・オブ・ザ・ブラック・ロータス」
「デス・オブ・アキレス」
「メニイ・オア・ワン」
「ショック・トゥ・ザ・システム」
「グラウンド・ゼロ、デス・ヴァレイ・オブ・センジン (前編)」
アマクダリ幹部の一人にしてカリスマ的ファンド経営者、傲慢なるマジェスティ
現職官房長官にしてアマクダリ幹部の一人、厳格なるマスターマインド
治安維持機構ハイデッカーの女長官にしてアマクダリ幹部の一人、冷徹なるジャスティス
カスミガセキ教区を預かるアークボンズにしてアマクダリ幹部の一人、貪欲なるタダオ大僧正



#20 ニンジャスレイヤー ロンゲスト・デイ・オブ・アマクダリ(下)

表紙:ニンジャスレイヤー、ナンシー・リー、ヤモト・コキ、シルバーキー、フォレスト・サワタリ、フィルギア
収録エピソード
「ドラゴン・ドージョーにて」
「グラウンド・ゼロ、デス・ヴァレイ・オブ・センジン (後編)」
「フェアウェル・マイ・シャドウ」
「ニチョーム・ウォー」
「ネオサイタマ・プライド」
「ローマ・ノン・フイト・ウナ・ディエ」
ヨロシサン製薬の役員にしてアマクダリ幹部の一人、妖艶なるキュア
電子戦争の古参にしてアマクダリ幹部の一人、老獪なる戦争狂ハーヴェスター
古代ローマカラテ会の筆頭伝承者にしてアマクダリ幹部の一人、勇猛なるスパルタカス
アマクダリ幹部の一人にして全てが謎に包まれたハッカーニンジャ、アルゴス




#21 ニンジャスレイヤー ネヴァーダイズ

表紙:ニンジャスレイヤー、アガメムノン

定価: 1,320円 (本体1,200円+税) 発売日:2019年04月30日
判型:B6判 商品形態:単行本 ページ数:616 ISBN:9784047352452
収録エピソード
「オハカ・エピタフ」
「アイスエイジ・ステイシス」
「ザ・ファイアスターター」
「ザ・コードブレイカー」
「ダンス・トゥ・ツキ・ヨミ」
「アクセラレイト」
「ポラライズド」
「オヒガン・シナプシス」
「トランスジェネシス」
「ヴィジョンズ・オブ・マッポーカリプス」
ハデス・ニンジャのソウル憑依者として覚醒を果たした、シャドウウィーヴ
ザイバツ・シテンノの師父にしてアマクダリ幹部、トランスペアレントクィリン
ザイバツ・シャドーギルドの新たなる首魁、ダークニンジャ
ネオサイタマ全域を雪に閉ざす冷気の使い手、ホワイトドラゴン



◆スピンオフ小説◆


スズメバチの黄色

著 ブラッドレー・ボンド著 フィリップ・N・モーゼズ著 本兌 有著 杉 ライカ画 ttl

定価: 1,430円 (本体1,300円+税) 発売日:2019年06月28日
判型:B6判 商品形態:単行本 ページ数:308 ISBN:9784047357129

欲しいのは銃か、ウイルスか、クロームメタルの心臓か。
ヤクザ組織にスカウトされて、クローンどもと殺し合うか。
それとも頭に電脳埋め込んで、
暗黒メガコーポに無謀な戦いを挑んでみるか。
生きるか死ぬか。ニューロンを焼き切るか、焼き切られるか。
それともアサシンの放った銃弾が、お前の頭を吹き飛ばすのが早いか。
ここはネオサイタマ。欲望渦巻くケオスの都市だ。

「スズメバチの黄色」は、ニンジャスレイヤー世界を舞台に通常の小説スタイルで書かれたサイバーパンク・ピカレスク・ロマンです。これ一冊で完成しており、既にニンジャスレイヤーを知っている人でも、全く知らない人でも楽しめる、サイバーパンク・エンタテイメントの入門や「とっかかり」に最適な小説作品です。

時系列的にはトリロジー(第1部から第3部)と現行最新のAoM(第4部)の間に存在し、どちらの時系列にも進みやすくなっています。詳細な紹介記事はこちらをどうぞ



◆電子合本版◆


物理書籍三部作(1巻から21巻)をセットにした電子書籍です(スズメバチの黄色は含まれていません)。




◆書籍版オーディオドラマ◆


物理書籍に特装版や特典として付属していたドラマCDが、配信サイトmimicleで購入できるようになりました。



◆TRPG書籍◆


ニンジャスレイヤーTRPG コア・ルールブック

本書「ニンジャスレイヤーTRPG コア・ルールブック」には「ニンジャスレイヤーTRPG」を楽しむために必要な全ての情報が収められています。

著 ブラッドレー・ボンド著 フィリップ・N・モーゼズ著 本兌 有著 杉 ライカ

定価: 3,300円 (本体3,000円+税) 発売日:2023年10月30日
判型:B5判 商品形態:単行本 ページ数:304 ISBN:9784047375192

”お前はニンジャソウル憑依者となった。
お前の牢獄であった灰色のメガロシティは、
いまや、お前のための狩場となったのだ。”

--- 重金属酸性雨降りしきる電脳犯罪都市、ネオサイタマへようこそ。君はある日突然ニンジャソウル憑依者となり、ソウカイ・シンジケートと呼ばれる組織に所属することとなったニンジャだ。君は生き残りをかけて、数々のミッションに挑まねばならない。

原作者自らの手でデザインされた「ニンジャスレイヤーTRPG」は、あなたの想像力とニンジャスレイヤーの世界観を使って遊ぶ、対話型ロールプレイングゲームです。あなたはサイバーパンク都市ネオサイタマに生きるニンジャの一人となり、様々なミッションに挑みます。ニンジャスレイヤーに命を狙われる邪悪なサンシタニンジャも、仲間のために戦う善良なニンジャも作れます。1回のセッションで全滅する無軌道なゲームも、長期にわたる壮大なゲームも……あなたの想像力次第で、どんなゲームも遊べます。




◆未収録エピソードや最新連載情報◆


このページはKADOKAWAから刊行されているニンジャスレイヤー書籍版の情報ページです。書籍版未収録のエピソードや最新のTwitter(X)連載情報などについては、アーカイブページを参照するか、 ニンジャスレイヤー公式アカウント をフォローしてください。またニンジャスレイヤー書籍版や版権情報など、KADOKAWAへのお問合せは以下のページからお願いします。

続きをみるには

残り 0字

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?