見出し画像

書籍版「ニンジャスレイヤーTRPG」公式ページ(2024年2月19日更新)

ニンジャスレイヤーTRPG コア・ルールブック製品情報
発売日:2023年10月30日
判型:B5判/304ページ
定価:3,300円(本体3,000円+税)

“お前はニンジャソウル憑依者となった。
お前の牢獄であった灰色のメガロシティは、
いまや、お前のための狩場となったのだ。”


--- 重金属酸性雨降りしきる電脳犯罪都市、ネオサイタマへようこそ。君はある日突然ニンジャソウル憑依者となり、ソウカイ・シンジケートと呼ばれる組織に所属することとなったニンジャだ。君は生き残りをかけて、数々のミッションに挑まねばならない。


ニンジャとなり、重金属酸性雨降りしきるネオサイタマの夜を駆けろ

著:ブラッドレー・ボンド フィリップ・N・モーゼズ  本兌有 杉ライカ
メインルールデザイナー: フィリップ・N・モーゼズ
カバー&扉絵イラストレーション: 天野英   shaka ぎだ/gida0730 ききん王。 ぱるちば  鰤尾みちる スキゾなマスク

🆕 最新ニュース

・12月までのエラッタを反映した3刷が2024年2月に刷り上がりました
エラッタページが公開されています



ニンジャスレイヤーTRPGとは?

ようこそ! ニンジャスレイヤーTRPGは、あなたの想像力とニンジャスレイヤーの世界観を使って遊ぶ、対話型ロールプレイングゲームです。あなたはサイバーパンク都市ネオサイタマに生きるニンジャの一人となり、様々なミッションに挑みます。

ニンジャスレイヤーに命を狙われる邪悪なサンシタニンジャも、仲間のために戦う善良なニンジャも作れます。1回のセッションで全滅する無軌道なゲームも、長期にわたる壮大なゲームも……あなたの想像力次第で、どんなゲームも遊べます。

なお、このゲームの内容はフィクションであり、あなたはニンジャではありません。ですから公共の場所でヌンチャクやカタナを振り回さないように気をつけてください。




遊び方

本書「ニンジャスレイヤーTRPG コア・ルールブック」には「ニンジャスレイヤーTRPG」を楽しむために必要な全ての情報が収められています。最初からこれを全部覚える必要はありません。そもそも、このシステムはニンジャのように身軽で、自由で、多少のルールの間違いも気にしません。失敗を恐れず、まずは仲間を集めて遊んでみてください。

実際に遊ぶことになったら、サイコロを数個用意して「1:キャラクターメイキング」を開き、キャラを作成します。作成は10分もあれば終わります(巻末収録のプレロールドキャラクターですぐに遊ぶこともできます)。そのまま「コアルール」を読み進めると「スターターシナリオ0」が始まります。この続きもののシナリオ集を遊ぶうちに、自然と、ルールや世界観に慣れ親しめるような作りになっています。

すぐにゲームで使えるプレロールドキャラデータも5人分付属
(収録内容は白黒ページです)  イラスト:天野英

このゲームはオンラインでもオフラインでも遊べます。ソロでもマルチでも遊べます。マルチで遊ぶ場合、1人が進行役のニンジャマスターとなり、プレイグループの全員で楽しいニンジャのひと時を過ごすために協力し合います。もし、全くTRPG経験のないグループで初めてこれをプレイするならば、普通は1ヶ月から数ヶ月の時間をかけて、4本のシナリオをじっくりと楽しむことができます。

原作者フィリップ・N・モーゼズ=サンより
いいか、君はニンジャだ。このゲームで最も重要なのは、ルールやデータそのものではない。このゲームで最も重要なのは、プレイヤーニンジャ1人1人の想像力とアイディア、互いの立場やスタイルの違いを尊重するラブとリスペクトの精神、そして可能な限りプレイグループの全員が楽しめるように協力する姿勢だ。奥ゆかしさ、カラテ、そしてゼン・マインドをいつも忘れずにね。

コア・ルールブック収録内容一覧

項目 | ページ
イントロダクション 3
1:キャラクターメイキング 6
2:コアルール・セクション 17
  スターターシナリオ・セクション 43
  シナリオ0 45
  シナリオ1:ヤクザの事務所 51
  余暇ガイド1 67
  シナリオ2:横浜御縄談合 77
  余暇ガイド2 95
  シナリオ3:ニンジャの自宅 103
  エンディング集 114
  この先を読まなくともスターターシナリオは遊べる
3:能力と装備 122
4:シナリオとキャンペイグン 130
   名声と昇格報酬 134
5:余暇と成長 135
6:コアデータ・セクション 145
 6−1:共通追加ルール 146
 6−2:通常状態と状態異常 152
 6−3:基本行動オプション 154
 6−4:●自動獲得スキル 156
 6−5:◉自由選択スキル 158
  移動系◉スキル 158
  射撃系◉スキル 159
  近接攻撃系◉スキル 160
  特殊系◉スキル 162
  ハッキング系◉スキル 163
  常時強化系◉スキル 164
  回避/カウンター系◉スキル 165
  タツジン系◉スキル 166
  ヒサツ・ワザ系◉スキル 168
  最上位系◉スキル 169
  ソウル種別系◉スキル 170
  闇/忠誠心/憎悪系◉スキル 173
  知識系/交渉系◉スキル 174
 6−6:基礎5系統のジツの拡張 175
  カトン・ジツ 176
  ヘンゲヨーカイ・ジツ 178
  カラテミサイル 180
  ムテキ・アティチュード 182
  カナシバリ・ジツ 185
 6−7:近接武器リスト 188
 6−8:射撃武器リスト 190
 6−9:回復アイテムリスト 195
 6−10:防具リスト 195
 6−11:レリックリスト 196
 6−12:サイバネペナルティ表 197
 6−13:戦闘用サイバネリスト 198
 6−14:戦闘用バイオサイバネリスト 200
7:モブNPCリスト 204
8:ボス級NPCリスト 221
 8−1:ニンジャスレイヤー 222
 8−2:ソウカイ・シンジケート 224
 8−3:ザイバツ・シャドーギルド 231
 8−4:アマクダリ・セクト 237
 8−5:ストリートニンジャ 242
9:マスター・セクション 251
 9−1:交渉、知識、調査 252
 9−2:所属組織とカルマ 256
 9−3:カルマロンダリング表 259
 9−4:ユウジョウシステム 262
付録セクション 269
 付録1:キャラメイクオプション 270
  高ポイントスクラッチ 270
  死亡時のデスハイク 271
  D66生い立ち表 272
  モータルPCの作成方法 276
 付録2:マスターズガイド 279
  マスタリングの手引き 279
  ニンジャスレイヤーの動かし方 284
  ニンジャネームの作り方 286
  ソウカイヤの諸部門 287
  ネオサイタマの情報処理用語 288
 付録3:索引やシート集 289
  プレロールドキャラクター 289
  索引 292
  シナリオ用マップ 296
  キャラクターシート 300
  奥付 304



オリジナル版との違い


ニンジャスレイヤーTRPGは、その正式名称を「ニンジャスレイヤーTRPG エイジ・オブ・ソウカイヤ(AoS)」といいます。これは原作者のフィリップ・N・モーゼズ=サンをメインデザイナーとして、DIEHARD TALES GAMESによって制作され、オンライン上で2018年に産声を上げたばかりの日本語ベースのシステムです(2020年には第2版が誕生しました)。有志の手で他言語にも翻訳され、世界中の熱心なニンジャヘッズに支えられ成長し続けています。

この「オリジナル版」はオンラインの特性を活かし、常に改訂やアップデートが行われ、公式/非公式を問わずにデータが拡張され続けています(あまりにも分量が多く、常に変化し続けているため、完全書籍化は不可能なのです)。本書「ニンジャスレイヤーTRPG コア・ルールブック」は、その第2版ルールセットから、このゲームのプレイに必要な部分すべてを適切にピックアップし、再編集して、手に取りやすいように書籍化したものです。

オリジナル版のデータやプラグイン拡張データなどは日々改訂されたり追加され続けているので、将来的には、本書と最新のオリジナル版との間に、数値の食い違いなどを見つけることがあるかもしれません。時には大きなアップデートが行われ、一部のルールが変わってしまうこともあるでしょう。そこで本書「ニンジャスレイヤー TRPG コア・ルールブック」は、この一冊でも十分にゲームをプレイでき、たとえ数十年後でも独立したボードゲームのように長く楽しめるルールセットとなることを目指しました。

また、同じ2版ルールを使用していますので、オリジナル版で遊んでいるプレイヤーとも一緒に遊ぶことができます。我々の願いは、製品の形式やバージョンを問わず、より多くの人にニンジャスレイヤーの世界観でゲームを楽しんでもらうことにあります。


🔰どれを買えばいいの?

これから始める場合、基本的には「コア・ルールブック」の物理書籍版が一番おすすめですが、迷っている人向けに、「コア・ルールブック物理書籍」「コア・ルールブック電子書籍」「オリジナル版(noteメンバーシップ購読)」の3つについて、それぞれの特徴について簡単に解説しておきます。


コア・ルールブック物理書籍


まずは物理書籍版「コア・ルールブック」です。これは最新の2版コアルールを完全収録しており、noteのオリジナル買切版の95%くらいの内容を収録しています。シナリオも4本収録し、これ1冊で完全に遊べます。「原作にそんなに詳しくない」「TRPGプレイ経験がない」人はとにかく物理版をお勧めです。


コア・ルールブック電子書籍


次に「コア・ルールブック」電子版です。これは実際かなりクセがあり、一部の人にしかお勧めできません。出版社の仕様上、テキストデータではなく画像データだからです。つまりルールの全文検索ができませんし、ルール総索引からのページジャンプもできません。また物理がB5版のため、基本的にはタブレットでないと読むのは難しいでしょう。よってコア・ルールブックの電子書籍版は、「とにかくタブレットでいつでも読みたい! 読み物として欲しい!」という人や「タブレットでプレイするのに慣れているから問題ない!」という人向けに存在しています。


オリジナル版


最後に、ダイハードテイルズのnoteで購読できるオリジナル版です。これには買切版とメンバーシップ版が存在し、メンバーシップ版には毎月のサプリも付属しています。オリジナル版のルールは、物理書籍版の発売とほぼ同時に、同じバージョンへとバージョンアップされますので、KADOKAWA書籍版を買った人とも問題なくマルチプレイできます。note版の特徴を一言で言うと「最も収録ルールが多い(無限に増え続けている)」「ただしKADOKAWA版権ではないので、イラストなどは収録されていない」です。

よってnote版は「ニンジャスレイヤーの原作に詳しい」「イラストなどがなくても世界観を十分に掴める」「TRPGのプレイ経験が豊富で、ブラウザでも難なく読解してプレイできる」ような人にお勧めです。また、書籍版を購入してから「もっとルールを追加したい」「買切版やメンバーシップ版に付属しているDiscordコミュニティ招待状をゲットして、プレイするお友達を見つけたい」人にもお勧めです。

まとめ

「エッ!? 収録データ数が多いならnote版が絶対にコスパが良いのでは!?」と思う人もいるかもしれませんが、一概にそうとも言えません。特に初めてプレイする時は、追加データや上級ルールが多すぎるとわけがわからなくなってしまうかもしれないので、豊富な図版とともに読みやすく1冊にまとめられた「コア・ルールブック」をまずは手に取り、じっくり読んでプレイしてみるのがお勧めです。そうした意味でも、これからニンジャスレイヤーの世界に入門したい人には、まず間違いなく「コア・ルールブック」物理書籍版がお勧めと言えるでしょう


エラッタ&正誤表

現在までのケジメ数は10本で、うち9本は第3刷で既に修正反映されています(素晴らしい!)。




ダウンロード

書籍版『ニンジャスレイヤーTRPG コア・ルールブック』の巻末に収録された
キャラクターシートをダウンロードできます。自由に印刷して使用してください。

1ページ目は主にスターターシナリオで使用するクイックプレイ用の簡易シート4枚と、戦闘シーケンスの行動順管理シートです(切り離して使用してください)。2ページ目は本格的なゲームで使用するフルサイズのシートです。



参考書籍

ニンジャスレイヤー世界をより深く知りたい人のために、小説の物理書籍やオーディオドラマの情報ページはこちらから。



謝辞とガイド

本書は、デジタル版しか存在しなかった初版時代から熱心にプレイして制作を応援してくれている皆さんのおかげで形になりました。NINJA SLAYER PLUSとSOULWIREDの購読者の皆さんにも、深く感謝を申し上げます。もし本書のゲームをプレイして、さらなるシナリオや拡張ルールにアクセスしたいと思った時は、ぜひインターネット空間にケーブル直結接続し、ファンメイド記事を探してみたり、オリジナル版のサブスクリプションに挑戦して、今後の制作と拡張に参加してください。ここには公式コミュニティも存在し、制作チームに質問やフィードバックを送ったり、一緒に楽しむ仲間を探すことができます。

ここからオリジナル版のTRPG購読プランに参加


オリジナル版にアクセスするのが難しい場合などは、本書や原作をもとに友達とハウスルールや設定を作り、自由にネオサイタマを拡張してみてください。ゲームの本質部分が本書には収められていますから、少しの想像力と行動力があれば、難しいことではありません。それに本書1冊だけでも、初版ルールブックを超える情報量と、自作のためのヒントがたくさん用意してあります。ようこそ、混沌の電脳都市、 ネオサイタマへ。





このページは、ゲームシステムや世界観の紹介とサポートを目的として、書籍版「ニンジャスレイヤーTRPG コア・ルールブック」の出版元であるKADOKAWA/エンターブレインとの協力体制のもと、オリジナル版の開発元であるダイハードテイルズが運営しています。書籍版とその電子版に関する製品お問い合わせは、KADOKAWAグループまでお願いします。また、本ページで解説されるダイハードテイルズの公式Discordは、KADOKAWA社ではなくダイハードテイルズが運営するものです。

二次創作活動やファンイベントに関するガイドライン:ニンジャスレイヤーTRPGに関する二次創作活動やプレイレポートの作成などについては、これまで通り変わりありませんので、こちらのページを確認してください。プレイ動画の配信や収益化なども、これまで通り特に問題ありません。ただ、書籍版イラストなどの扱いについては、版権元であるKADOKAWA社のガイドラインに従ってください。


続きをみるには

残り 0字

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?