見出し画像

S3第4話【ヨロシサン・エクスプレス】#6

総合目次 全セクション版
分割版:◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7

5 ←


「アイ……エ……?」車掌と共に食堂車にいた乗務員は、ニンジャの暴威を目の当たりにしたことと、実際に急過ぎる目の前の出来事を認識できず、ぼんやりとなっていた。それが死を招いた。サクリリージは彼の頸部を鷲掴みにし、容易く引きちぎると、背骨を引きずり出した。

 ナムアミダブツ! だがその背骨をいかにするか!? その時だ!「ケキャーッ!」アクセルジャックが高速回転でサクリリージに接近し、ジャックナイフで斬りつけた! サクリリージは背骨をかざし、刃を受け止めた。ナムサン!? 彼が構えた時、背骨は既に呪わしいバスタードソード形状に変形していたのだ。

「イヤーッ!」「グワーッ!」サクリリージは容易くアクセルジャックの斬撃を阻み、一瞬後に彼の腹に前蹴りを叩き込んでいた。「オゴーッ!」吐瀉物を螺旋噴射しながら吹き飛ぶアクセルジャックを、サクリリージは背骨剣で真っ二つに切り裂きにかかった。「グワーッ!」ナムサン! 両断は回避!

 だが! 彼の顔面から鎖骨、胸、腹筋にかけて、凄まじい傷が生じ、血飛沫が噴出!「アバババーッ!」苦悶しながら床を転がるアクセルジャック!「ンンー……」サクリリージは目を細めて背骨剣を撫でた。「出来が悪いな……所詮は非ニンジャのクズの部品か」「イヤーッ!」畳み掛けるのはニンジャスレイヤー!

この続きをみるには

この続き:5,147文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などの読み物やゲームも豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内にある500を超える全ての記事がどれでも読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。またPLUSは、2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります。【TRPGプレイヤーの方へ】PLUSはサプリ&支援雑誌のような位置付けです。記事が一定数たまるとプラグインの買切版が出ます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
22
「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。