見出し画像

【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#5

◇総合目次 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6

4 ←


 インターフォンに応答したのは年端も行かぬ娘の声だった。正しく大人に取り次がれるか、やや不安があった。

「先生……」

 ブルーブラッドはフルフェイスヘルム越しにリー先生を見た。ブルーブラッドはオーストラリアの強烈な日差しを嫌い、革手袋とヘルメットすら用いて、完全な防備を試みているのだ。彼の白衣は血に染まり、皮手袋の指先は破けていた。一方でリー先生は彼とは対照的に、きれいなものだ。彼はリズムを取るように右足をパタパタと動かしていたが、一秒遅れてブルーブラッドの問いかけに気付いた。

「ン? 何かね? トリダ君」

「実際どうお考えですか。先生の仮説が確かめられた場合、それまでの仮説の立て直しが必要となりますね」

「その通り! 針葉樹の一本を発見する事は、その後ろにあるフジサンの巨大樹海の示唆でもある! この目で確かめ、判断する必要があるねェ! それは存外の喜びだよ!」

「お、仰る通りです!」ブルーブラッドは勢い込んだ。「ぼくはあらゆる危険から先生をお守りしますよ! 命を懸けて……!」

 ガゴッ! そのとき彼らの目の前でシャッターめいたドアが開き、闇の中から凶悪なショットガンの銃口が、ぬうと現れた。そしてゴーグル武者兜を被った男が進み出たのだ!

この続きをみるには

この続き:6,029文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などの読み物やゲームも豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内にある500を超える全ての記事がどれでも読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。またPLUSは、2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります。【TRPGプレイヤーの方へ】PLUSはサプリ&支援雑誌のような位置付けです。記事が一定数たまるとプラグインの買切版が出ます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
99

ダイハードテイルズ

「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。

ニンジャスレイヤープラス

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。