見出し画像

【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#1

◇総合目次 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5


 この地において世界は青と黄の二色だ。上半分が青で、下半分が黄。雲のない空と乾ききった大地が、地平線によって真横に分断される。

 Y2Kの悲劇、電子戦争以来、世界を様々な試練が襲った。しかしオーストラリア大陸の内陸部の光景は今も昔もさほど変わりはしない。地平線を遮るオブジェクトの殆ど存在しない、どこまでも続く荒野。荒野を闊歩するカンガルー。そういうものは。

 とはいえカンガルーはもはや只のカンガルーではない。バイオカンガルーなのだ。強大な外来種が従来種を駆逐するようにして、恐らくは十年程度の短期間のうちに、通常カンガルーはバイオに置き換わった。疫病に強く、ケミカル耐性を持ち、通常カンガルーとの交雑も可能なバイオカンガルーは、あっという間に生態系を書き換えてしまった。

「……」「……」

 彼ら、大陸の支配種族……人間よりも数が多い……は、黒目がちな無表情の目で、南北に真っすぐ伸びる巨大な文明痕跡に注目する。スチュアート・ハイウェイ。破壊と劣化を経ながら、暗黒メガコーポによって大切に維持され続ける輸送の要。広大なオーストラリア大陸を南北に貫く道路である。

 彼らが目で追うのは、陽炎の中、徐々に近づいてくる滲んだ影……オムラ・エンパイアのカンオケ・トレーラーだった。まるでクロガネの鎧武者じみた装甲で覆われた巨大なトレーラーは、貴重な積荷を満載し、それらを複数の砲撃ユニットで護らせている。

 ハイウェイ沿いの岩場に身を潜めていたバイオカンガルーの群れの何匹かが、地面の震動につられるようにして、ハイウェイに向かって跳ねはじめた。震動は徐々に大きくなり、黒い影が接近してくる。カンオケ・トレーラーが突き進む。

「……」

 無言無表情のバイオカンガルーはトレーラーの前に跳び出した。トレーラーは少しのブレーキも踏まず、バイオカンガルーを撥ねた。

「また轢いてしまいました」「そうですね」

 トレーラー運転席にはパワード武者鎧姿のオムラ社員が二人。ドライバーがぼやくと、オペレータはエッチ・ピンナップのページをめくって、食べ終えたタンドリー・チキンを窓の外に捨てた。僻地勤務の彼らは愛社精神が徹底しておらず、兜のガスマスク装着の励行もおざなりなものである。

「奴ら、用もないのに行く手に飛び出してきやがりますね。アホなんでしょうか?」「アホなんでしょうね。まったくクソですね」

 道を遮るものがバイオカンガルーではなく人間であったとしても、特に問題なく彼らは轢殺するだろう。速度と耐久性を両立させたカンオケ・トレーラーはすさまじい質量であり、このハイウェイを遮るものをその都度ハンドル操作で避けていては、逆に転覆からのエメツ反転炉爆発などの大惨事を招く。百倍の生物が死ぬ。カイシャにも大損害を与える。それゆえ、ハイウェイにおいては人間よりもクルマ優位は当然の事とされる。

「人間、轢いてみたいです」

 ドライバーが呟いた。オペレータはエッチ・ピンナップを足元に投げ、UNIXモニタで衛星地図を確認していた。

「人間? 貴方、こっちに配属されてどれくらいですか?」「まだ半月です」「そのうち轢けますよ。このハイウェイには色々やって来ますから」

「ハァ……はやく轢きたいですよ」「人間を轢くばかりでなく、機銃で撃つチャンスもありますよ。スリリングな体験ができます」

「モーターサイクル馬賊、ですね?」「その通り。しっかりと研修を受けているようですね」「勿論です」

 会話しながら、またバイオカンガルーを轢いた。カンオケ・トレーラーのフロントパネルがウォッシャーを展開し、前面を洗浄する。

 フロントガラスには様々なガイドが投射されている。カンオケ・トレーラーの旅はハード・スケジュールだ。オムラ・エンパイアが管理する補給施設を使いながら、南のアデレードから北のダーウィンまで、一気に縦断するというわけだ。

 彼らのパワード武者鎧はトレーラーのUNIXとLAN直結され、クローズド・ネットワークを形成、そのバイタル情報がモニタリングされている。自己責任で精神状態の安定化が義務付けられおり、必要に応じて、兜のガスマスク部分のチューブからZBRやタノシイの気体の吸入を行う。

「バイオカンガルー、食べたら美味ですか?」「食べられますけど、私は食べませんね。ジャーキーや睾丸は売っていますが、ゲテモノ扱いですよ」「ハァ」

 ドライバーとオペレーターの胸には年収オムロの数字が液晶パネル表示されている。オムロとはオムラ経済圏で使用されるディジタル通貨の単位だ。奇遇な事に、ドライバーとオペレーターの年収は同額であった。それゆえ気の置けない会話が可能であった。

「今日の補給ステーションでは分厚いステーキを食べたいものです」

「ステーキですか。いいですね。私はミソ・スープが飲みたいです」

「ミソ・スープですか」「生まれはネオサイタマでね」「それはそれは」

 KABOOOOOOM! 彼らの身体が浮き上がり、天井にパワード兜を衝突させた。「「グワーッ!?」」

 KRAAAAAAAAASH! それだけではない! 重力が移動し、彼らは数秒間気絶! 覚醒すると、妙である。大地の黄が右に、空の青が左にあるのだ。真横になっている! 転覆である!

『アラート。車体が転覆しています。ジェネレータ損傷はありません。ただちに然るべき緊急対処を行い、愛社精神を高めてください。オムラ、ダカラ! オムラ、イチバン!』

「ア、アイエエエ……!」「オ……オムラ! ダカラ! オムラ!」

 ドライバーは呻き声をあげ、オペレーターはガスマスクを手探りで装着、愛社シャウトして気持ちを切り替えた。

「と、とにかく、まずは車外へ」

「待ってください、転覆の原因を確認しないといけません。危険ですよ……!」

 オペレーターは焦りながらUNIXを操作し、電磁エコーレーダーを働かせる。

「まずい……やはり……!」

 彼はガスマスクの下で蒼ざめた。光点が点滅しながら接近してくる。金属反応だ。動きに法則性がある。即ち、バイオカンガルーではなく、これは……!

「モ……モーターサイクル馬賊です!」「なんですって!?」

 ナムサン! モーターサイクル馬賊! ハイウェイや周辺オフロードを行き交う輸送車輛を攻撃し、積荷物資を収奪するならず者たちだ!

この続きをみるには

この続き:6,629文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などの読み物やゲームも豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内にある500を超える全ての記事がどれでも読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。またPLUSは、2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります。【TRPGプレイヤーの方へ】PLUSはサプリ&支援雑誌のような位置付けです。記事が一定数たまるとプラグインの買切版が出ます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
148

ダイハードテイルズ

「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。

ニンジャスレイヤープラス

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。