見出し画像

S3第2話【エッジ・オブ・ネザーキョウ】#7

総合目次 全セクション版
分割版:◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8

6 ←


「タノモ!」逆光を背負い、威勢よくタマカのガレージに現れたのは、コトブキである。「シグルーンを預かっていただき、ありがとうございます! 万事解決です!」「何!?」タマカは仰天した。「どういう事だね?」「最新のドライバをここに入れてあります」コトブキは得意げにこめかみを指差した。

「エッ、嬢ちゃん、それは」「こういう事です」コトブキはガレージの隅に置かれたシグルーンまで歩き、LAN直結した。UNIXライトが明滅し、電子マイコ音声が告げる。『再起動重点。オヤスミナサイ』「あとは3分間待つのですよ……」「どこでドライバーを?」「闇のビジネスですよ。知りたいですか?」

「闇……まさか」タマカは察した。コトブキは微笑んだ。「しかもわたし、取引に用いたメガデモが高価だったので、追加サービスで……」「それぐらいにしておけ」マスラダが入ってきたので、コトブキは口をつぐみ、プロキシの内部回路の一部を体内に移植した事を秘密にした。DIYが得意なのだ。 

『オハヨ。理解を完了しました』そうこうするうちにシグルーンは再起動プロセスを完了した。「元気ですか」コトブキが尋ねると、『内部の混乱は0%です』という答えが返った。「地図データを呼び出せますか」『ネザーキョウ。前線都市ヤマザキ。UCA名、プリンスジョージです』「やりました!」

「た、大したもんだぜ」タマカが驚嘆した。マスラダはシグルーンにまたがり、エンジンに火を入れた。タマカはタオルで汗を拭った。「駆動のリズムも心なしかタイトになってやがる。そういうものか」「ブッダ像を彫り、魂をこめないのはダメ……。そういうコトワザがあります」コトブキが言った。

「含蓄がある」タマカは感心した。「それでアンタ達、この大層なバイクで、どこまで行くんだね」「トップシークレットです」コトブキは答えた。マスラダを一瞥し、「強いて言うならばネザーキョウをこのまま東へ……」「なんと! それじゃホンノウジに行くのか!? まさかゲニン志望か」

「いいえ」コトブキは首を振った。「わたし達は友達のツテを……」「それぐらいにしておけ」マスラダが遮った。コトブキは頷き、キンチャク袋からアケチ銭の素子を掴んで出した。「修理代はこれで大丈夫でしょうか」「お、おう、問題ないぜ」タマカは笑顔になった。「アンタら戻ってくるか心配だったがな……」

この続きをみるには

この続き:4,800文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などの読み物やゲームも豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内にある500を超える全ての記事がどれでも読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。またPLUSは、2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります。【TRPGプレイヤーの方へ】PLUSはサプリ&支援雑誌のような位置付けです。記事が一定数たまるとプラグインの買切版が出ます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
22

ダイハードテイルズ

「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。

ニンジャスレイヤープラス

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。