ニンジャスレイヤープラス

【ザ・ドランクン・アンド・ストレイド】

【ザ・ドランクン・アンド・ストレイド】

◇総合目次 ◇エピソード一覧 この小説はTwitter連載時の内容に加筆修正が為されたバージョンです。このエピソードは物理書籍化されていない第3部エピソードのひとつであり、スピンオフ系エピソード集「ネオサイタマ・アウトロウズ」の1エピソードに分類されます。第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。   1  ネオカブキチョの一角、粋な「雨まい」の漢字平仮名ネオン看板を掲げるバー、レイン・ジルバ、店構えは狭苦しく思えるが、地下に降りれば快適で、

スキ
251
【ニンジャズ・デン】

【ニンジャズ・デン】

◇総合目次 ◇エピソード一覧 この小説はTwitter連載時のログに大幅な加筆修正をほどこしたものです。このエピソードは物理書籍未収録作品です。第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。 【ニンジャズ・デン】  ガミオダ駅の駅前は、華やかなネオン輝くネオサイタマ中心部の装いとは大きく異なる。ロータリーを囲む飲食店群の明かりの奥に広がる闇はどんよりと底無しで、薄ら寒い。ピカピカ光る青い蛍光色「ぎょうざ」看板の店。そこに列を為す、汚れたブルゾンの人

スキ
104
過去に発表されたニンジャスレイヤーの有名なスピンオフシリーズ

過去に発表されたニンジャスレイヤーの有名なスピンオフシリーズ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
77
ウォーカラウンド・ネオサイタマ・ソウルフウード(1):ドンブリ・ポン

ウォーカラウンド・ネオサイタマ・ソウルフウード(1):ドンブリ・ポン

<<<総合目次へ  ズゴゴゴゴゴ! ドゴゴゴゴゴゴ! カンカンカンカンカンカン! 扉を開けた俺の耳に飛び込んできたのは、パチンコ店もかくやというラウドなファストチューンだった。 「うわッ!」  俺は思わず耳を塞いだ。そのしぐさを、早速他の客から白い目で見られた。そりゃそうだ。俺だって、飯を食っている最中にそんな奴が現れたらちょっと頭にくる。早速やらかしたか。俺は弱々しい愛想笑いを浮かべて会釈した。アッパー・ガイオンにはこんな騒々しい飯屋なんて無かったんだ。 「「「ハイ

スキ
150
NINJA SLAYER PLUS 読者アンケート第1回(回答期間:2016年11月22日〜30日)

NINJA SLAYER PLUS 読者アンケート第1回(回答期間:2016年11月22日〜30日)

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
8
【ニード・フォー・アナザー・クルセイド】

【ニード・フォー・アナザー・クルセイド】

「知らん顔だな。中身はただのヤクザか、つまらん……」  ニンジャは血を吐き捨ててから、心底残念そうに舌打ちすると、血と汚物まみれのテング・オメーンを男の顔に戻した。そして右腕を振り上げ、オメーンの長い鼻を、情け容赦ないカラテ・チョップの一撃で切断した。カラン、カランと空虚な音を立て、切断された鼻が足元に転がる。既に死んだのか、男は項垂れたまま動かない。  それでもまだこのニンジャ、ディサイプルの怒りは収まらなかった。むしろ、この男がただのヤクザであったという事実により、堪

スキ
155
ピルグリム・ダークウォーター:リンボの章

ピルグリム・ダークウォーター:リンボの章

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
101
フックロープ初期スケッチ

フックロープ初期スケッチ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
31
シャード・オブ・マッポーカリプス(5):ウキヨ、コトブキ

シャード・オブ・マッポーカリプス(5):ウキヨ、コトブキ

 「ハイ、イラッシャイ」タキは寝ぼけ眼で入店者を見た。気弱そうな男だった。近所の人間じゃないな。真昼間、危険地域を観光にでも来たか? タキは見当をつけた。「あの、ここ……ピザ屋ですよね」男は尋ねた。タキは新聞を見ながら答えた。  「見りゃわかるでしょ」「いやあ……」 男はあいまいに笑ってカウンターに近づいた。「ご注文は」「どんなピザありますかね……えっと、そうだなあ、僕ポルチーニが好きで……」「ポルチーニ?」タキは顔をしかめた。男は慌てて首を振った。「あ……ゴメンナサイ! 

スキ
177
シャード・オブ・マッポーカリプス(4):ブル・ヘイケとベンケ・ニンジャ

シャード・オブ・マッポーカリプス(4):ブル・ヘイケとベンケ・ニンジャ

 ブル・ヘイケは平安時代の中期に栄えたヘイケ・サムライクランの出身であり、クランの長であるグンペイ・ヘイケの実弟とされています。平安時代はニンジャ支配の時代です。ゆえに、この二人も実際ニンジャでした。  ブルは生まれながらにして聡明かつ勇猛であり、礼儀作法をわきまえ、常に兄のグンペイを立てる奥ゆかしさを持ち合わせていました。しかし、その非の打ちどころのなさが、逆にグンペイの警戒心を呼んでしまったのです。グンペイはブルを常にイクサの最前線へ送り込み続け、そしてブルはその命令に

スキ
117